1. TOP
  2. 診療項目
  3. 二重まぶた・目もと
  4. 二重埋没法(二重まぶた・目もと)

二重まぶた埋没法はこのような方におすすめ

  • 「一重から二重にしたい」
  • 「黒目を大きく見せたい」
  • 「手軽に二重にしたい」
  • 「毎朝のメイク時間を短縮したい」
  • 「ダウンタイムを抑えて二重にしたい」

埋没法について
〔NLQ法(ナチュラル・ライン・クイック)

当院の埋没法(手術法)は従来の埋没法に改良を重ね徹底的に腫れをおさえることに成功しました。
何千例もの症例数より研究を重ね麻酔法、デザインの方法、縫合の仕方などなど細かい配慮を徹底的にすることで従来の埋没法の約半分の腫れにおさえます。当院のNLQ法ならほとんど腫れませんので翌日からの仕事にも支障を与えません。
もし腫れが出てしまっても、2〜3日泣きはらした程度の腫れで治る場合がほとんどです。
また、患者様ご自身で保障期間をお選びいただけます。

こちらは当院の人気医師達が患者様から多く寄せられる二重埋没法のQ&Aを
回答した動画です。二重埋没法をお考えの方はぜひご覧ください。

埋没法施術後の経過写真

二重埋没法の術前から術後2週間までの経過写真

埋没法の手術方法

埋没法の手術方法

埋没法の手術とは二重にしたい位置に糸をかけて二重の仕組みをつくる手術になります。
詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

当院の埋没法は『瞼板法2点どめ』

当院では瞼板法2点どめを採用。

2点どめというより『2線どめ』という方が正しいのかもしれません。
目を閉じた状態で正面から見て瞼の中に糸が2本入っているため、ではなく理想的な二重のラインを作ります。

瞼板法とは、上瞼にある瞼板という組織に糸をかけて二重を作る方法です。
メリットとして、出血が少ないことやダウンタイムが短いという点があります。

しかし、瞼板の大きさを超えるほどの広い幅が作りにくいというデメリットも存在します。

また当院では行っておりませんが、上瞼を持ち上げている眼瞼挙筋という筋肉に直接糸をかけて二重を作る『挙筋法』があります。
挙筋法のメリットとして、より自然な二重を作ることができる一方、内出血しやすく、腫れや感染のリスクが高いことや、眼瞼下垂になるリスクなど、大きなデメリットが存在します。

当院では、出血しにくくダウンタイムも短い『瞼板法』を採用し、2本の糸をかけて二重を作ります。

『糸の掛け方』他院との比較

『1本の糸でも糸が通る穴が2つある2点どめ』

他院で非常に良く見かける方法で、当院では1点どめと同じと捉えます。
理想的な二重のラインを作るには1点どめでは弱いため、十分に満足のいく仕上がりにはならないでしょう。

『1点あたりの幅が極端に狭い2点どめ』

こちらは2本の糸でとめており、当院と同じ方法に見える方もいらっしゃるかと思います。しかし、1点あたりの糸のかけ方・糸の幅が大きく異なります。幅が極端に狭い2点どめでは、理想的な二重のラインを作ることは難しいでしょう。

同じ『2点どめ』と言ってもクリニックによってかなり大きな違いがあります。理想的な二重のラインを確実に作るためには、当院のように1点あたりの幅を十分にとった糸を2本かける2点どめが最適です。

『3つのノッチを作る3点どめ』

一本の糸で3つのノッチを作ることで3点どめと謳うケースです。
ノッチを作るだけで点が増えることにも違和感がありますが、これで強度が増し、取れにくくなることはありません。
いくらノッチを作っても結局糸は一本のみなので、1点どめと同じと言えます。

『糸が通る穴が4つあるから4点どめ』

また、本来の2点どめを4点どめと謳うクリニックも多く見かけます。
糸のかけ方は当院の2点どめと同じであるものの、糸が通る穴が4つあるから4点どめとして扱う場合もあるようです。

