よくあるご質問

痩身・脂肪吸引のよくあるご質問

施術全般についてのご質問

施術全般脂肪吸引に合併症、副作用はないですか?

一般的に脂肪吸引の合併症といわれるものには、凸凹感や色素沈着などがあげられますが、正常な経過の範囲内で表れるものもあります。
また、痛みや内出血、腫れなども正常の経過の中で出現いたします。

施術全般失敗はありませんか?

患者様がいわゆる失敗と思われる内容としては凸凹感や取り残しのことを指す事が多いのではないかと思いますが、そのような合併症がなるべく起こらないように
当院の脂肪吸引は丁寧にかつしっかりと施術致しております。

脂肪吸引:上腕に関するご質問

脂肪吸引:上腕ダウンタイムはどれぐらいですか?

内出血は2週間程度でおさまります。1週間程度、強めの筋肉痛のような痛みがあります。
腫れのある期間がおよそ2週間程度でその後、徐々におさまってきます。

脂肪吸引:上腕術後は重い荷物をもてますか?

術後に荷物を持つのに明確な基準は無いのですが、基本的には患者様ごとに痛みの程度に応じて無理のない範囲で行って頂いております。
痛みや突っ張り感が強いうちは無理をせずにおさまってからが良いでしょう。また、動きによる圧迫物の食い込みには充分注意してください。

脂肪吸引:上腕デスクワークなんですが、支障はありませんか?

直後は痛みや腫れで多少の不自由さはあるかもしれませんが、無理のない範囲での作業でしたら差し支えありません。

脂肪吸引:お腹に関するご質問

脂肪吸引:お腹くびれを作りたいのですが可能ですか?

お腹のくびれの要素としては、やはり、ウエストと腰の部分をしっかり吸引することが鍵となります。当院ではもちろん、
ウエスト・腰に限らずどの部位もしっかりと吸引してきますので、術前と比べて数値的な変化が出なかった方はお一人もおりません。

脂肪吸引:お腹どんなにダイエットしてもお腹だけはなかなか落ちないのは何故ですか?

ホームページの脂肪吸引の理論の項をご参照頂けるとよりわかりやすいと思いますが、脂肪には皮下脂肪とLFDと呼ばれる2種類の脂肪がございます。この中でもLFDは血管に乏しくダイエット等では効果が出づらい脂肪なのですが腹部にはこのLFDが多く分布しています。
そのため、ダイエットで細くなりづらい部位となっております。

脂肪吸引:お腹手術の後が凹んでいるのですが、周りの脂肪をとったら目立たなくなりますか?

いわゆる術後の凸凹感が気になっていらっしゃるのだと思いますが、これは診察してみないと何とも言えません。
浅すぎる層まで吸引していた場合は修正が難しい場合もありますし、取り残しが多ければ再度吸引することによってある程度改善する可能性もあります。一度、カウンセリングにお越しください。

脂肪吸引:ふとももに関するご質問

脂肪吸引:ふともも内ももにすき間は作れますか?

太ももの脂肪吸引をお考えになる患者様の中でも内ももの隙間を希望される方は最も多いといえるかもしれません。
この部位は太ももの中でも特に脂肪が多い部位であり、しっかり吸引してあげることで変化が出やすい場所となります。
術前と術後では数値的にも大きく周径が変わる場所ですので最も効果をお感じいただきやすい場所かもしれません。

脂肪吸引:ふともも理想の足の形があるのですが、そのように仕上げてくれますか?

例えばあるモデルさんのような脚の形を患者様が理想とされていたとしても、骨格や筋肉のつき方、あるいは身長など脂肪以外の要因というのは
一人ひとり異なるものです。そのため、もしかすると、憧れのモデルさんと同じような脚の形になるわけではないかもしれません。
しかし、当院では、取れる限りの脂肪を吸引し、かつ、きれいなラインになるような仕上がりを心掛けております。
それにより、当院で手術を受けて頂いた患者様にも多くのお喜びの声を頂いておりますのでご安心ください。

脂肪吸引:ふとももお尻を取ってタルミませんか?

