よくあるご質問

小鼻縮小(鼻翼を小さくする)に関するご質問

鼻翼縮小手術時間はどれ位ですか?

手術中に小鼻の大きさを確認して頂く時間も十分取ってありますので約1時間位の手術となります。

鼻翼縮小手術の痛みはありますか。

局所麻酔で手術を行いますので、麻酔が終われば術中の痛みはありません。

鼻翼縮小術後の痛みはありますか

術後の痛みはほぼ気にならない程度です。

鼻翼縮小傷口は目立ちますか?

小鼻の付け根から鼻の穴にかけての切開となります。術後1-3か月程度は傷口の赤みがありますが、元々小鼻の周囲は赤い人もおられる部位ですので、目立ちません。気になる場合はメイクで隠していただけます。

鼻翼縮小腫れはありますか

腫れはほぼ気にならない程度です。

鼻翼縮小人にばれることはありませんか?

術後7-9日で抜糸となります。その間は糸がついているため、人にも気付かれると思われます。抜糸の頃には、スッピンでは傷口は軽度の赤みがある程度で、メイクで隠して頂くと、他の人に気付かれないでしょう。

鼻翼縮小お化粧はいつからできますか?

メイクは創部以外であれば術後よりしていただけます。創部のメイクは抜糸(術後7日)の翌々日からとなります。

鼻翼縮小鼻かみはいつからできますか?

鼻をかむ行為は、傷口に負担をかける事になります。抜糸後1週以降から軽いものから始めるようにしてください。

鼻翼縮小団子鼻は治りますか?

団子鼻とは鼻先が丸く大きい状態のことを言います。鼻翼縮小とは大きい小鼻を小さくする手術ですので団子鼻の改善はできません。団子鼻を解消したい場合は鼻尖縮小という鼻先を細くする手術を行う事になります。

鼻翼縮小鼻尖縮小術を同時にできますか?

鼻翼縮小と鼻尖縮小を同時にすることはしておりません。同時にすることで鼻尖部の皮膚の血流が不安定なる事があるためです。

鼻翼縮小プロテーゼ挿入を同時にできますか?

鼻翼縮小と隆鼻術(プロテーゼ挿入術)は問題なく同時に行えます。

鼻翼縮小鼻の外側を切除する方法と、内側を切除する方法がありますが、その違いはなんですか?

鼻翼の張り出しが強く、強い張り出しを小さくする場合は鼻翼を外側から全層で切除して小さくする方法が良いです。内側だけを切除する方法は、鼻孔の横幅を小さくできますが、鼻翼外側の大きさに変化が無いため、鼻翼縮小の効果としては乏しい傾向にあります。また、内側を切除する手術は後戻りが大きいというデメリットもあります。そのため当院の鼻翼縮小は鼻の外側も切除する方法を採用しています。

鼻翼縮小糸で小さくする方法と比べて何か違いはありますか?

鼻翼の張り出しが強く、強い張り出しを小さくする場合は鼻翼を外側から全層で切除して小さくする方法が良いです。内側だけを切除する方法は、鼻孔の横幅を小さくできますが、鼻翼外側の大きさに変化が無いため、鼻翼縮小の効果としては乏しい傾向にあります。また、内側を切除する手術は後戻りが大きいというデメリットもあります。そのため当院の鼻翼縮小は鼻の外側も切除する方法を採用しています。

鼻翼縮小どのくらい変化がありますか

切除する鼻翼の量は調節する事が出来るので、変化の程度も自由に調節する事が出来ます。しかし、度が過ぎると鼻のバランスが崩れ自然とはいえなくなりますので、適量を切除することをお勧めしております。

鼻翼縮小不自然になりませんか

切除量にもよります。切り取り過ぎると、鼻のバランスが崩れ不自然さが出てきます。そのため、自然に見える範囲で切除することをお勧めしております。カウンセリングではどの程度の変化であれば自然かどうかのご提案も行っておりますので、ご安心されてご来院ください。

鼻翼縮小鼻の穴を見えなくしたいのですが、鼻翼縮小術で見えなくなりますか

鼻先の向き(上向き下向き)を変えることはできませんので、見えなくなることはないでしょう。しかし、鼻の穴は小さくなりますので目立たなくなる傾向にはあります。