『複雑な糸の掛け方』

一本の糸でも複雑な掛け方をすることによって、強度が増し、取れにくくなると謳うケースです。このような糸の掛け方を行うクリニックでは『二重切開法と同じ持続力』などと誇大な宣伝文句が目立ちます。
どれだけ複雑な掛け方をしても、糸は一本しか使用していないため1点どめと同じであり、当院では取れにくくなるという根拠はないと考えます。
このケースでは大幅に料金を釣り上げるための悪質なプランである可能性が高いです。

糸の掛け方や『4点どめ』『6点どめ』などの数字に惑わされ施術を受けたものの、蓋を開けてみれば当院の2点どめや3点どめと変わらなかった、という可能性も大いにあります。
糸の掛け方の違いや点の数で大きく金額の異なるプランがあるクリニックには注意が必要です。

正しい知識を身につけ、患者様ご自身で見極めることが大切です。

カウンセリングや施術の流れ

ご予約・カウンセリング

ご予約

ご予約

当院の無料カウンセリングは完全予約制です。
ご希望のお日にちにて、メール・お電話からご予約ください。

医師とのカウンセリング

医師とのカウンセリング

受付後、医師とのカウンセリングに入ります。
患者様のお悩みやご希望をお伺いします。
二重埋没法のメリットやデメリットなどをお伝えしたうえで、実際にシミュレーションをしながら一緒に幅を決めていきます。

カウンセラーによるお手続き

カウンセラーによるお手続き

医師とのカウンセリング後、聞きそびれたことやご不明な点をカウンセラーがお伺いします。施術をご希望の場合は、そのままお手続きを行います。
ご料金のお支払いは、ご手術日の8日前までとなりますため、8日以上先のご手術をご希望の場合は、即日のお支払いは不要です。(※GW・年末・お盆期間等の繁忙期は、15日前までの入金となります)

一度ご手術をご検討されます場合は、お見積書をお渡しいたしますので、ごゆっくりとお考えください。

手術当日

洗顔

洗顔

まずは洗顔にご案内いたします。
メイクをされている場合は、こちらでメイクオフしていただきます。
また、コンタクトレンズとアクセサリーも全てお外しください。(やむを得ない理由で外せない場合はご相談ください)

シミュレーション

シミュレーション

ご手術室に入られますと、看護師から注意事項とお薬の説明があります。
髪を清潔にまとめて、最後のシミュレーションを行います。
こちらで幅を最終決定し、ご手術開始です。

施術

施術

事前に行なったカウンセリングの内容を元に施術を行います。
局所麻酔を使用しますが、注射の痛みに弱い方はオプションとして笑気麻酔をおつけいただけます。
高い技術を持つ医師のみが施術を担当しますのでご安心ください。施術にかかる時間は約10分程度です。

終了・ご帰宅

終了・ご帰宅

術後、パウダールームへご案内しますので、準備ができましたらご帰宅いただきます。

代表的な二重の種類

奥二重

二重のラインにまぶたがかぶっているため、角度によっては一重に見えてしまうタイプの二重です。奥二重は、クールな印象を持たれることが多いです。

末広二重

目尻側にいくほどに幅が広がっているタイプで日本を含むアジアの方に1番多いのがこの末広の二重です。ナチュラルな印象になります。

幅の狭い平行二重

幅の広い平行二重よりもさりげなく華やかな印象を与え、ノーメイクでも違和感のない二重です。平行二重がいいけど自然に見せたいという方におすすめです。

幅の広い平行二重

目頭側から目じりまで均一なラインが入っている欧米の方に多く見られる二重です。まつ毛の生え際もしっかり見えており、華やかな印象のお目元になります。

埋没法の手術時間

10分

おすすめしないクリニックの特徴

埋没法の手術で大事なのは患者様が二重の仕組みを理解し、正しい知識をもってご手術を受けて頂く事です。
美容外科業界はすっかり商業化してしまっている為、必要のない手術をすすめられていたりするケースも少なくありません。

