よくあるご質問

脂肪注入(ナチュラルファイバー)に関するご質問

脂肪注入(ナチュラルファイバー)どのような手術ですか

脂肪注入による若返りはご自身のお腹や太ももの脂肪を一部吸引し、その脂肪を顔のこけた部分に注入することでふっくらハリのある皮膚に若返えらせるという手術です。若返りには興味はあるけど切りたくないという方にお勧めです。又、ヒアルロン酸と違い、生着した脂肪は吸収されることなく永続的なのも魅力的と言えます。それぞれの部位に対して、ヒアルロン酸の方が良い部分もあれば脂肪注入の方が良い場合もありますので、カウンセリングの際に担当医と良くご相談されることをお勧めします。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)手術中は痛みはありますか?

手術中は脂肪を吸引する部位及び脂肪を注入する部位ともにしっかりと麻酔をしてまいりますので、痛みはご心配されなくてもよろしいかと思います。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)術後は痛みはありますか?

2、3日ほど軽度の痛みがある場合はありますが、強い痛みはございませんのでご安心ください。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)ヒアルロン酸の注入とどう違うのですか

ヒアルロン酸と脂肪注入にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。ヒアルロン酸は短時間で手軽にできます。しかし、ヒアルロン酸は時間経過とともに馴染んでいきいずれは吸収されます。最初は半年ほどで馴染んで凹みが気になってくることが多いですが、馴染んだ状態で5年ほど吸収されずに残るので、2回3回と注入すると積み重なっていき長持ちするようになります。永久的な方法をご希望であれば脂肪注入がお勧めです。しかし、注入した脂肪は一部が吸収されるため最終的に定着して残るのは約半分ほどです。このため一度の注入では不十分なことがあり2回3回と繰り返す必要があるかもしれません。カウンセリングではこのメリット、デメリットをふまえて患者様に合った方法をご提案させていただきます。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)持続期間はどのくらいですか

注入した脂肪は約半分ほどが吸収され、残りの半分が定着します。吸収は初めの1ヶ月位でほぼ終わり、そこから2ヶ月程度で少し吸収されます。3ヶ月以降は吸収されることはなく、御自身のものとして半永久的に残ります。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)どのような効果がありますか

脂肪を顔のこけた部分に注入することでふっくらハリを出し、若々しい印象にすることができます。ヒアルロン酸と同様にアンチエイジングの領域で大変人気の施術です。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)どんな場所でも効果はありますか

場所によってはヒアルロン酸の方が適している場合がございます。当院では、痩せたコメカミ、中顔面のタルミ、痩けた頬に脂肪を注入する事が多くなっております。それぞれの部位に対して、脂肪注入を選択するかヒアルロン酸注入を選択するかは、担当医と良くご相談して決められると良いでしょう。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)副作用はありますか

ご自身の脂肪を注入するのでアレルギーの心配はありません。また、お顔は血流が豊富な場所なので感染のリスクもごくごくわずかであり、当院では一例も起きていません。したがって、お顔の脂肪注入は大きな副作用のリスクは極めて少ない非常に安全な手術と言えるでしょう。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)腫れはありますか

一般的に1週間から10日間程度、腫れが気になるかと思われます。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)内出血は出ますか

内出血が出る可能性は非常に低い施術です。万が一内出血が出てしまっても1〜2週間ほどで消失するので、その間はメイクでカバーして頂くことができます。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)凸凹になりませんか

お顔の脂肪注入が可能な部位は目の上や目の下の凹み、こめかみ、ゴルゴ線、頬、ほうれい線ですが、適応が良いお勧めの場所というのはこめかみ、ゴルゴ線、頬です。この部位は凸凹ができるリスクも少なく、高い効果が期待できます。しかし、目の上または目の下の凹みやほうれい線は適した深さの層に注入出来たり微妙な量を調整出来る方が好ましいといえます。脂肪は粒子が大きくそのような微調整には向きませんので、入れ過ぎたり層が浅すぎたりすると凸凹の原因になりかねません。したがって、目の上や目の下の凹みやほうれい線はヒアルロン酸の方がリーズナブルかつ効果的と言えます。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)しこりはできませんか

脂肪注入で良く耳にするのが、注入後のしこりの発生です。しこりの原因として考えられるのが、脂肪細胞が部分的に固まって注入された場合です。脂肪が塊で存在すると生着が悪くなり壊死した脂肪が石灰化してしこりになります。当院では、塊の原因になる線維組織を丁寧に除去し、脂肪をまんべん注入することでしこりができてしまうリスクを低下させる工夫をしています。

脂肪注入(ナチュラルファイバー)幹細胞を加えると定着率が高くなると聞いたことがありますが本当ですか

幹細胞を加えることで血管新生が促進されて脂肪の定着率が良くなるという目的で、幹細胞脂肪注入を勧められるケースが多いようです。しかし、幹細胞を加えたからといって目に見えて定着率が上がるわけではなく、結局はある程度は吸収されます。幹細胞の有無で何パーセントの差が出るのかなど実際には調べることは不可能なのです。当院の見解では、幹細胞によって生じる定着率の差はほとんど無いと考えております。幹細胞脂肪注入は患者様が持つイメージを利用した広告的な要素が強い商品だと言わざるを得ません。