診療項目:唇・顎・輪郭

患者様が求める小顔や、シャープな輪郭を作り上げるための方法をご説明しております。
ご自身で治療法を決めてしまう前に、まずはお読みいただけると参考になるかと思われます。

唇・顎・輪郭の総論

小顔にしたいという要望でご来院される患者様は少なくありません。
ただ、単純に「小顔」といっても漠然としています。患者様が求める小顔とは、正確には「逆三角形の輪郭に近づけていくこと」になります。では、どのような治療を行うと逆三角形に輪郭になるのかをご説明させて頂きます。

逆三角形の輪郭に近づけるには上記の図を、以下の3つの要素に分けて考えます。

①フェイスラインの脂肪→頬、顎の脂肪吸引

気になるお顔の脂肪を、数ミリの穴から脂肪吸引して除去していきます。
体の脂肪吸引に比べると、患者様の負担も少なく、比較的手軽に受けやすい手術であるかと思われます。
術後の腫れている期間が過ぎれば、周りからも気づかれることなく、痩せた印象となるので人気の高い手術となります。

②エラの筋肉→エラのボトックス

エラの部分にある咬筋といわれる筋肉にボトックスを注入することで、咬筋を小さくして小顔にすることが出来ます。
咬筋が発達している方の場合は注射を打つだけで劇的に効果が出ます

③顎→顎へのヒアルロン酸注入や顎へのプロテーゼ挿入

顎にプロテーゼを挿入することで、顎を斜め前方方向に出すことが出来ます。
横から見て鼻と唇、顎を結んだライン(Eライン)を理想のラインに近づけたり、正面から見てシャープな輪郭を作り上げる事が出来ます。
顎を出すという発想は中々気づきにくいため周りからもばれにくく、整ったお顔を作り上げる事が出来ます。

上記をどのように組み合わせるかは患者様によっても異なるため、実際に診察をして、どの治療を行うと効果が出るのかをご提案させて頂いております。そのため、例えば顎が出ている患者さまに顎の治療を勧めることはございません。フェイスラインに関しては、その方のフェイスラインを構成する脂肪と筋肉が、どのような割合になっているのかを見て効果の出やすいものをお勧めしております。

また、上記3つの要素は、簡単にプチ整形で出来るものもあれば、手術で行う場合もございます。
患者様の中には、手術は望まないという方もいらっしゃるので、患者様のご要望をお伺いした上で、治療のご提案をさせて頂いております。

それぞれの治療の詳細は各ページでご説明しておりますので、そちらをご参考くださいませ。

術後3ヶ月目

術後3ヶ月目

唇を薄くする

最近では厚い唇がブームにはなっておりますが、中には唇を薄くしたいというご要望もございます。
厚い唇は情熱的で色っぽい印象ですが薄い唇は知的な印象を与えるといわれております。

唇を厚くする

唇にヒアルロン酸や脂肪を注入することで、唇を厚くしたり唇の輪郭を作り上げたりすることが出来ます。
ヒアルロン酸と脂肪ではそれぞれ特性が異なりますので、ご説明を聞かれた上で、ご自身に合った治療法を選択してください。