①埋没法の手術に加え、脂肪除去も同時にすすめられる。

一般の方のイメージでは、脂肪を除去すると目の腫れぼったさが治るというイメージを持たれている方が少なくありません。このイメージを逆手にとって、同時に脂肪除去をすすめるクリニックもあります。一般的に腫れぼったさの原因は脂肪ではなく、皮膚や皮下組織の厚み又は眼球の突出による原因のものが多く、脂肪を除去しても厚みは変わらないケースのほうが多いといえます。脂肪を除去すれば、瞼の厚ぼったさが改善するわけではないということです。実際には二重のほうで変化が出ている為、脂肪除去における効果の有無は患者様のほうで判定する事は出来ません。つまり脂肪除去の手術は、必要なく商売目的ですすめられているケースが多いのです。

②点どめの数で値段を釣り上げられる

広告上では1点留めの安価な料金が記載されているのに、実際にはカウンセリングにて3点留めなどの高額なものをすすめられるケースも少なくありません。
一般の方が埋没法を受けるにあたり、取れてしまうかもしれないという心配は大きいかとは思われます。そういった心理を逆手に取り、広告上では1点の安価な金額を記載し、実際のカウンセリングでは3点留めや取れにくい方法などの高額な方法をすすめるクリニックもあります。しかし、埋没法は簡易的にできるメリットがある反面、取れる可能性があるというデメリットは避けられません。取れにくい埋没法というのは、果たして具体的な根拠があってのものなのかは疑問となるところであります。(どうやってデータをとったのでしょうか?)
1点はさすがに取れやすい気はしますが、3点留めにしても取れるものは取れてしまいます。 当院でもカウンセリング次第でまれに3点どめをご提案することもございますが、ほとんどの場合2点留めで十分と考えております。 むしろ取れてしまう可能性がある手術ですので、糸を増やすより、取れた時の保障をつけられるかどうかを考える事をお勧めしております。
※当院の保障についてはこちらをご覧ください。

③埋没法の手術に色んな名称が付き、値段が全然違う。

どのような手術を行なうにしても、少しでも綺麗に行なう為に、医師が工夫をして行なうという姿勢はとても大事です。しかし、それは患者様の為に行なうものであって、商売目的で行なうものではありません。
埋没法の手術はある程度確立されていますので、細かな工夫に差があったとしても、その工夫が特別なものと言い切れる程のものではありません。 患者様側からするとその違いを理解する事は難しいと思われます。
それを逆手にとって高額な手術に誘導していくという商法もありますので、本当にどの程度の違いがあるものなのかは注意されたほうが良いでしょう。

④特別な糸を使っている。特別な針を使っている。

どのような点で特別なのかは疑問に思うところです。 とても細くて丈夫である、取れにくいとの説明を受ける事が多いようです。 しかし、通常の埋没法に使われている市販の医療用ナイロン糸は十分細く、頑丈であります。
実際に二重が取れてしまう原因においても、糸が切れる事によって取れているケースはかなり稀だといえます。
もちろん、少しでも取れにくいという事で工夫に用いるのであれば結構ですが、意味もなく金額を吊り上げる為のものであるなら、宜しい事ではありません。

当院では以下のような点が重要と考え診療にあたっております。

  • ・患者様がご自身で手術を選択できる力を身につけられるように、カウンセリングを行なう。
  • ・患者様の希望も含め、長期的な経過まで考慮したアドバイスをする。
  • 極力痛み、腫れが少ないように手術をする。

埋没法の手術は糸で縫って二重にすると言う簡単な手術です。
しかし、単に二重にすれば良いというのであれば、難しい手術ではありませんが細かな患者様のお声に応えていく手術を行うには、とても奥が深い手術でもあります。
埋没法において患者様のどういった需要があるのか、そして、どのような失敗例や患者様の不満があるのか、それに対して当院がどのような工夫をして精度の高い手術を実現させているかについてご説明していきます。

