Information

高濃度ビタミンC点滴 初回OFFキャンペーン
<7/1(日)~7/31(火)>

水の森美容外科にてビタミン点滴を初めて受けられる方へ、
お会計より『初回1000円OFF』となるキャンペーンの
継続が決まりました♪
ぜひ、お問い合わせ下さいませ♪

【脂肪吸引】二の腕 鼻尖縮小・耳介軟骨移植    の症例写真を公開しました。

おすすめ情報

水の森美容外科が
あなたに最も信頼される
クリニックであるために

私たちはこれまで、メリット、デメリットをきちんと説明した上で施術を行い、効果のあるものだけを勧めるという利益主義とは真逆の治療を行ってきました。
それにより多くの患者様からの信頼を頂いてきました。患者様は皆さん「水の森に行けば安心して治療が受けられる」とおっしゃって下さいます。
現状の美容業界は、残念ながら、正しく技術を習得していない医師が、安易に手術を行っていたり、聞こえの良いキャッチフレーズや広告宣伝が先行しトラブルに繋がっている話をよく耳にします。

医師の技術統一&スタッフ教育

当院では医師の「技術統一」を徹底し、どの患者様にも、高水準の医療技術を提供しています。又、働くスタッフ全員の人間的な向上を図る「スタッフ教育」も徹底しております。 美容外科の技術は、患者様が幸せになるためのもので、医院の利益の為だけに用いられるものではありません。当院では一人の患者さまから大きな利益を取るよりも、多くの患者様からの信頼を築きたいと考えております。

患者さまに正しい選択をしていただく

そのため安易に手術を勧めるような行為は一切いたしません。当院が行っているのは、患者様に正しい知識をお伝えしてご自身で手術を選択出来るようお手伝いする事です。 ホームページもクリニック側の都合の良い情報を宣伝するのではなく、患者さまに正しい知識を身につけて頂き、患者さま自身が正しい目で、病院や治療を選ぶことが出来るようになることを第一に作成しております。 患者さまのお役立ちツールとしてもご利用頂ければ幸いです。

> コンセプト・医療方針はこちら

水の森美容外科つの約束

  1. 分かりやすいカウンセリング 分かりやすいカウンセリング
  2. アフターフォロー アフターフォロー
  3. 必要のない治療はすすめません 必要のない治療はすすめません
  4. 患者様を身内のように大事に 患者様を身内のように大事に
  5. 良心的な価格 良心的な価格

> 詳しい説明はこちら

当院の治療・スタッフ対応
満足度90%以上
※2017年12月時点

多くの患者さまから高い満足度と信頼を頂いております。

当院の治療効果はいかがでしたか?
治療満足度90%以上
当院のスタッフの対応はいかがでしたか?
スタッフに対する満足度92%以上
今後美容外科を利用するとしたら、当院をご利用になりますか?
リピート希望&リピート率96%

※2017年度、4,934名のLINE@会員・
患者さまからご投稿をいただきました。

年間症例数
(名古屋・大阪・北海道・銀座・新宿合算)

合計 24,480件 以上

10,080件
4,320件
ヒアルロン酸
8,640件
脂肪吸引
1,440件

その他の症例多数

※2017年度集計(1年分)

お悩み掲示板【水の森公式】

目・二重 埋没手術前に先生とのカウンセリング 麻衣 さん 2018/07/22
痩身・脂肪吸引 全身脂肪吸収 ひま さん 2017/06/27
その他 支払い方法について あーちゃん さん 2015/11/25
美肌 美容点滴について まよ さん 2018/07/16
その他 韓国での整形について さな さん 2018/07/16

> もっと見る:お悩み掲示板トップへ

良心的な価格と明朗会計を
お約束します

美容整形の料金は決して安いとはいえません。
そのため安さでクリニックを選びたくなってしまうこともあるかと思います。

しかし、時にはあなたの大切な体にメスをいれる美容整形。
料金の安さだけで決め、技術の確かさ、信用をないがしろにしていいはずはありません。
当院では、サービスは「適正な価格」で提供していくべきと考えております。

また、他院のHPを見ていても、結局のところ価格がどれくらいになるのかわかりにくかったり、一見お得なキャンペーンやモニター割引なども、いざ来院してみるとホームページの記載と全然違う価格が提示されるという話も良く耳にします。これからの時代は、患者様自身も見極める目が必要なのです。

当院では、ホームページ上の料金記載においても、極力わかり易く表示する明朗会計を表示しております。良心的な価格と確かな技術に加え、患者様にとって必要な手術のみをご提案するという姿勢で、今後とも患者様との二人三脚の医療を心掛けていくつもりです。

> 明朗会計への挑戦