たるみ・クマを根本から治すなら

ハムラ法
(目の下のたるみ取り)

無料カウンセリング予約はこちら

こんな方におすすめ

  • 目の下にたるみ・ふくらみがある方

  • 目の下にクマがある方

  • 術後、たるみやクマの再発を避けたい方

  • 目元の老けた印象で悩んでいる方

目の下のたるみ取りとは

加齢や骨格の影響(中には遺伝)などによって、眼球の周りについている脂肪が目の下から突出することで、目の下のたるみや膨らみが生じてしまいます。
目の下のたるみ取りは、原因となる脂肪を適切に処理し、たるみや膨らみを解消する治療法です。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真①

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の料金・リスク・副作用

施術費用
¥394,900(税込)
リスク・副作用
【目の下の圧迫固定】・・・3日間
【痛み・熱感】・・・1週間程度
【傷口の赤み】・・・3ヶ月程度

RESERVE無料カウンセリング・
来院予約

当院ではカウンセリングは医師が行います。
初診料・診察料などは一切不要ですので、お気軽にご相談ください。

目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因

上の図と合わせて、目の下のたるみ(脂肪)が出てくるメカニズムについてご説明していきます。

まず、眼窩(がんか)と呼ばれる部分に眼球が収まっています。
眼球を保護するためにクッションとして眼球脂肪がついています。そして眼輪筋と呼ばれる筋肉が、通常は眼窩脂肪を出てこないように抑えている状態です。

しかし、加齢による影響など眼輪筋の機能が弱まると、眼窩脂肪を抑える力も弱まり、前に出てきてしまうことで目の下のたるみや膨らみにの原因になります。また、眼球の下には骨が凹んでいる部分があるため、クマの原因にもなります。

一方で、10代など若い方で目の下が突出してくるようなケースもあります。
その場合は加齢によるものではなく、遺伝などによって元々眼窩脂肪が滑り落ちてきやすいことが多いため、若い方でも生じる可能性があります。

目の下のたるみ取りはハムラ法

目の下のたるみ取りの治療方法にはいくつかありますが、当院では特にハムラ法をおすすめしています。

目の下のたるみや膨らみには、いくつかのパターンがあります。それぞれ原因が異なりますが、全てを根治できる治療法がハムラ法なのです。

竹江渉総院長がハムラ法についてわかりやすく解説しています!
ぜひ、こちらの動画もご覧ください!

通常の状態

通常の状態

先述の通り、眼球は眼窩と呼ばれる骨の空洞に収まっています。眼球の周りには脂肪がついており、眼球を保護するクッションの役割をしている状態です。

また、脂肪が滑り落ちないように、眼輪筋と呼ばれる筋肉が抑えています。

パターン1 50代以上に多いケース

50代以上に多いケース

こちらは、50代以上に多いケースです。
皮膚と眼輪筋が加齢と共に緩んでしまい、皮膚が余ってたるんできます。

この場合、年齢を重ねても脂肪が突出してこない場合もありますが、皮膚と筋肉は緩んできます。

パターン2 30代~40代に多いケース

30代~40代に多いケース

30~40代に多いケースです。
重力によって瞼の上の脂肪は、奥に凹んでいきます。それに関連して、目の下の脂肪は図のように前方に飛び出てしまいます。
この飛び出た脂肪の膨らみが、たるみに見えてしまうのです。

また、突出した脂肪の下が影になり、クマのように見えることもあります。老化や疲れによるものと思われがちでもあります。

パターン3 パターン1とパターン2が合わさったケース

パターン1とパターン2が合わさったケース

パターン1とパターン2が合わさったケースです。
パターン1のように皮膚や筋肉が緩んだ状態になり、加えてパターン2のように目の下に脂肪が突出も生じます。

持続効果の無い治療

先述の通り、ハムラ法は目の下のたるみを根治でき、再発のリスクも軽減できる治療法です。

目の下のたるみ取りには他にも治療法がありますが、持続効果の無いものやおすすめできないものがあります。

01目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)