当院の精度の高い手術は、全て患者様の細かな要望や不満に対して徹底的に改良を重ねる事で実現されております。

よくある失敗や術後の不満に対する当院の工夫

① 強い腫れ、内出血が長引く

埋没法は手軽にでき、ダウンタイムも少ないことがメリットとしてあげられる中、他院で実際に施術を受けた患者様からは「腫れが1ヶ月引かない」「内出血が酷く、痛々しくなった」という声をよく耳にします。
以下の4つが主な原因として考えられます。

CASE1

骨格に合わないほど幅が広すぎる

広い二重幅を希望する患者様が多いですが、その希望に対して、患者様ご自身の二重幅の限界値を見極めて丁寧にご説明する必要があります。
患者様が希望したからと言って、骨格に合わないほどの広すぎる幅で二重を作ってしまうと腫れが強く出る場合があります。
患者様ご自身の二重幅の限界値を見極めるためには、熟練したシミュレーション技術が必要となります。

POINT

バナー 二重幅の番号ってなに?

当院では患者様一人ひとりに丁寧なカウンセリングとシミュレーションを行っております。
二重幅のシミュレーションを行う際、わかりやすくいくつかのパターンでご案内しています。
こちらのページでは当院独自の二重幅の番号について実際の症例写真を交えて解説しておりますので是非ご覧ください。

CASE2

糸の食い込みが強すぎる

瞼に糸をかける際に、糸の食い込みが強すぎると腫れが強く出る場合があります。
しかし、逆に弱すぎると食い込みの浅い二重になってしまったり、糸がうまく埋没しなかったりと、取れやすい原因にもなります。

POINT

当院では強すぎず弱すぎず、適切な強さで糸をかけられるよう、専用器具を用いて施術を行っております。

CASE3

麻酔の量が多すぎる

埋没法の施術では局所麻酔を使用しますが、麻酔の量が少ないと痛みを感じやすく、出血も多くなり腫れが強くでる原因になります。
逆に麻酔の量が多すぎても、腫れが強くでる原因になります。

POINT

当院では麻酔を打つ量を細かく微調整し、腫れが出るほど多すぎず、痛みが出るほど少なすぎない絶妙な量で麻酔を使用します。
患者様が痛い思いをすることなく、腫れを最小限に食い止めます。

CASE4

糸をかける際の出血を放置している

瞼に糸をかける際、針を瞼に通すため、少なからず出血する場合があります。
少量の出血でも、止血せずそのまま施術を続けると腫れの原因となり、多量の出血の場合、酷い内出血や腫れが強く出る原因になります。
この場合、重要になるのは圧迫止血です。

POINT

当院では、施術を担当する医師と看護師がわずかな出血も見逃すことなく、必要に応じて圧迫止血を行います。
そのため、出血による腫れを最小限に食い止めます。

② 目を閉じた時に縫ったところがボコッとなってしまう

瞼に糸をかける際、皮膚を巻き込んでしまうと糸がうまく埋没せず、盛り上がってしまいます。
しかし『埋没法』という名前の通り、しっかり糸を埋没させなければなりません。

POINT

目を閉じた時に糸がポコッとならないようにする工夫

埋没法では上の図のように瞼に糸を縫い付けます。
手順は以下のようになります。

③ 左右差が気になる

全ての患者様に対して左右全く同じ二重幅にするということは、私達医師にとって永遠のテーマとも言えます。
人の手で行う手術であり、目の状態も左右で違っていることが多いからです。
患者様の術後の不満としてとても多い左右差ですが、上記①で解説した腫れに対する当院の工夫で左右差の少ない仕上がりにすることができます。
術後に患者様ご自身で仕上がりを確認いただく際、腫れを抑える工夫をしていないクリニックであれば、腫れが強すぎて左右差があるのかどうかすらわかりません。
もし左右差があった場合、後日腫れが引いた後に、初めて左右差があることを認識でき、不満を抱えるケースがあります。

