診療項目:唇・顎・輪郭 頬・顎の脂肪吸引

大阪院の太ももの脂肪吸引のページはこちらをご覧ください。

頬・顎の脂肪吸引について

小顔にする手段の一つとして、頬、顎の脂肪吸引があります。
吸引する部位は、頬(フェイスライン部分)、メーラー(頬骨の辺り)、顎の3ヶ所となっておりますが、一般的には頬(フェイスライン部分)と顎の組み合わせのみでシャープな輪郭に近づけていくことが多いです。二重顎を気にされている患者様にも、非常に効果的な手術といえます。

頬・顎の脂肪吸引の手術方法

手術は静脈麻酔を使用して行いますので、眠っている間に手術は終わります。
お顔に数ミリの穴を開けて、その穴から脂肪を吸引していきます。
頬(フェイスライン)の吸引に関しては耳の付け根部分、顎の吸引に関しては顎下部分、メーラーに関しては鼻の穴の中に小さな傷が出来ます。どの部分も殆ど気にならない小さな傷になるかと思います。

頬・顎の脂肪吸引の特徴

フェイスラインをすっきりさせて小顔を形成します。二重顎が気になる方も、顎の脂肪吸引を行うことでスッキリします。

頬・顎の脂肪吸引の手術時間

60分程度

ご注意いただきたいこと

主な腫れがひくのに7日から10日程度かかります。
1ヶ月くらいで自然な感じになり、そこから半年位かけて更に引き締まっていきます。

頬・顎の脂肪吸引の処置期間・アフターケア

手術当日
【ご来院】

患部の状態
腫れがあります。術後24時間は専用のバンテージにて圧迫を外さないようにしてください。
顎下の傷口に糸がつきます。耳の下の傷口にテープがつきます。
アフターケア
痛みに対しては痛み止めでコントロールして頂ける程度です。
処方箋
・抗生剤 ・痛み止め
日常生活
入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
注意点
痛みや熱感が強い場合には、術後2~3日、寝る前に10~15分程度アイスノンで冷やすようにしてください。
飲酒は1週間は控えめにしましょう

1日目
(手術翌日)

清 潔
シャワーを浴びることができます。水洗いの洗顔は可能です。傷口についたテープは剥がさないようにしてください。
(はがれてしまった場合は、予備のテープをお使いください)
日常生活
1か月間は極力(シャワー時、外出時以外)専用のバンテージで圧迫するようにしてください。
注意点
腫れ・内出血・浮腫みは個人差がありますが、1~2週間でほぼおちついてきますのでご安心ください。

7~9日目
【ご来院】
抜糸

患部の状態
腫れ・痛み・むくみが少しずつ落ち着いてきます。
清 潔
抜糸後翌日から石鹸を用いた洗顔が可能となります。抜糸後翌日から入浴が可能となります。抜糸後翌々日から創部のメイクも可能とです。
日常生活
圧迫は続けるようにしてください。

1ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
腫れ・浮腫みが引き、ほぼ完成となります。個人差があり、浮腫みが長引く場合があります。傷口の赤味も時間の経過と共に目立たなくなっていきます。
日常生活
圧迫を外すことができます。

3ヶ月
【ご来院】
検診

患部の状態
ほぼ完成となります。傷口の赤みはより目立ちにくくなりますが、個人差があり徐々に薄くなっていきます。

メーラーの脂肪吸引に関して

メーラーの部分を気にされてご来院する患者様は少なくありません。
しかし、メーラーの部分に関しては、基本的にお勧めしている部分ではございません。
もちろん、ご希望される患者様には、メーラーの吸引も行っておりますが、患者様には以下のことをお伝えしております。
メーラーの部分は年齢と共にやつれてくる部分ですので、むやみに吸引すべき部分ではありません。
むしろ年齢を重ねると、アンチエイジング治療としてメーラーの部分にヒアルロン酸などを注入して膨らませる部分になります。
身体に例えると、「胸はあったほうがいいけけれど、ウエストは細いほうが良い」と思います。お顔も同じで、ただ痩せれば良いというものではなく、細い部分とふくよかな部分が共存しているのが理想と言えます。
モデルさんや芸能人を良く見てみると、メーラーの部分はふっくらしているかと思われます。
シャープなフェイスラインとシャープな鼻筋にメーラー部分のふくよかさが共存している状態が理想といえます。
ただ患者様の求めるがまま行うのではなく、正しい知識をお伝えしたうえでご検討頂ければと思います。