お尻は吸引しすぎてしまうとややたるんだように見える可能性のある部位です。ふとももとお尻の一部を同時に施術する場合は、
お尻を全体的にボリュームダウンさせるというよりも、お尻から太ももにかけてのつながりを滑らかに見えるように仕上げ、且つ取り過ぎには配慮して行いますので、ご安心ください。

脂肪吸引:顔に関するご質問

脂肪吸引:顔ダウンタイムはどれぐらいですか?

腫れや内出血は2週間程度で落ち着いてきます。痛みは1週間程度をピークに徐々に改善してきます。
その後の突っ張り感は1ヶ月~3ヶ月程度でなじんできます。

脂肪吸引:顔傷口はどこにできますか?

頬の吸引のために耳たぶのすぐ下に左右2ヶ所、あご下(二重アゴの部分)の吸引のためにあごの下に1ヶ所、計3ヶ所できます。

脂肪吸引:顔顔が全体的に丸いのですが、頬や顎以外もとれますか?

メーラーファットと呼ばれるお顔正面の頬骨の上の辺りも吸引は可能な部位ですが、適応があるかどうかは診察の上判断させて頂きます。
また、脂肪吸引ではないのですが、バッカルファットと呼ばれる部位の脂肪を除去する手術もございます。

脂肪吸引:下腿に関するご質問

脂肪吸引:下腿ボトックスとはどう違いますか?

ボトックスで足を細くするのは腓腹筋という筋肉を小さくする方法ですので、脂肪吸引とは作用が異なります。
ふくらはぎの太さを構成する要因としては脂肪と筋肉がありますので、その比率によっても脂肪吸引のほうが効果が出やすいのか、あるいはボトックスの方が効果的かはカウンセリング時にご説明させて頂いております。

脂肪吸引:下腿運動していて、かなり太くなってしまったんですが、細くできますか?

運動によって、ふくらはぎが大きくなった場合、腓腹筋が肥大している可能性があります。もちろん、脂肪吸引をすれば脂肪の分は細くなりますがさらに高い効果を期待される場合はボトックスの併用が好ましいかもしれません。

脂肪吸引:下腿足首も細くなりますか?

足首の脂肪吸引はアキレス腱よりも上方までとなります。その範囲であれば吸引することが可能です。

メソセラピーに関するご質問

メソセラピー注射だけで本当に効果があるのですか

メソセラピーはフォスファチジルコリンとLカルニチンを注射することによる部分やせとして確立された治療法です。
脂肪吸引に比べると効果は劣りますが、手術に抵抗があったり、ダウンタイムが気になる方にとっては注射のみで手軽にできるため、大変人気の施術です。

メソセラピー腫れたり内出血はしないのでしょうか?

お薬による影響で注入後、腫れや赤みはありますが数日で気にならなくなるという方がほとんどです。
また、注射による処置のため軽度の内出血は起こり得ますが、体であれば衣服で隠せますし、お顔の場合はメイクやマスクでカバーすれば、人前に出ることも可能です。

メソセラピー一回で効果はありますか?

効果には個人差があるためもちろん、1回目から効果を実感される方もいらっしゃいます。しかし、部位にもよりますが効果をご実感頂くまでに、同一の部位で3~6回程度打たれる方が多いです。

脂肪溶解注射(小顔注射【BNLS】)に関するご質問

脂肪溶解注射(小顔注射【BNLS】)どのような効果がありますか

名前の通りの脂肪を減らす効果に加え、ムクミを減らす効果と肌の引き締め効果もあります。

脂肪溶解注射(小顔注射【BNLS】)今までの脂肪溶解注射とどう違うのですか

今までの脂肪溶解注射は腫れや赤みがネックでしたが、BNLSは腫れや赤みはほとんどなく脂肪を減らすことができます。
効果も今までの脂肪溶解注射よりも早く感じることができ、3日程度で実感できるようになりました。

脂肪溶解注射(小顔注射【BNLS】)腫れや内出血・痛みなどのダウンタイムはありますか

腫れは1日2日多少ムクム程度でほとんど気にならない程度です。内出血も先のとがっていないカニューレと呼ばれる針を使用しますので、ほぼございません。痛みは注入時に少し押される程度の痛みがありますが、以前の脂肪溶解注射のように数日間ズキズキする等のことはございません。

サノレックス、ゼニカルに関するご質問

サノレックス、ゼニカルなぜやせるのですか?