POINT

当院の腫れにくい埋没法は、左右差が出ないようスムーズに施術を行うことができ、0.5mmまでの誤差を微調整して患者様の術後の不満を解消します。

④ 時間の経過と共に二重の幅が狭くなった

患者様に満足していただくために重要なことは、正しい情報をわかりやすく説明し、適切な提案をするというカウンセリングも非常に重要となります。
埋没法の手術は時間の経過とともに多少幅が狭まる傾向にありますが、詳しい説明がなく、「これくらいですね」と、簡易なカウンセリングだけで済まされるクリニックも少なくありません。

POINT

当院では、時間の経過とともに幅が狭まることはもちろん、二重の仕組みからわかりやすく説明し、患者様一人ひとりに合った二重幅をアドバイスしております。

埋没法のダウンタイム・術後の過ごし方

手術当日
【ご来院】

患部の状態
糸で引っ張られるような違和感やゴロゴロ感がありますが、数日程度で気にならなくなります。
処方箋
・点眼薬(炎症止め)
清 潔
シャワー浴が可能となります。
洗顔は水洗いでしたら可能です。
日常生活
数日間、アイスノンで15 分程度冷やすようにしてください。
2~3日程度泣きはらした程度の腫れがありますが、大きな腫れはございません。
1週間でほぼ落ち着いてきます。
熱いお湯での長時間の入浴は、血行が促進され腫れが長引いてしまう可能性があるため、術後3日程度はなるべくお控え下さい。
完成まで2週間程度お時間をみてください。
通院も必要ありません。
その他、気になることがありましたら是非ご相談下さい。

1日目

患部の状態
泣きはらしたくらいの腫れが出ます。

2日目

患部の状態
人により内出血が出てくる方がいます。

3日目

患部の状態
患部の腫れがだんだんと少なくなってきます。

二重まぶた(埋没法)の施術料金

施術内容 価格(税込)
埋没法(2点どめ) ¥65,890
埋没法(2点どめ)(2年保障) ¥98,890
埋没法(2点どめ)(5年保障) ¥142,890
埋没法1点追加(片目)
※2点どめのご料金が別途発生いたします
¥17,490
当院抜糸1点につき ¥14,190
他院抜糸1点につき ¥24,200

・痛みにご不安の方は、笑気麻酔8,250円(税込)を別途付けて頂く事も可能ですのでご相談下さい。

無料カウンセリング・来院予約

当院では無料カウンセリングを行っています。
初診料や診察料は不要ですのでお気軽にご予約くださいませ。

二重手術「埋没法」の症例写真 ※複数の施術を同時に行っている場合もあります。

二重埋没法

BEFORE

AFTER

二重埋没法

BEFORE

AFTER

二重埋没法

BEFORE

AFTER

二重埋没法

BEFORE

AFTER

二重埋没法のよくあるご質問

回答者: 水の森美容外科
総院長 竹江 渉

二重まぶた・目もと埋没法

他院で私のまぶたは埋没法ではできないから切開法にしなさいと勧められました。切開法でしか二重にできないのでしょうか?

ほとんどの目は、埋没法で二重を作ることが可能です。眼の上のクボミが強い方については、埋没法のみ綺麗に作る事が困難なケースもありますが、まぶたが厚ぼったいから埋没法ではできないといった事はございません。一部のクリニックで「まぶたが厚いから脱脂が必要」、「瞼が厚ぼったいから切開法でしか二重に出来ない」「瞼が厚ぼったいから特別な方法が必要」と説明し、高額な手術に誘導するケースも耳にします。このような話がインターネット等でも蔓延しておりますが、患者様が思っているほど、埋没法のみで二重を作れないケースは少ないと言えます。実際に他のクリニックで高額な手術でしか二重に出来ないと言われた患者様で、当院で埋没法を受けられ、何の支障もなく埋没法で二重を作る患者様も多くいらっしゃいます。他のクリニックで高額な手術の提案をされ不安になっている患者様がいらっしゃいましたら、ぜひ当院のカウンセリングを受けられたうえで判断されることをお勧めします。

