まぶたと視界が一気に開く

眼瞼下垂手術

こんな方におすすめ

  • 目の開きが悪い・目を開けにくい

  • 目力をアップさせたい

  • 二重幅を広げたい

  • 加齢による目のくぼみを改善したい

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、目を開ける機能に障害を生じて上まぶたが下がってしまい目の開きが悪くなったり、瞳が見えにくくなってしまう症状です。

眼瞼下垂手術では、目を開ける筋肉を縫い縮めて目の開きを正常にし、黒目は見える範囲を大きくします

眼瞼下垂手術の症例写真

眼瞼下垂の症例写真

新宿院

鈴木 凛

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様は、術前は上まぶたが瞳を隠すように目の開きが悪い状態でしたが、術後は目の開きが改善され黒目がしっかり見えるようになり、二重ラインも綺麗に整いました。

眼瞼下垂手術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥427,900(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月

RESERVE無料カウンセリング・来院予約

当院ではカウンセリングは医師が行います。
初診料・診察料などは一切不要ですので、お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂の影響で起こる症状

眼瞼下垂により目の開きが悪くなると、眉毛ごと目を開けようとする傾向が強くなります。
そのような開け方を繰り返すと、額(おでこ)にシワができたり、よりシワが深く刻まれるリスクがあります。
この他にも、眼瞼下垂によるさまざまな影響が目もと・お顔に生じてしまいます。

眼瞼下垂の影響で起こる症状

眼瞼下垂による主な症状

この他にも、眼瞼下垂によるさまざまな影響が目もと・お顔に生じてしまいます。
主な症状には以下のようなものが挙げられます。

主な症状
目を開ける際、おでこに力を入れる(シワができる)まぶたのくぼみが目立ってきた普通にしていても眠そうに見られる二重幅が徐々に広くなってきた

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂には、生まれつき目の開きが悪い先天性眼瞼下垂と加齢などによって生じる後天性眼瞼下の大きく2つのパターンに分かれます。

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、文字通り生まれつき目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱く、目の開きが悪い状態です。
片方の目だけ眼瞼下垂であれば、左右差などで分かることがありますが、生まれつき両目とも眼瞼下垂ですと、症状の度合いによっては発見が遅れてしまう場合があります。

先天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂

2つ目は後天性の眼瞼下垂です。
後天性の眼瞼下垂は加齢・コンタクトの使用・妊娠などの生活習慣などによる原因が挙げられます。
日々の生活により目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板が繋がっている部分が弱まってしまい、その結果目が開けづらい状態になってしまいます。

後天性眼瞼下垂

眼瞼下垂手術について

眼瞼下垂の手術は、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮めてることで、正常な目の開き(目が開く仕組み)に治すとともに、黒目も大きく見せることができます。

眼瞼下垂手術の仕組み

眼瞼下垂手術の仕組み

正常な目元であればAの部分がBの位置まで持ち上がることによって、黒目がしっかり見えます。
この状態に近づけるために、眼瞼下垂の手術では目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を*縫い縮めることで、図のA・B・Cの差分で黒目が大きく見えるようになります。
*正確には眼瞼挙筋の一部である、眼瞼挙筋膜を縫い縮めます。

眼瞼下垂手術の流れ

01

シミュレーション・麻酔

点眼麻酔・最終シミュレーションを行い、
マーキングと局所麻酔をします。

02

皮膚を切開

二重のラインに沿って皮膚と眼輪筋を切開
し、挙筋腱膜と瞼板を切り離す。

03

挙筋腱膜を縫い縮める

瞼板を前転し、挙筋腱膜を縫い縮めます。

04

眼輪筋と挙筋腱膜を縫合

眼輪筋と挙筋腱膜をしっかり縫合します。

05

皮膚を縫合

最後に、切開を行った部分の皮膚を縫合します。

06

完成

仕上がりを確認して完成です。
術後1~2週間ほどで内出血・腫れが落ち着き、1ヶ月でほぼ目立たなくなり、3ヶ月でほぼ完成となります。

眼瞼下垂手術の効果

眼瞼下垂手術による効果について、実際の症例写真と合わせご紹介します。

目力アップ(黒目を大きく見せる)

一般的に、目力をアップさせる方法として、二重整形で目を縦方向に大きく見せるケースが多いかと思います。
患者様の目元の状態や黒目の見え具合、元々の二重かどうかや二重幅の状態によって眼瞼下垂の施術を応用して目の開きを改善、目力アップに繋げます。

