1. TOP
  2. よくあるご質問
  3. 検査で判定が必要なG6PD欠損症という病...

よくあるご質問

検査で判定が必要なG6PD欠損症という病気について詳しく教えてください。

G6PD欠損症(グルコース6リン酸脱水素酸素欠損症)とは、赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により、溶血(赤血球が破壊される) が起こる病気です。数千人に1人と言われている先天性遺伝性疾患です。
G6PD活性が低下している方が、高濃度ビタミンC点滴を血管内に投与すると、溶結性の貧血を起こす危険性がございます。その為、当院では高濃度ビタミンC点滴25g以上を受けられる場合、G6PD採血検査を必ず受けていただくようお願いしております。

こちらの質問も読まれています。