1. TOP
  2. 診療項目
  3. 脂肪吸引・痩身
  4. 痩せる薬 (サノレックス・ゼニカル)の処方

診療項目脂肪吸引・痩身 痩せる薬
(サノレックス・ゼニカル)

医療機関で処方される痩せる薬とは?

医療機関で処方可能なダイエット効果のあるお薬は、主に4種類あります。
同じダイエット目的といっても、それぞれ効果や役割が大きく異なります。

種類 効果
食欲抑制剤 脳の食欲を司る神経に作用し、食欲を抑制する作用があります。
食事量を抑えカロリー摂取を減らします。
リパーゼ
阻害薬
腸からの脂肪吸収を抑制し、体重を減少させる働きがあります。
食事から摂取する脂質の30%を便として排出すると報告されています。
GLP1受容体
作動薬
血糖値を上がらせないようにする働きがあります。
内服薬ではなく注射が一般的です。
SGLT阻害薬 腎臓でのブドウ糖の再吸収を抑え、尿から糖を排出することで体内で吸収される血糖を下げます。
その結果体重の減少の効果があると言われています。

当院では、食欲抑制剤(サノレックス)と脂肪の吸収を抑制するリパーゼ阻害薬(ゼニカル)を処方しております。

最近では通販などでダイエット効果のある医薬部外品やサプリメントが増えていますが、確実に効果を得たい場合は医療機関で処方されたお薬を飲むのが確実です。
また海外からの個人輸入などの場合、安全性の確認が十分に取れないリスクがあるため、安全のためにも病院・クリニックでの処方を受けましょう。

やせる薬(サノレックス)

サノレックスがおすすめの方

  • 食欲をコントロールできない
  • ドカ食いしてしまう
  • 一度にたくさん食べ過ぎてしまう

サノレックスの特徴

サノレックスのイメージ写真

サノレックスとは国内で唯一厚生労働省が認可した食欲抑制剤です(正式名称マシンドール)。
脳の食欲の神経に働きかけることで、空腹を感じなくなり食べる量が減らします。

※BMIが35以上の高度肥満の方は保険が適用されますが、当院では自由診療を行っており保険適用となりません。

服用方法

1日1回の服用です。
連続して3ヶ月(1日1回服用)までの処方を行います。
安全を考慮しその後6ヶ月間は必ず間を空けて頂きます。

サノレックスの内服期間についての説明

サノレックスの料金

サノレックス〈1ヶ月分〉
¥21,890(税込)

※サノレックスのみ処方前に別途血液検査代5,500円必須です

サノレックスの副作用・リスク

●副作用

口渇、便秘、睡眠障害、胃部不快感などの可能性。

●以下の患者様には投与できません

緑内障、重症高血圧、薬物、アルコールの乱歴のある方、統合失調症の方、妊娠、授乳中の方

サノレックスの依存症について

サノレックスは、化学構造上「アンフェタミン誘導体」に属します。アンフェタミンは依存症の副作用があり、サノレックスもその可能性があるといわれています。
しかし、実際にはお薬への耐性が数か月でできるため、依存の症状はほぼみられません。
身体への依存よりも、サノレックスの副作用として20%の方に口の渇きや便秘、吐き気などが見られると報告されています。そのため医師と相談しながら服用を行うことが大切です。

やせる薬(ゼニカル)

ゼニカルがおすすめの方

  • 脂っこい食べ物が我慢できない
  • 食事制限をせずダイエットしたい

ゼニカルの特徴

ゼニカルのイメージ写真

ゼニカルは、世界80か国以上で利用されておりFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受けた肥満治療薬です。有効成分オルリスタットにより、体内に脂肪が取りいれられるのを防ぐ働きがあります。食事と併せて服用することで、食事中に含まれる脂肪分の30%を体内で吸収されるのを抑制します。脂肪は、通常すい臓から分泌されるリパーゼという酵素によって分解され、体内に吸収されます。ゼニカルはリパーゼの働きを抑え、脂肪の吸収を抑制する為、吸収されなかった脂肪分は便として体外へ排泄されます。

服用方法

1日3回、食中または食後に1錠服用することにより、食事で摂取した脂肪分を吸収せず体外へ排泄させます。朝食、昼食など軽めのお食事を摂られる場合は服用する必要はございませんので、脂分の多い食事を摂取された時のみ服用して頂いて構いません。

ゼニカルの料金

ゼニカル〈1ヶ月分〉
¥18,590(税込)

