1. 美容整形・美容外科(公式)「水の森美容外科」TOP
  2. 診療項目
  3. 痩身・脂肪吸引
  4. クリスクロス法

診療項目:痩身・脂肪吸引

クリスクロス法

脂肪吸引の難しさは、1本のカニューレを使用して均一に脂肪を吸引していく事に難しさがあります。
均一にかつ綺麗に吸引を完成させるためには、医師がクリスクロス法といわれるテクニックをしっかり理解して使いこなす必要があります。

水の森美容外科ではこのクリスクロス法の概念を深く追求して、通常のクリスクロスを更に発展させて完成度の高い脂肪吸引を実現させています。クリスクロス法を説明するにあたり、まず初めに脂肪の構造と、吸引手順を説明いたします。

クリス・クロス法説明図

脂肪層は上図のように、皮下脂肪といわれる層とLFDと言われるドロッとした層に分かれています。
皮下脂肪の構造はクモの巣のような繊維性隔壁に覆われ、その中に脂肪が存在します。LFDはドロッとした脂肪のかたまりです。
脂肪吸引ではLFDを完全に除去し、皮下脂肪をわずかに残したところで完成となります。皮下脂肪の吸引は難しく、この層の吸引をどの程度出来るかがクリニックや医師の技術差となります。

まずはLFDの吸引です。

クリス・クロス法脂肪吸引カニューレ説明図

上図のように、脂肪吸引を行うカニューレは下側に穴がついています。浅い部分の皮下脂肪を取りすぎないようにする為にこのような構造になっております。

クリス・クロス法脂肪吸引説明図

医師は皮下脂肪とLFDの層をしっかり見極めて、LFDと言われる脂肪層を完全に吸引していきます。
この際に、脂肪層を見極めることが出来ないと、筋肉を損傷したりすることになります。

次に皮下脂肪層の吸引を行っていきます。
皮下脂肪層は繊維性隔壁の中に脂肪が存在する為、カニューレにより天井側の線性隔壁を少しづつ壊しながら、隔壁内にある脂肪を吸引していきます。
皮下脂肪層を吸引する際には、皮膚の裏側にダメージを与えないように、皮下脂肪層の下側からすこしづつ繊維性隔壁を崩し吸引して薄くしていきます。
凸凹や合併症を防ぐために、皮膚側にわずか脂肪を残した時点で終了となります。このように層を見極めて吸引していく為には、熟練した医師の技術が必要になります。

クリス・クロス法皮下脂肪層の吸引説明図

この皮下脂肪層を、どれだけ安全に吸引出来るかがクリニックによる技術差となります。
決して最新機械を使用したから吸引出来るものではなく、医師の技術により左右されます。
これらの脂肪を的確に除去していく為に、クリスクロス法の熟知や、当院独自のリサーフェイシングを利用して行います。

クリスクロスを使った面の取りムラに対して

クリスクロスを使った面の取りムラに対して説明図

脂肪吸引は1本のカニューレを用いて均一に脂肪を吸引するところに難しさがあります。
図のように1本のカニューレで吸引していく場合には、一方向しか吸引出来ないため、取りムラが出来てしまいます。
その為、左右の創部よりカニューレをクロスさせて吸引していくという方法が、従来からあるクリスクロス法になります。

当院では、クリスクロスを利用して、部位によって繊維層が強く取り残しが出やすい部分に対しては2~4方向からクリスクロスを行う事で面の取りムラをなくしていきます。
これをすべての吸引範囲に応用していく事で、均一な吸引を実現させていきます。

クリスクロスを使った層の取りムラに対して

クリスクロスというのは従来からある脂肪吸引の基本的な吸引テクニックになりますが、これを3次元で利用し層の取りムラが出来ないように応用していきます。

クリスクロスを使った層の取りムラに対して説明図

図のように、カニューレで吸引していく際には角度がついてしまうため、部位によっては皮下の部分の浅い部分の脂肪を取り残してしまいます。層の取りムラが出る部分に関して、3次元でクリスクロスを使用することで層の取りムラをなくし、均一な吸引を実現させています。