目力アップした症例写真

眼瞼下垂手術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥427,900(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月

二重幅を広く見せる

幅の広い二重も、眼瞼下垂の施術で対応できる場合があります。前提として、二重の幅をどこまで広く作れるかは、骨格や目の開く力によって、1人ひとり変わってきます。
骨格に無理がある場合は対応が難しいですが、目の開きが弱くて広い幅の二重が難しい方は眼瞼下垂の施術を行うことで広い幅での二重が可能となります。

二重幅の種類

例えば二重整形をする際、先ほどの図の①の幅では幅が広すぎて眠たそうな目に見えてしまう場合でも、眼瞼下垂の施術であれば①の幅で二重を作れることがあります。
反対に、二重幅を狭くすることはおすすめしていません。
眼瞼下垂の施術では、二重幅を広く作ることはできますが、狭くすることはあまりおすすめできません。1度二重幅を狭くしてしまうと、元に戻したいとなった時に綺麗に修正することが困難なケースが多いからです。

二重幅が広くなった症例写真

眼瞼下垂手術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥427,900(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月

加齢による目のくぼみを修正

加齢によって生じる目の上のくぼみも、眼瞼下垂の施術で対応することができます。
下の図をもとにご説明いたします。

加齢による目のくぼみとその影響

通常二重の仕組みは、図のAの位置が引き込まれることによって食い込みが深くくっきりとした二重になります。
しかし、加齢による目の上のくぼみの影響でくぼみの方に皮膚が引っ張られてしまい、二重の食い込みも浅く、黒目の見えにくい眠そうな目になってしまいます。

目のくぼみが改善された症例写真

そこで、眼瞼下垂の施術によって、目を開く筋肉(眼瞼挙筋)を縫い縮めることができ、二重ラインの食い込みを深くしつつくぼみを下から押し上げる効果が期待できます。

眼瞼下垂手術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥427,900(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月

保険診療と自由診療に
ついて

眼瞼下垂は、保険適用と自由診療と2つの施術の選択肢があります。
それぞれが対応する症状や目元の状態、患者様のご希望によってどちらを選択するかが変わってきますので、事前に確認することをおすすめします。

保健適用の眼瞼下垂手術

保険適用施術は、視野障害・機能障害の回復が目的です。
瞼が下がり黒目を覆って視野障害を起こしたり、機能障害を伴う眼瞼下垂は保険適用施術の対応範囲になります。
先天性眼瞼下垂の方は、保険適用の手術を受ける方が比較的多い印象です。

自由診療の眼瞼下垂手術

綺麗な仕上がり・デザイン性をより求める場合には、自由診療(保険適用外)の対象になります。
目の開きの改善、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の処置に加えて、「目力をアップさせたい」・「黒目をより大きく見せたいといった、審美性を求める場合には自由診療の対象に含まれてきます。
例え、施術方法が保険適用と違いが無くても「綺麗に」という点で違いが出てきます。

最終的には医師の技術に左右される

眼瞼下垂手術は、保険適用と自由診療が選べますがどちらが良いとは明確に言い切れず、最終的には手術を行う医師の技術に左右されます。
保険適用の場合、「目の開きを良くする」機能改善は主な目的のため、見た目の綺麗さが担保されていなくても目の開きの機能が改善されていれば問題ありません。
一方で、自由診療の美容クリニックの場合、機能改善に加えてデザイン性や綺麗な仕上がりも考慮して行うことができますが、技術不足の医師が行えば仕上がりは良くないでしょう。
保険適用も自由診療も、確かな技術と知識を持った医師に行ってもらえるかが重要になります。

眼瞼下垂手術の症例写真

眼瞼下垂の症例写真①

総院長

竹江 渉

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様は、術前では瞼の線がいくつも重なっている状態で目の開きは半分ほどでしたが、術後は格段に改善しています。

眼瞼下垂の症例写真②

新宿院

鈴木 凛

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様は、術前は上まぶたが瞳を覆い隠してしまい目の開きも悪い印象でしたが、術後は改善され二重ラインも綺麗に出ています。

眼瞼下垂の症例写真③

新宿院

鈴木 凛

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様も術前はかなり目の開きが悪い状態でしたが、術後は綺麗な二重ラインと共に改善しています。

眼瞼下垂の症例写真④

大阪院

里 輝幸

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様は、目の開きの悪さに加えて上まぶたの腫れぼったさや眠そうな印象がありましたが、術後は目の開きもすっきり改善され、綺麗な二重ラインもできています。

眼瞼下垂手術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥427,900(税込)
リスク・副作用
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月

