1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. 美肌・美容点滴
  4. 高濃度ビタミンC点滴に関するご質問

よくあるご質問

高濃度ビタミンC点滴に関するご質問

高濃度ビタミンC点滴検査で判定が必要なG6PD欠損症という病気について詳しく教えてください。

G6PD欠損症(グルコース6リン酸脱水素酸素欠損症)とは、赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により、溶血(赤血球が破壊される) が起こる病気です。数千人に1人と言われている先天性遺伝性疾患です。
G6PD活性が低下している方が、高濃度ビタミンC点滴を血管内に投与すると、溶結性の貧血を起こす危険性がございます。その為、当院では高濃度ビタミンC点滴25g以上を受けられる場合、G6PD採血検査を必ず受けていただくようお願いしております。

高濃度ビタミンC点滴高濃度ビタミンC点滴には抗がん作用があるんですか?

2005年にアメリカの国立健康研究所や国立ガン研究所、国立食品医薬品局の科学者たちの共同論文でビタミンCの大量点滴療法がガンに有効であると報告されて以来、高濃度ビタミンC点滴は抗ガンの治療の一つとして注目されています。
また、抗がん剤の副作用を軽減する効果も有ります。

高濃度ビタミンC点滴25gで約1時間の施術時間とのことですが、もっと短いお時間でお願いできますか?

時間をかけて少しずつ点滴したほうが、血中濃度を高く保てるので、より美肌・健康に効果が高くなります。
また、点滴の速度をあげると血管に痛みを感じる場合もあります。
そのため、当院ではより効果が高く、患者様にもご負担の少ない速度で点滴させていただいております。

高濃度ビタミンC点滴サプリなどで沢山ビタミンCを摂るのと、点滴で摂るのとでは効果は同じですか?

点滴の場合は栄養素が直接血管から全身にいきわたり、直ぐに効果が実感できます。経口摂取の場合、消化管から吸収される量には限界がある為、サプリメントなどでビタミンCを大量に摂取しても尿から排出されてしまいます。点滴の方が身体の隅々にビタミンCを届けることができるので、高い効果が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴副作用はありますか?

ビタミンCは正常細胞を傷つける事はないので、副作用は基本的にありません。