上記以外にも、綺麗なボディラインを作るためには、しっかり吸引する部分と、吸引し過ぎてはいけない部分なども見極めながら吸引してきます。

痩身・脂肪吸引の施術料金

ご来院の際に身分証明書のご提示をお願い致します。 ご提示いただけない場合は、正規価格でのご案内となります

【パーフェクト脂肪吸引】 明朗会計への挑戦

施術箇所 価格
脂肪吸引 【腹部】 腹部 (1カ所) ¥239,000
上、下腹部、ウエスト ¥389,000
上、下腹部、ウエスト、腰 ¥499,000
上、下腹部、ウエスト、腰、恥骨部 ¥569,000
脂肪吸引 【太もも】 太もも(1カ所) ¥269,000
太もも(2カ所) ¥388,000
太もも(3カ所) ¥527,000
太もも(全周【臀部含む】) ¥599,000
太もも(全周) ¥532,000
臀部全体 ¥319,000
ふくらはぎ(下腿~足首) ¥319,000
脂肪吸引 【二の腕】 二の腕(振袖・肩の張り出し) ¥237,000
つけ根・背中 ¥125,000
二の腕(振袖・肩の張り出し)+つけ根・背中 ¥299,000
二の腕全周(振袖・肩の張り出し+ひじ上) ¥309,000
二の腕全周(振袖・肩の張り出し+ひじ上)+つけ根・背中 ¥349,000
脂肪吸引 【顔】 顔(1ヵ所) ¥199,000
顔(2ヵ所) ¥259,000
顔(3ヵ所) ¥289,000
背中全体 ¥319,000
胸部 ¥319,000
恥骨部 ¥219,000

※1カ所は左右込みで1カ所となります。

※上記施術代金とは別に、血液検査、圧迫物のお代金が発生致します。

※上記施術代金には、リサーフェイシング法・ドレナージ・スキンプロテクターのお代金が含まれております。

※上記施術代金には、麻酔代・処方薬代・術後の検診代が含まれております。

対象の吸引部位 圧迫物 価格
太もも・ふくらはぎ・お尻・恥骨部 ロングガードル(黒) 3S・SS・S・M・L・LL・3L ¥21,000
ロングガードル(ベージュ) 3S・SS・S・M・L・LL・3L ¥15,000
下腿バンテージ S・M ¥5,000
着圧ストッキング(黒・ベージュ) S・M・L・LL ¥10,000
お腹・ウエスト・腰 ウエストニッパー SS・S・M・L・LL・3L ¥14,000
ウエストニッパー 6L ¥16,000
二の腕・背中全体 上腕バンテージ 3S・SS・S・M・L・LL・3L ¥12,000
お顔 フェイスバンテージ ¥6,960

※圧迫物をご持参していただく事も可能ですが、圧迫が足りない場合は当院の圧迫物をご購入いただいております。

※当院の価格表記は全て税抜きでございます。

注入量の目安 価格
脂肪溶解注射 片手の平サイズ1回 ¥14,000
両手の平サイズ1回 ¥28,000
お得なセット価格 価格
脂肪溶解注射 両手2回セット
2回以上の継続注入をご希望の方は、
セット購入がお得です。
1回目 ¥46,000
2回目 ¥42,000
3回目 ¥38,000
4回目 ¥36,000
5回目 ¥34,000
6回目以降 ¥32,000

※注入部位や患者様のご希望によっては片手の平サイズでの注入も可能です。

※セット消化内での他部位への注入も可能です。

※使用期限はございません。

※毎クール終了後、期間が空いても次クールのセット料金から再開できます。

※ご契約後の途中解約・返金は致しかねます。

※当院の価格表記は全て税抜きでございます。

注入量 価格
BNLS neo 1本(1cc) ¥8,900
BNLS neo 10本セット ¥80,000

※麻酔代・処方薬代・術後の検診代は含まれています。

※カウンセリングは無料です。

※当院の価格表記は全て税抜きでございます。

内服薬 価格
サノレックス(1ヶ月分) ¥19,900
ゼニカル(1ヶ月分) ¥16,900

※当院の価格表記は全て税抜きでございます。

痩身・脂肪吸引の症例写真 ※複数の施術を同時に行っている場合もあります。

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

BEFORE

AFTER

コンテンツ痩身・脂肪吸引TOP

痩身・脂肪吸引のよくあるご質問

回答者: 水の森美容外科
総院長 竹江 渉


クリスクロス法

クリスクロス法

脂肪吸引の難しさは、1本のカニューレを使用して均一に脂肪を吸引していく事に難しさがあります。
均一にかつ綺麗に吸引を完成させるためには、医師がクリスクロス法といわれるテクニックをしっかり理解して使いこなす必要があります。

