1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. バスト・豊胸
  4. 施術全般についてのご質問

よくあるご質問

施術全般についてのご質問

施術全般胸を大きくしたいのですが、どのような手術がありますか。

お胸を大きくする豊胸術には、大まかに分けて3種類の方法がございます。どのご手術にもメリットデメリットがございますので、しっかりと理解されたうえで、患者様に合った方法を選択されてください。
1つ目はシリコンバックで大きくする方法です。シリコンバックでの豊胸術のメリットは何と言っても大きさと持続期間です。患者様の体型にもよりますが、2カップから3カップ程度であれば問題なく自然に大きく出来ます。自然さを犠牲にした場合は片胸500ccのシリコンバックを挿入する事で、ハリウッド女優のような大きな胸にすることもできます。持続期間も10年~半永久的ですので、費用対効果でいうと一番リーズナブルな手術となります。もっと手軽にお胸を大きくしたい場合はヒアルロン酸を注入してお胸を大きくする方法があります。この施術は手軽さが最大のメリットです。20分程度で手術は終わりますし、眠った状態で行うので手術中の痛みも全くありません。術後も数日間多少ズキズキする程度で、術後すぐ日常生活に戻って頂いても、何ら問題ありません。
最後に、気になる部分の脂肪をお胸に入れる脂肪注入です。脂肪注入は定着した脂肪が一生涯自分のお胸として残ることがメリットです。

施術全般胸を小さくしたいのですがどのような手術がありますか

お胸を小さくする方法は大きく分けて二つあります。
1つ目は脂肪吸引です。お胸の脂肪を吸引することで小さくすることができます。しかし、乳腺は小さくできないこととボリュームだけ減らすとタルミが出る事が注意点です。その2点を解消できるのが、乳房縮小術です。この手術は、お胸を小さくすると同時に、授乳等で下垂した(タルミがある)お胸を、吊り上げることもできます。

施術全般しぼんだ胸、たるんだ胸を張りのある状態にしたいのですが、どのような方法がありますか

授乳等で下垂したお胸を、張りのある状態にする方法は大きく分けて二つあります。患者様のご希望やお胸の状態によってどちらの手術が良いのかは変わってきます。一つはシリコンバックでお胸を大きくする方法です。お胸にボリュームを出すことで、下垂したお胸を、張りのある状態にする事が出来ます。しかし、お胸を大きくせずに張りのあるバストをご希望の患者様、下垂の程度が強度の患者様ではシリコンバックの豊胸では対応ができません。そのような患者様は、乳房つり上げ術を行う事で、お胸は大きくせずに下垂したバストを吊り上げる事が出来ます。