二重まぶた・目もと埋没法

埋没法と切開法のメリット、デメリットを教えてください。

埋没法のメリットは、何よりも手軽さです。手術も短時間で済みますし、術後の腫れも少なく、腫れの期間も3日程度と短いです。一方で、糸で止めておくだけの方法なので、二重が薄れてきたり取れてしまったりする可能性があります。また、埋没法で作る二重は時間と共に狭くなります。つまり、埋没法で作る二重はとれたり、うすれたり、狭くなったりという事がある反面、手軽に行えることがメリットとしてあげる事が出来ます。一方、切開法で作る二重は、強固な固定が出来るため、薄れたり取れたり、狭くなることはなく安定しています。しかし、埋没法と比べると、極力腫れない工夫をしておりますが腫れが長引きます。つまり、切開法で作る二重は、ダウンタイムが長い反面、取れる心配はなく結果も安定している点がメリットです。

二重まぶた・目もと埋没法

アイプチでまぶたがかぶれています。この状態で手術はできますか?

施術自体は問題なく行えますが、かぶれている皮膚は、皮膚の折り返しがうまくできず、シミュレーションが正確に行えない場合がございます。そのため、施術後に誤差が出る可能性があります。かぶれを治していただくのが一番良いのですが、アイプチをしない期間が必要となります。アイプチなしで過ごすことは難しいとのお声も多く頂きますので、誤差の可能性を了承頂いてご手術をしております。強いかぶれで大きな誤差が出そうか、少しのかぶれであまり誤差が出なさそうかの判断もカウンセリングでさせて頂いておりますので、ご安心してカウンセリングにお越しください。

二重まぶた・目もと埋没法

片目だけやることはできますか?片目ずつ手術する場合、どのくらい期間を開ければ良いですか?

埋没法の浮腫み等が完全になくなる2週間以上開けて頂ければ、もう片方をそれに合わせて作る事が可能です。

二重まぶた・目もと埋没法

初めてなのでまず埋没法を考えていますが、埋没法をやっても将来的に切開法をやることはできますか?

切開法は「切る」というイメージから怖い印象を持たれている患者様もいらっしゃいますが、永続的な二重を作れるのでとても良い手術の中の一つです。どうしても、切開法に踏み切れない患者様で、「まずは埋没法をして、その後切開法を考えたい」という方もいらっしゃいます。埋没法をしても、その後の切開法は問題なく行えますのでご安心ください。

二重まぶた・目もと埋没法

どうしても平行にしたいけど不自然な幅は嫌です。目頭切開を一緒にやると平行型になりますか?

埋没法と目頭切開は同時に行われることが多い組み合わせで、目を大きく見せたい患者様に人気のご手術となります。目頭切開を加えることで平行型に見えやすくすることもできます。しかし、目頭切開をしても平行型にする事が出来ない患者様も中にはいらっしゃいます。平行型を作れるかどうかはカウンセリングに来て頂くと、実際のお顔を診察させて頂いた上で可能かどうかを判別させて頂けます。

本ページを監修した医師情報

医師

水の森美容外科 総院長 竹江 渉

経歴

  • 平成10年 東京医科大学医学部卒業
  • 平成18年2月 水の森美容外科開院

所属学会

ドクターコメント

二重埋没法の手術は美容整形手術の中でも最もポピュラーな手術といえます。
水の森美容外科では、患者様の意見を元に、様々な工夫を行って、非常に精度の高い埋没法の手術を行っております。どうぞ安心して、お問合わせ下さいませ。

当院のホームページは「医療広告ガイドライン」を遵守し、医師監修の元、作成・掲載しております。当院における医療広告ガイドラインの運用や方針についてはこちらを御覧ください。

竹江渉医師写真

無料カウンセリング・来院予約

当院では無料カウンセリングを行っています。
初診料や診察料は不要ですのでお気軽にご予約くださいませ。

診療項目