たれ目形成との組み合わせ施術

目もとの状態によっては、他施術との組み合わせ治療も可能です。
たれ目形成(グラマラスライン)と組み合わせることで、目もと全体をより大きく優しい印象へと近づけることができ、同時につり目の改善も期待できます。

たれ目形成と眼瞼下垂手術の症例写真

名古屋院

西川 陽平

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の開きの悪さに加えて、つり目で少しきつい印象の目もとでしたが目を縦方向に大きくみせることができ、目もと全体も優しい印象に改善されています。

眼瞼下垂+たれ目形成施術の料金・リスク・副作用

施術費用(合計金額)
¥789,800
リスク・副作用
(眼瞼下垂)
【痛み・熱感】1週間程度
【腫れ・内出血】ピークは1週間程度
【傷口の赤味】3か月
リスク・副作用
(たれ目形成)
【内出血・痛み・熱感】2間程度
【傷口の赤味】3か月

RESERVEこの症例を担当した医師に無料で相談ができます!

・当院ではカウンセリングは医師が行います。
・営業行為は一切行いませんのでご安心ください

眼瞼下垂手術で注意すべきこと

01目の開きが悪い=眼瞼下垂とは限らない

当院で二重整形の適用をお出しした患者様が、「他院では眼瞼下垂と診断された」と仰るケースが度々あります。
知識が乏しかったり、カウンセリングが不十分な医師は、目の開きが悪い状態を見て眼瞼下垂と診断するケースが多くあります。
目の開きが悪くても、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の機能に支障がない場合には、二重整形で十分に改善ができます。もしくは、元々の二重施術で作った二重幅が広すぎるのが原因である場合もあります。
利益重視のクリニックでは、価格の高い眼瞼下垂の誘導するように診断を行っているケースもあるため、複数のクリニックでカウンセリングを受けることが大切です。
一見、どちらも眼瞼下垂に見えてしまいますが、丁寧に目を開ける機能の部分まで確認し、最適な施術を選択する必要があります。

二重整形と眼瞼下垂手術の症例①

二重整形と眼瞼下垂手術の症例②

02「二重幅を広げる」と「黒目を大きく見せる」は相反する

眼瞼下垂手術や二重整形にも通ずることとして、「二重幅を広げること」と「黒目を大きく見せること」は相反することを整理してご理解ください。下の画像のように、二重幅が狭いほど黒目の見える範囲は大きく、二重幅が広いと黒目は小さくなります。

二重幅の広さによる黒目の見え方

眼瞼下垂手術を行うと目の開きは良くなりますが二重幅が狭くなるため、ある程度二重幅を保ちたい方は、必要以上の施術は控えたり、事前のシミュレーションで理想の二重幅を十分に確認することが大切です。

カウンセリング・
施術の流れ

ご予約・カウンセリング

01

ご予約

当院の無料カウンセリングは完全予約制です。ご希望のお日にちにて、メール・お電話からご予約ください。

ご予約

02

医師との無料カウンセリング

医師との無料カウンセリング

03

カウンセラーによるお手続き

医師とのカウンセリング後、聞きそびれたことやご不明な点をカウンセラーがお伺いします。施術をご希望の場合は、そのままお手続きを行います。
ご料金のお支払いは、ご施術日の8日前までとなりますため、8日以上先のご施術をご希望の場合は、即日のお支払いは不要です。
(※GW・年末・お盆期間等の繁忙期は、15日前までの入金となります)
一度ご施術をご検討されます場合は、お見積書をお渡しいたしますので、ごゆっくりとお考えください。

カウンセラーによるお手続き

施術当日

04

洗顔

まずは洗顔にご案内いたします。
メイクをされている場合は、こちらでメイクオフしていただきます。
また、コンタクトレンズとアクセサリーも全てお外しください。
(やむを得ない理由で外せない場合はご相談ください)

洗顔

05

施術

事前に行なったカウンセリングの内容を元に施術を行います。
局所麻酔を使用しますが、注射の痛みに弱い方はオプションとして笑気麻酔をおつけいただけます。
高い技術を持つ医師のみが施術を担当しますのでご安心ください。施術にかかる時間は約90分程度です。

施術

06

終了・ご帰宅

術後、パウダールームへご案内しますので、準備ができましたらご帰宅いただきます。
瞼の切開部分に黒い糸が付き、赤みや腫れがあるため、サングラスや深めの帽子のご持参をおすすめします。

