よくあるご質問

剪除法 術後の注意点はありますか?

剪除法の術後の合併症として代表的なものは、皮下に血液がたまる血腫と呼ばれる状態です。血腫は皮膚壊死のリスクを高める原因にもなります。当院では合併症のリスクを抑えるために、皮膚にドレーンホールという小さな穴を開け血を排出させたり、剥離した皮膚がしっかりくっつくように、アンカーと呼ばれる糸を通常の倍以上かけるなど、様々な工夫をしています。これにより血腫のリスクは今までよりも格段に低下しました。

わきが