1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. しわ・たるみ
  4. フェイスリフトに関するご質問

よくあるご質問

フェイスリフトに関するご質問

フェイスリフト手術の時間はどのくらいかかりますか

当院のフェイスリフトの手術はフルフェイスリフトでSMAS法を採用しておりますので、手術時間は5時間程度となります。

フェイスリフト腫れはどのくらいですか

1週間程度の腫れがあります

フェイスリフト痛みはありますか

手術中は麻酔を使用しますので痛みはございません。術後も数日ズキズキする程度ですので、痛み止めのお薬でコントロールできるくらいで、お薬の内服も必要ない患者様もおられるくらいです。

フェイスリフト術後はどのような経過をたどりますか

手術後3日間は腫れの軽減の目的も兼ねて包帯での圧迫をします。1週間後に傷口部分の抜糸を行います。抜糸は毛を軽く引っ張る程度で痛みはほぼ感じません。10日目に傷口部分の医療用ホッチキスの抜鉤をします。数十秒ほどで終わり、痛みもほぼありません。この頃には腫れもあまりありませんので、効果を大きく実感して頂けます。

フェイスリフト傷口は気になりませんか

フェイスリフトの傷口患者様の体質によっても異なりますが、手術での縫合によっても大きく変わります。当院では手術時間の1/3から1/2程度を傷口の縫合にあて、極めて丁寧に縫合しておりますので、一般的なクリニックよりも回復ははるかに早いでしょう。
特に耳の前側の傷口は早期に目立たなくなります。

フェイスリフトどのくらい効果がありますか

一般的には10年前に若返ると言われておりますが、やはり、タルミの程度によって効果の感じ方が変わります。タルミの程度が強ければ強いほど効果の実感は高いと言えます。

フェイスリフト何度もできますか

タルミがある限り何度でも行う事が出来ます。しかし、一度しっかりとしたフェイスリフトの手術を受けると、長期間の効果がありますので、数か月や数年のスパンではなく、10年単位での手術にはなるかと思います。
逆にフェイスリフトのご手術で術後、数か月程度で効果の実感がなくなるような状態は、正しい手術がなされていないことも考えられます。

フェイスリフトすぐに戻ってしまいませんか

しっかりとしたフェイスリフトの手術が行われているのであれば、効果がすぐに戻るという事はございません。しかし、正しい手術が行われていない場合は、効果がすぐになくなったり、効果を感じなかったりすることもあるようです。正しい手術かどうかを判別するにはいくつかのポイントがあります。一つ目は手術時間です。当院ではより傷口の回復を早める為に、極めて丁寧に縫合しておりますので5時間程度の手術時間を要します。しかし、傷口の縫合の丁寧さを差し引いても3時間程度はかかる手術になります。「1時間くらいで終わりますよ」と説明を受けた場合は、省略された手術の可能性もございますのでご注意ください。もう一つは傷口の箇所です。フェイスリフトでしっかりとした効果を出すためには、髪の毛の中(コメカミ上後方部)~耳の前~耳の後ろ~髪の生え際(耳後下部)の傷が必要になります。しかし、ミニリフト等の名前で手軽さや傷の少なさを売りにして、実際は効果の乏しい手術を勧めるクリニックもあるようです。当院では必要最小限で効果を十分に出すことかできる傷口で手術を行っておりますのでご安心ください。
少なくとも上記2点を確認されて頂ければと思います。

フェイスリフト傷口が小さくて済む方法があると聞いたのですが。どのような方法ですか。

一部のクリニックで傷口を少なくする不十分で簡略化した手術が紹介され、あたかも素晴らしい手術のように謳われているのを見かけます。フェイスリフトの手術は皮膚を引き上げたい皮膚を切り取るだけでは効果は出ません。ホームページのフェイスリフトの項目に詳しく説明しておりますが、当院でも正しい効果を出すための必要最低限の傷口で手術を行っております。傷口の大きさを気にするあまり、効果の出ない治療をすることが無いようにしましょう。