まず、目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)です。
施術の方法は、目の裏側を切って裏側から脂肪を取り除くというものです。
「切らない脂肪取り」などといった宣伝で、表側に傷がつかないことをメリットに、傷跡に抵抗のある方に訴求されています。

目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)

ただ、目の下の脂肪取り自体あまり精度の高い施術ではないため、以下のようなリスクも生じます。

・将来的に再発する可能性
・再配置する脂肪が無くなり、ハムラ法が受けられなくなる可能性
・たるみやシワがより一層目立つ可能性
・目の下の凹みは解消されない

そのため、目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)は慎重な検討が必要です。

02脂肪注入

脂肪注入は、切開に抵抗のある方がよく選択される施術法で、脂肪を注射で目の下のくぼみに入れていく方法です。
しかし、脂肪注入後の脂肪の定着率は約30%と言われています。
注入後すぐは、くぼみが埋められた印象ですが、徐々に減少してしまい十分な効果が得られない可能性が高いです。

脂肪注入

当院の場合、目の下のくぼみへの注入に関しては、ヒアルロン酸を推奨しています。ヒアルロン酸注射は、注入量を微調整することができるためです。

03レーザー治療

サーマクールやハイフなど、たるみを引き締めるレーザー治療は一時的に脂肪に熱を加えてたるみを改善する治療です。治療後の効果はあるものですが、時間の経過とともに再発するため間隔をあけて繰り返し治療が必要になります。そのため、永続的に治療し続けなければなりません。

04PRP治療

自身の血小板を注入する事でコラーゲンが増生され、しわやたるみに効果があるという治療です。レーザー治療同様、コラーゲンが増生されるのも一時的な事なので、永続的に続ける必要があります。また、効果に個人差はありますが、その金額に対し効果を感じづらい治療です。

05ヒアルロン酸パッチ(マイクロニードルパッチ)

美容成分で作られた小さな針がパッチと一体化しており、目の下に貼ると美容成分で目の下のたるみ・クマに効果があるというものですが、スキンケアの一部として使用するものであり、眼窩脂肪の膨らみによるクマや窪みの影クマについては効果はほぼないといえるものでしょう。

ハムラ法
(目の下のたるみ取り)の
施術方法

ハムラ法とは、たるみ(ふくらみ)の原因となる脂肪をくぼみへ移動させ、目の下をフラットな状態に整える治療法です。「脂肪再配置術」とも言われくぼみ部分へ固定し、脂肪が将来的に再度垂れ下がったとしても再発のリスクが少ないのが特徴です。

また脂肪再配置と合わせ、余分な皮膚も切除するため皮膚のたるみのある方にも効果的な治療です。

ハムラ法(目の下のたるみ取り)の施術方法

上の図のように、前方に突出してしまった脂肪を目の下の凹み(くぼみ)部分へ移動させます。よって、たるみ(膨らみ)と凹み(くぼみ)が解消され、滑らかな状態になります。

ハムラ法のメリット

  • たるみやシワをまとめて改善できる
  • 脂肪が繋がっているのでフラットな状態
  • 脂肪を固定しているので、再発のリスクが低い

筋皮弁法や裏ハムラ法の違い

筋皮弁法

筋皮弁法は、加齢によって皮膚や筋肉が緩んでしまった際に用いられる施術方法です。

下瞼ギリギリの部分(下睫毛の下)を切開して、皮膚と眼輪筋の間を剥離していきます。その後、眼輪筋を眼窩の下部分まで剥離していきます。
そして、余っている皮膚や眼輪筋を切除して、縫合します。

ハムラ法が開発されるまで、筋皮弁法の過程で余分な脂肪を除去する程度でしたので、目の下のたるみ取りとしては不十分であり、目の上部から脂肪が落ちてきて再発のリスクもありました。

