福岡院院長 金子 貴則 インタビュー

医師を志したキッカケと福岡院院長就任への意気込み

SHARE

医師を志したキッカケと福岡院院長就任への意気込み

水の森美容外科 福岡院院長 金子 貴則

平成30年 大阪医科大学医学部 卒業
平成30年 市立ひらかた病院
令和2年 水の森美容外科 入職

BOTOX VISTA 認定医
ジュビダームビスタ認定医
日本救急医学会 ICLS 修了
日本美容外科学会(Jsas)正会員
日本美容外科医師会 会員

text by水の森編集部

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

この度、水の森美容外科が九州進出を果たしました。
初の九州エリア、福岡院院長に抜擢されたのは金子貴則医師です。
院長就任に伴い、医師を志した理由から、開院の意気込みまでを一通り取材させていただきました。
是非お楽しみください!

小学生の頃に経験した緊急手術が今に繋がる

まずは、福岡院院長就任、誠におめでとうございます!

金子ありがとうございます!

福岡院について早速いろいろ聞かせていただきたいのですが、その前にまず、金子先生が医師を志した理由からお聞かせいただけますか?

金子小さい頃の将来の夢はプロ野球選手だったんですが、小学校五年生の時に虫垂炎を発症して緊急手術をすることになりました。手術は無事成功し、症状がなくなって元気になった僕はその時に初めて「お医者さんってかっこいい!」と思い、医師という仕事を意識し始めました。

そんなご経験があったとは初耳です。
そして、幼い頃プロ野球選手になりたかったところから、今もずっと野球がお好きなんですね!

金子はい。でも、中学生の時にプロ野球選手は無理だと悟ったので(笑)その頃には医師になりたいという思いが強くなっていったと思います。そして、ちょうどその時分に粉瘤の手術を受けたんです。小学生の緊急手術の時とは違って余裕もあったし、局所麻酔だったので、手術ってこんな感じなんや!手術室ってこんなんなんや!という感想を持ちました。それと共に手術への興味も深くなり、いつか手術をしてみたい!外科医になりたい!って。そこで医学部に行くことを決意しました。

なるほど。それから医学部に進み、家庭教師の経験をきっかけに美容外科医を志したのですね!

金子そうですね!美容外科医を志した理由については、動画がありますので是非そちらをご覧いただければと思います。

1 2 3 4

医師を志したキッカケと福岡院院長就任への意気込み

福岡院院長 金子 貴則 インタビュー

医師を志したキッカケと福岡院院長就任への意気込み

SHARE