フェイスリフトミニリフトとはどのような手術ですか

一般的にミニリフトと呼ばれるフェイスリフトは、傷口を短くしたフェイスリフトをさすことが多いかと思います。傷口が短いというのは聞こえは良いように思われますが、手術の効果はほとんど感じられないか、もしくは、早期に効果が消失します。フェイスリフトの手術で大切なのは余った皮膚を切り取ることではありません。詳しくはホームページのフェイスリフトの項目をご覧いただき、傷口は短いけど効果が感じられないようなご手術を受ける事がないようにしましょう。

フェイスリフトSMAS法とはどのような手術ですか

従来のフェイスリフトの手術はタルミを引き上げたい部分の皮膚を剥離し、余った皮膚を切り取る手術でした。しかし、その手術方法では、術後すぐはタルミがなくなったように見えても、早期にタルミが現れる事が問題とされていました。この原因は皮膚の伸縮性にあります。当たり前ですが、私たちの顔は全面が皮膚に覆われております。タルミが気になる部分の皮膚を切り取ったとしても、他部位から皮膚が伸びてきて同じようなタルミが出てきてしまいます。そこで開発されたのがSMAS法と呼ばれる手術法です。SMASとは頭部、こめかみ、首の表面の筋肉や筋膜と連続して繋がっている組織で、皮膚よりも伸縮性が少ない組織です。この伸縮性が少ない組織を皮膚と同時に引き上げることで、皮膚を引き上げるだけの従来の手術とは違って、後戻りの少ない手術を実現する事が出来ました。
しかし、SMAS法は効果は抜群に高いですが、従来の手術よりも技術や経験、時間を必要とする手術ですので、簡略化した手術を好む医師には敬遠されていることも事実です。
当院では、手術を行うのであれば最大限効果の高い手術を行う事が良いと考えておりますので、このSMAS法を実践しております。

フェイスリフト糸で引き上げる方法があると聞いたのですが、どのような手術ですか

本来のフェイスリフトの手術では、将来的にはほとんど気にならなくはなると言っても、どうしてもお顔にメスを入れる必要があります。やはり、お顔にメスを入れる事は患者様にとってはとても勇気がいる事でしょう。この患者様の心理を逆手にとって、メスを使わないフェイスリフトとして考案されたのが、糸でタルミを引き上げる手術です。しかし、この手術は多くの問題点もございます。まずは後戻りの問題です。糸で引き上げる手術は術直後から後戻りを始め、術後早期にタルミが解消された実感がなくなります。数年間は持続すると謳っている広告もありますが、実際はもって数か月というのが真実です。
次に、皮膚の引きつれです。皮膚を切り取らずにタルミを改善させるという事は、タルミ部分の余った皮膚はどうなるのでしょうか。切り取られていない皮膚は、どこかに引きつれとして残ることになります。多くは髪の毛で隠れる部分に余った皮膚を寄せることになりますが、一生このままででは明らかに不自然です。この引きつれは数か月で元に戻るのですが、ヒキツレ部分に集められた皮膚がなくなってしまうという事は、当然引き上げたタルミも元に戻ってしまうのです。
とてもトラブルが多い施術になりますので、ご希望の患者様はしっかりと熟考されたうえでご判断ください。

フェイスリフトフェイスラインの脂肪吸引とフェイスリフトはどちらが小顔に見えますか

患者様のお顔の状態によってどちらが効より効果が出るかは変わってきます。タルミを気にされておらず、脂肪量が多い場合はもちろん脂肪吸引が効果的です。タルミを気にされていて、脂肪が少ない患者様は脂肪吸引の効果はないと言えるでしょう。タルミを気にされている患者様が脂肪吸引をすると、よりタルミが気になる可能性もございますのでそのような場合は、カウンセリングにてお伝えしております。
また、当院のフェイスリフトは効果を高める為に、同時にフェイスラインの脂肪吸引も行っておりますので、タルミの改善と同時に脂肪も減らす事が出来ますので、タルミと脂肪の厚みを両方気にされている患者様にはとても良い手術となります。

フェイスリフト若い人でも効果はありますか

フェイスラインのタルミがある患者様であれば、ご年齢は関係なく効果を感じて頂く事が出来ます。若いほうがかえって支持組織が強固なため、効果の持続期間が長いといった考え方もあるほどです。