水の森美容外科ではこのクリスクロス法の概念を深く追求して、通常のクリスクロスを更に発展させて完成度の高い脂肪吸引を実現させています。クリスクロス法を説明するにあたり、まず初めに脂肪の構造と、吸引手順を説明いたします。

クリス・クロス法説明図

脂肪層は上図のように、皮下脂肪といわれる層とLFDと言われるドロッとした層に分かれています。
皮下脂肪の構造はクモの巣のような繊維性隔壁に覆われ、その中に脂肪が存在します。LFDはドロッとした脂肪のかたまりです。
脂肪吸引ではLFDを完全に除去し、皮下脂肪をわずかに残したところで完成となります。皮下脂肪の吸引は難しく、この層の吸引をどの程度出来るかがクリニックや医師の技術差となります。

まずはLFDの吸引です。

クリス・クロス法脂肪吸引カニューレ説明図

上図のように、脂肪吸引を行うカニューレは下側に穴がついています。浅い部分の皮下脂肪を取りすぎないようにする為にこのような構造になっております。

クリス・クロス法脂肪吸引説明図

医師は皮下脂肪とLFDの層をしっかり見極めて、LFDと言われる脂肪層を完全に吸引していきます。
この際に、脂肪層を見極めることが出来ないと、筋肉を損傷したりすることになります。

次に皮下脂肪層の吸引を行っていきます。
皮下脂肪層は繊維性隔壁の中に脂肪が存在する為、カニューレにより天井側の線性隔壁を少しづつ壊しながら、隔壁内にある脂肪を吸引していきます。
皮下脂肪層を吸引する際には、皮膚の裏側にダメージを与えないように、皮下脂肪層の下側からすこしづつ繊維性隔壁を崩し吸引して薄くしていきます。
凸凹や合併症を防ぐために、皮膚側にわずか脂肪を残した時点で終了となります。このように層を見極めて吸引していく為には、熟練した医師の技術が必要になります。

クリス・クロス法皮下脂肪層の吸引説明図

この皮下脂肪層を、どれだけ安全に吸引出来るかがクリニックによる技術差となります。
決して最新機械を使用したから吸引出来るものではなく、医師の技術により左右されます。
これらの脂肪を的確に除去していく為に、クリスクロス法の熟知や、当院独自のリサーフェイシングを利用して行います。

クリスクロスを使った面の取りムラに対して

クリスクロスを使った面の取りムラに対して説明図

脂肪吸引は1本のカニューレを用いて均一に脂肪を吸引するところに難しさがあります。
図のように1本のカニューレで吸引していく場合には、一方向しか吸引出来ないため、取りムラが出来てしまいます。
その為、左右の創部よりカニューレをクロスさせて吸引していくという方法が、従来からあるクリスクロス法になります。

当院では、クリスクロスを利用して、部位によって繊維層が強く取り残しが出やすい部分に対しては2~4方向からクリスクロスを行う事で面の取りムラをなくしていきます。
これをすべての吸引範囲に応用していく事で、均一な吸引を実現させていきます。

クリスクロスを使った層の取りムラに対して

クリスクロスというのは従来からある脂肪吸引の基本的な吸引テクニックになりますが、これを3次元で利用し層の取りムラが出来ないように応用していきます。

クリスクロスを使った層の取りムラに対して説明図

図のように、カニューレで吸引していく際には角度がついてしまうため、部位によっては皮下の部分の浅い部分の脂肪を取り残してしまいます。層の取りムラが出る部分に関して、3次元でクリスクロスを使用することで層の取りムラをなくし、均一な吸引を実現させています。

上記以外にも、綺麗なボディラインを作るためには、しっかり吸引する部分と、吸引し過ぎてはいけない部分なども見極めながら吸引してきます。

この施術に関しては、 名古屋院大阪院東京銀座院東京新宿院 で実施しております。

痩身・脂肪吸引

診療項目