サノレックスとは一般名をマジンドールといい、厚生労働省が唯一認可している内服による食欲抑制剤です。
サノレックスを服用すると、脳の視床下部と呼ばれる部分に働きかけ食欲中枢を抑える事によって摂取カロリーを低下させます。
また、代謝を亢進させることにより安静時のエネルギー消費を増やしてくれます。この二つの作用によって、体重を減少させます。
ゼニカルは、リパーゼという脂肪を消化する酵素の働きを阻害することによって脂肪の吸収を抑えてくれます。
この働きによって、余分な脂肪の蓄積やカロリーの摂取を抑え肥満の抑制効果を発揮します。

サノレックス、ゼニカルいつ飲めばよいのですか?

サノレックスは昼食前に1錠服用していただきます。
ゼニカルは食中あるいは食後に1錠ずつ1日3回服用していただきます。

サノレックス、ゼニカル安全なのですか?副作用はないのですか?

サノレックス、ゼニカルともにそれぞれ特定の持病をお持ちでない方が用量を守って服用していただく分には安全です。
ただし、風邪薬や痛み止めなど身近な薬も含めてどのお薬にも言えることですが、アレルギーが起きる可能性はゼロではありません。
また、サノレックスの副作用としては口渇、便秘、睡眠障害、胃部不快感が報告されております。
ゼニカルの副作用は軟便傾向やビタミン不足等がありますがどちらの副作用とも実際の処方の現場で問題となる事はまずありません。

超音波・ポディジェットに関するご質問

超音波・ポディジェット超音波やボディジェットとはどのような方法なのですか?

超音波脂肪吸引とは超音波を脂肪層に照射することにより脂肪を取りやすくするものだと宣伝されていたようです。
しかし、現在はこの方法を薦めているクリニックは殆どないため、おそらく効果は殆どなかったのでしょう。
ボディジェットは、麻酔液を脂肪層に注入する際にジェット水流といわれるような勢いよく麻酔液を噴射する機械のことです。
これは、ジェット水流が脂肪層のみを皮膚側から剥離させ吸引しやすくしたり、神経や血管を傷付けないとうたわれておりました。
しかし、ボディジェットも現在は積極的に薦めるクリニックは殆どないように思います。

超音波・ポディジェット他院にカウンセリングにいったところボディジェット法がダウンタイムが少ないと薦められましたが違いはあるのでしょうか?

ボディジェットとはあくまで麻酔の補助をする機械です。その後は、脂肪を吸引すること自体は通常の脂肪吸引と同様の手順なのでしょうから大きな違いはないと思われます。
ジェット水流によって脂肪層のみを皮膚側から剥離させ神経や血管を傷付けないと謳われていましたが実際に麻酔液の噴射のみでそのようなことが可能だとも、あまり考えられません。
また仮に可能だったとしても、その後の吸引の作業によって、ある程度の神経や血管の損傷リスクは通常の脂肪吸引と同様になってしまうでしょう。

超音波・ポディジェット超音波脂肪吸引では脂肪はたくさん取れるのですか?

はっきりといってしまえばそのようなことはありません。いかに合併症を最小限にし、多くの脂肪を吸引することができるかは医師の技術力です。
仮に、超音波を使用したことによってわずかに脂肪が柔らかくなったとしてもそれを吸引するのは医師です。
機械が脂肪を吸引してくれるわけではないのです。最も大切なのは機械選びではなく医師選びだと思います。

ベイザーに関するご質問

ベイザーベイザーとは数ある脂肪吸引の中で最新の方法なのですか?

現在、ベイザー脂肪吸引が多くのクリニックで最新の治療機械だと謳われております。
当院にカウンセリングにお越しいただく患者様の中にも、他院様で脂肪吸引のカウンセリングを受けてベイザーを勧められた、という方がいらっしゃいます。
しかし、ベイザーに限らず、これまでにも脂肪吸引の補助の機械として様々な機械が登場しては消え、また新しい機械が登場してくるという歴史を繰り返しています。
これは、ひとえに、どんな機械を使おうとも結局のところ手術の結果は、担当する医師の技術によるものに他ならないためだと思います。
最新の機械だからとか今まで不可能だった事が可能になる、というようなクリニック側の広告に惑わされることなく、しっかりとした技術を持った医師選びが最も結果を左右するのです。

ベイザー他院にカウンセリングにいったところベイザーでなければ効果が出ないがベイザーであれば90%の脂肪が取れるといわれました。本当でしょうか?

