よくあるご質問

眼瞼下垂 まぶたの裏から行う眼瞼下垂症の手術がありますが、瞼の表からする方法と何が違うのですか?

瞼の裏から糸で留めるだけの眼瞼下垂を行うクリニックがあるようですが、糸で留めるだけの眼瞼下垂は早期にもとに戻ってしまいますので当院では行っておりません。また、まぶたの裏から切開して行う方法は、皮膚を切開しないため傷が目立ちにくく、魅力的と思われがちですが、実際には様々なデメリットがあります。まず、麻酔の痛みが皮膚よりも痛いですし、目のすぐ傍の手術操作ですので、眼球損傷の可能性が皮膚から行うより危険性があり、患者さんの恐怖も大きくなります。また、術野が狭く血管構造上も出血が多くなるためうまく止血しないと腫れが強く出る事につながります。患者さんも恐怖がありますので、目を閉じて我慢しようとすると、術野がさらに狭まり出血もさらに増え、皮膚アプローチと比べても術後のダウンタイムが伸びるといった悪循環に陥ることも多々起こります。また、麻酔薬が目を開ける筋肉である眼瞼挙筋やミュラー筋に及ぶと目の開きが悪くなるために、術中にしっかり目が開くかどうか、左右差が無いかを判断を誤る可能性があります。さらに、目の裏側から目的の眼瞼挙筋および挙筋腱膜に到達するにはミュラー筋を切開する必要があります。近年、伸展受容器としてのミュラー筋の重要性が注目されているため、ミュラー筋を切らないといけない裏から行う方法を行っているクリニックは少ないのが現状です。もう一点、皮膚からのアプローチであれば、二重を同時に作る事ができますが、結膜アプローチの場合はそれができません。そのため二重作成やライン調整は後日しなければならないという点もデメリットと言えます。以上の理由で当院では、瞼の表から行う眼瞼下垂手術を行っています。

目・二重