よくあるご質問

フェイスリフト SMAS法とはどのような手術ですか

従来のフェイスリフトの手術はタルミを引き上げたい部分の皮膚を剥離し、余った皮膚を切り取る手術でした。しかし、その手術方法では、術後すぐはタルミがなくなったように見えても、早期にタルミが現れる事が問題とされていました。この原因は皮膚の伸縮性にあります。当たり前ですが、私たちの顔は全面が皮膚に覆われております。タルミが気になる部分の皮膚を切り取ったとしても、他部位から皮膚が伸びてきて同じようなタルミが出てきてしまいます。そこで開発されたのがSMAS法と呼ばれる手術法です。SMASとは頭部、こめかみ、首の表面の筋肉や筋膜と連続して繋がっている組織で、皮膚よりも伸縮性が少ない組織です。この伸縮性が少ない組織を皮膚と同時に引き上げることで、皮膚を引き上げるだけの従来の手術とは違って、後戻りの少ない手術を実現する事が出来ました。
しかし、SMAS法は効果は抜群に高いですが、従来の手術よりも技術や経験、時間を必要とする手術ですので、簡略化した手術を好む医師には敬遠されていることも事実です。
当院では、手術を行うのであれば最大限効果の高い手術を行う事が良いと考えておりますので、このSMAS法を実践しております。

こちらの質問も読まれています。

しわ・たるみ