脂肪吸引は、どんなに名医が行ったとしても薄皮一枚になるまで、脂肪を吸引できるわけではありませんが、合併症が起こるリスクをできるだけ下げつつ、どれだけの脂肪を吸引できるかが医師の技量の差となって結果に現れてきます。
実際に、ベイザーによって脂肪の90%が取れるとすれば、どの医師が施術を行っても殆どの患者様は満足されるのでしょう。
しかし、現実には他院様でベイザー脂肪吸引を受けた患者様が効果に納得がいかず、当院で再手術を希望される方も多くいらっしゃいます。
そのように考えると、機械の優劣ではなく医師の技術の差が、やはり結果として現れてくるのだと考えます。
通常の脂肪吸引で結果を出せないような医師であれば、どんな機械に頼ろうとも良好な結果を出せるはずはありません。

ベイザーベイザーはダウンタイムも短く凸凹やタルミもできずにきれいに仕上がるのですか?

まず第一に、一人の人が人生で太ももの脂肪吸引を受ける機会というのは通常だと1回きりでしょう。
それなのに、通常の脂肪吸引とベイザー脂肪吸引を受けた時のダウンタイムを比較することは不可能なのではないでしょうか。
また、ダウンタイムは個人差も大きく、単純に脂肪の吸引量が多いほど長く、たるみも出やすい傾向にあると思います。
医師の技術力によってもダウンタイムは変わってきますし、術後の仕上がりについてはなおさらです。
未熟な医師が行えばどんな機械を使っても凹凸などの合併症のリスクは高くなるでしょう。
やはり、最も大切なのは医師選びであることだと思います。

ふくらはぎのボトックスに関するご質問

ふくらはぎのボトックスふくらはぎの脂肪吸引と同日にできますか?

脂肪吸引は、皮下にある脂肪をターゲットに吸引していきます。皮下脂肪のより深いところに筋肉が存在しており、ボトックスはこの筋肉をターゲットに注入していきます。
つまり、同じふくらはぎでも治療を行う場所が異なりますので、脂肪を減らしたい方は脂肪吸引、筋肉を落としたい方はボトックスという使い分けになってきます。
ふくらはぎの脂肪吸引の術後は2週間程度、ハレやムクみが続きます。したがって術後のムクみの期間を経過してから、ボトックスの注入を行って頂いたほうが、それぞれの効果が評価しやすくなります。
また、脂肪吸引と同時に注入を行いますと、ボトックスが筋肉外に流れてしまう恐れがありますので、同日での施行はお勧めしておりません。

ふくらはぎのボトックススポーツをしているのですがやっても大丈夫ですか?

ボトックスは筋肉の収縮をストップさせ、筋肉を委縮し小さくしていきます。したがって、できれば安静に(日常生活や通常の運動はやっていただいても支障ありません)していただいた方がより効果的だと考えられます。
また、ボトックスの注入によって日常生活範囲内でのスポーツが困難になることはないかと思いますが、逆にいうと、どんなスポーツであれ、ふくらはぎの筋肉を使用しますので、注入後は1週間程度の安静が望ましいです。
また、記録を争うようなスポーツ選手等の場合はおすすめしないこともございますので、詳しくはカウンセリングにお越しいただいた際に、担当医の方にお尋ね下さい。

ふくらはぎのボトックス治療後に筋トレをしたら効果はどうなるのですか?

筋肉は神経から命令が出て収縮します。ボトックスは筋肉と神経の接合部に作用し、神経からの命令を阻害して筋肉の収縮をストップさせます。動けなくなった筋肉は委縮していき、結果として小さくなります。ふくらはぎにボトックスを注入する目的は、ふくらはぎを細くすることにありますので、ふくらはぎを筋トレ(つま先足立ちなど)する方はいないと思いますが、その他の部位の筋トレの場合や、少なからずふくらはぎの筋肉を使用する場合でありましたら、特に問題ありません。