よくあるご質問

切開法 部分切開法と全切開法どちらが良いですか?

部分切開法は切開を行う術式で、埋没法と違い切開法の一種です。全切開法の傷口を小さくしたものと言えます。全切開法であれば内部の処理をきちんと行えますが、部分切開法ではこの内部処理が限られた範囲しか施行できません。そのため、全切開と比べて確実性に乏しいと言えます。腫れについても全切開法より術野が小さいため出血が起こった時に止血にとまどり、逆に腫れが強くなることもあります。全切開法と比べて傷の長さが少ないという点では優れているように聞こえますが、切開部とそうでない所の食い込みの程度が違い、不自然さが出る場合があります。もともと上まぶたの傷は綺麗に治る部位でもありますので、全切開か部分切開かの傷の長さは将来的には気になりません。それでも傷を気にされる場合は、部分切開法と言う選択より埋没法を選んでいただくのが最良です。当院で切開法は、確実性を重視して全切開法を採用しております。

目・二重