ゼニカルの副作用・リスク

●副作用

  • 頻繁に便意をもよおす可能性
  • ガスによる胃腸の膨満や放屁
  • 脂肪分や油分を含んだ排便
  • 脂溶性のビタミンA・D・E・K不足

●以下の患者様には投与できません

  • 特発性脂肪便症や熱帯性スプルー症などの、必須栄養分の吸収に障害のある方
  • オルリスタット(ゼニカルの主成分)やカプセルに含まれているその他の成分にアレルギー反応を起こす方
  • 妊娠、授乳中の方

サノレックス・ゼニカルの処方の流れ

①ご来院後、問診表をご記入頂きます。

②内服が問題ないか医師と相談を行います。

③お会計になります。

脂肪吸引との違い

サノレックスやゼニカルは食欲を抑えたり、脂肪の吸収を抑えることでダイエット効果があります。しかし全体的に体重を落とすことを目的としているので、部分的に痩せることはできません。
たるんだお腹を引き締めたい、二重あごが気になる、二の腕や太ももを細くしたいなど、気になる部位を痩せさせたい場合には脂肪吸引がおすすめです。

痩せる薬(サノレックス、ゼニカル)の施術料金

ご来院の際に身分証明書のご提示をお願い致します。
ご提示いただけない場合は、正規価格でのご案内となります

内服薬 価格(税込)
サノレックス(1ヶ月分) ¥21,890
ゼニカル(1ヶ月分) ¥18,590

コンテンツ脂肪吸引・痩身TOP

痩せる薬(サノレックス、ゼニカル)のよくあるご質問

回答者: 水の森美容外科
総院長 竹江 渉

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身

副作用に眠気はありますか?

個人差はございますが、眠気が出る場合もございます。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身

服用できる期間に限りがあると聞いたのですが何故ですか?

サノレックスは漫然と長期服用すると精神・身体依存性が出てきてしまったり、耐性ができて効果が出にくくなってしまう可能性があります。
そのため、当院では連続での服用は3ヶ月までとさせていただいております。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身

脂肪吸引とどちらが効果ありますか?

サノレックス、ゼニカルの内服による治療は部分的な痩身ではなく体重を減少させることを目的としています。
対して、脂肪吸引は部分的に(たとえば太ももやお腹など)大きなサイズダウンを図ることが可能です。脂肪を物理的に除去してしまうためはっきりとしたサイズの変化をご実感いただけますが、脂肪細胞自体は軽いため体重が大幅に減少するわけではありません。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身

体重は落ちますか?いつから効果が出ますか?

サノレックスは個人差ももちろんありますが、服用開始後1ヶ月ほどで平均2、3kgの体重減少があるといわれます。
逆に、最初の1ヶ月で体重減少がないようであれば、その後の服用では効果が期待できないため服用を中止した方がよいでしょう。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身

リバウンドしませんか?

一般的には、サノレクッス、ゼニカルの併用による体重減少は他のダイエット単独よりもリバウンドしにくいと言われていますので、
その他のダイエットと併用する事で、よりリバウンドしづらいと思われます。
しかし、体重が減少した後も、過度なカロリー摂取などは避けていただいたほうがよいでしょう。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身表示記事

安全なのですか?副作用はないのですか?

サノレックス、ゼニカルともにそれぞれ特定の持病をお持ちでない方が用量を守って服用していただく分には安全です。
ただし、風邪薬や痛み止めなど身近な薬も含めてどのお薬にも言えることですが、アレルギーが起きる可能性はゼロではありません。
また、サノレックスの副作用としては口渇、便秘、睡眠障害、胃部不快感が報告されております。
ゼニカルの副作用は軟便傾向やビタミン不足等がありますがどちらの副作用とも実際の処方の現場で問題となる事はまずありません。

サノレックス、ゼニカル脂肪吸引・痩身表示記事

夜だけでも効きますか?守るべき飲み方はありますか?

サノレックスは昼食前に1錠服用していただきます。
ゼニカルは食中あるいは食後に1錠ずつ1日3回服用していただきます。

本ページを監修した医師情報

医師

水の森美容外科 総院長 竹江 渉

経歴

  • 平成10年 東京医科大学医学部卒業
  • 平成18年2月 水の森美容外科開院

所属学会

ドクターコメント

「体重を落としたい」「脂肪吸引には抵抗がある」「脂肪吸引と併用して体重も落としたい」など様々な目的でサノレックスやゼニカルの内服薬を処方しております。脂肪吸引と併用しての内服もおすすめで、見た目での変化と体重減少の両方を望む方には、計画的にプログラムを組んで処方させて頂いております。

当院のホームページは「医療広告ガイドライン」を遵守し、医師監修の元、作成・掲載しております。当院における医療広告ガイドラインの運用や方針についてはこちらを御覧ください。

竹江渉医師写真

痩せる薬 (サノレックス・ゼニカル)の処方処方対応クリニック

脂肪吸引・痩身

診療項目