終了・ご帰宅

ダウンタイム・
アフターケアについて

眼瞼下垂 施術後の経過

眼瞼下垂の施術後は、腫れや内出血が1~2週間ほど出ますが徐々に落ち着いていきます。また、痛みも数日で無くなっていきます。

赤みは、3ヶ月ほど残る場合もありますが、アイメイクなどでカバーできる程度で時間の経過と共に目立たなくなります。

施術当日<ご来院>

患部の状態
症状
瞼の上に黒色の糸がつきます。
※オプションで透明の糸に変更することも可能です。
処方箋 抗生剤・痛み止め・点眼薬(炎症止め)・軟膏
清潔 アイメイク以外は当日から可能です。
(拭き取りメイク落としをご使用ください)
日常生活 シャワー浴が可能です。
入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
痛みは、痛み止めでコントールしましょう。
注意点 痛みや熱感が強い場合には、まぶたを濡らさないようにして冷やしてください。
飲酒は1週間は控えめにしましょう。

術後1日目

清潔 水洗いの洗顔は可能です。
注意点 術後腫れのピークは1 週間程度となり、徐々に引いていきます。
目の上に糸がついているのでこすったりしないように気をつけてください。

術後5日目(ご来院・抜糸)

患部の状態
症状
傷の状態も落ち着いてきます。
日常生活 運動は可能ですが徐々に行うようにしてください。
清潔 抜糸後翌日から石鹸を用いた洗顔、コンタクトの装着、浴槽入浴が可能となります。
抜糸後翌々日からアイメイクも可能です。

術後1ヶ月(ご来院・検診)

患部の状態
症状
より自然な感じになります。
傷口の赤味も時間の経過と共に目立たなくなり、3ヶ月でほぼ落ち着きます。

術後3ヶ月(ご来院・検診)

患部の状態
症状
ほぼ完成となります。

REASON

当院が選ばれる理由

その1

自然な仕上がりと確かな変化を両立

「目力をアップさせたい」「二重の幅を広くしたい」など、患者様のご要望にお応するため、細かくシュミレーションを行います。
1人ひとりの骨格や皮膚の状態などを確認しつつ、二重幅を細かく調整ができ、確かな技術を持った医師が理想の仕上がりに近づけていきます。

自然な仕上がりと確かな変化を両立

その2

確かな知識と技術・経験を持った医師が対応

当院では、解剖学を熟知した医師がしっかり施術時間を確保し、丁寧に内部処理まで行いますのでご安心ください。
患者様の理想の仕上がりを実現し、ダウンタイムをなるべく最小限に抑えるためカウンセリングとシュミレーションに忠実で、確実な施術を進めて行きます。

確かな知識と技術・経験を持った医師が対応

その3

ダウンタイムを短く、
職場復帰を早める工夫

・腫れを抑え回復を早める、麻酔と止血
切開し内部処理までしっかり行うと、どうしても腫れや赤みは生じます。
そこで、当院では痛みを抑えながら麻酔量を最小限に抑えることで、術後の腫れを抑える工夫をしております。

・術後の検診は何度でも無料
当院では、術後3ヵ月目の完成までしっかりアフターフォローを行います。
術後1か月検診・3か月検診に加えて、ダウンタイム中のご不安なこと、ご心配なことなどがあれば無料で何度でも検診を受けることができます。
お気軽にご相談下さい。

ダウンタイムを短く、職場復帰を早める工夫

料金

施術内容 料金(税込)
眼瞼下垂 ¥427,900

オプション料金

オプション内容 料金(税込)
笑気麻酔
痛みにご不安のある方
¥8,250

DOCTOR

眼瞼下垂の
おすすめドクター

【コラム】眼瞼下垂で失敗しないための秘訣

眼瞼下垂手術の
よくある質問

監修医情報

医師

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

経歴

平成10年 東京医科大学医学部卒業

平成18年2月 水の森美容クリニック開院

所属学会

日本美容外科学会 正会員

日本美容外科医師会 正会員

麻酔科標榜医

BOTOX VISTA®認定医

ジュビダームビスタ®認定医

ドクターコメント

元来、眼瞼下垂の治療とは保険診療の領域で、目の開きが弱い患者様に対して行なわれている治療です。水の森美容クリニックでは、見た目も非常に大事と考えております。
機能的な改善に加えて、美容的なデザインを取り入れることで、機能、美容の両方を改善します。

RESERVE無料カウンセリング・
来院予約

当院ではカウンセリングは医師が行います。
初診料・診察料などは一切不要ですので、お気軽にご相談ください。