裏ハムラ法

裏ハムラ法(経結膜下ハムラ法)はハムラ同様、目の下のたるみの治療法で、たるみの原因となる突出した脂肪を、下まぶた裏側(経結膜側)からクボミ部分に固定(再配置)し目の下の凸凹を平らなフラットな状態にする治療法の一つです。

ハムラ法との違いは、皮膚の表面ではなく下まぶた裏側(経結膜)から脂肪を再配置を行います。
そのため、ハムラ法に比べて傷跡は目立ちにくくなるメリットがあります。
一方で、たるみやクマの原因が脂肪だけでなく皮膚にもある場合は、裏ハムラ法だと効果が低くいとされています。

施術の流れ

01

カウンセリングの内容をもとに最終シミュレーションをと点眼麻酔をします。
その後、マーキングと局所麻酔を行います。

02

下まつ毛の生え際ギリギリを切開します。

03

切開後、皮膚を剥離します。

04

涙袋(眼輪筋の一部)を残した状態で、眼輪筋と脂肪の間を剥離します。

05

眼窩脂肪を切開し、必要に応じて余分な脂肪を切除します。

06

目の下の骨のくぼみに、脂肪と隔膜を再配置して固定します。

07

1度患者様にも状態をご確認いただき、余った皮膚を切除します。

08

切開した部分を縫合します。

09

完成です。
術後1ヶ月ほどで傷跡も自然になじみ、術後3ヶ月でほぼ完成の目安となります。

REASON

当院が選ばれる理由

その1

自然な仕上がりと確かな変化を両立

目の下のたるみや膨らみ、クマなど患者様のお悩み解消のため細かく丁寧に1人ひとりの骨格や皮膚の状態などを確認しつつ、確かな技術を持った医師が理想の仕上がりに近づけていきます。

自然な仕上がりと確かな変化の両立

その2

確かな知識と技術・経験を
持った医師が対応

当院では、解剖学を熟知した医師がしっかり施術時間を確保し、丁寧に行いますのでご安心ください。患者様の理想の仕上がりを実現し、ダウンタイムをなるべく最小限に抑えるためカウンセリングとシュミレーションに忠実で、確実な施術を進めて行きます。

確かな知識と技術・経験を持った医師が対応

その3

ダウンタイムを短く、
職場復帰を早める工夫

・腫れを抑え回復を早める、麻酔と止血
切開し内部処理までしっかり行うと、どうしても腫れや赤みは生じます。
そこで、当院では痛みを抑えながら麻酔量を最小限に抑えることで、術後の腫れを抑える工夫をしております。
・術後の検診は何度でも無料
当院では、術後3ヵ月目の完成までしっかりアフターフォローを行います。
術後1か月検診・3か月検診に加えて、ダウンタイム中のご不安なこと、ご心配なことなどがあれば無料で何度でも検診を受けることができます。
お気軽にご相談下さい。

ダウンタイムを短く、職場復帰を早める工夫

RESERVE無料カウンセリング・
来院予約

当院ではカウンセリングは医師が行います。
初診料・診察料などは一切不要ですので、お気軽にご相談ください。

カウンセリング・
施術の流れ

ハムラ法のカウンセリング~施術~ダウンタイムまでの完全密着動画です。
施術をご検討されている方は、ぜひご覧ください。
※一部、施術中の映像が流れますので苦手な方はご注意ください

ご予約・カウンセリング

01

ご予約

当院の無料カウンセリングは完全予約制です。ご希望のお日にちにて、メール・お電話からご予約ください。

ご予約

02

医師との無料カウンセリング

受付後、医師とのカウンセリングに入ります。患者様のお悩みやご希望をお伺いします。
ハムラ法施術のメリットやデメリットなどをお伝えしていきます。

医師との無料カウンセリング

03

カウンセラーによるお手続き

医師とのカウンセリング後、聞きそびれたことやご不明な点をカウンセラーがお伺いします。施術をご希望の場合は、そのままお手続きを行います。

カウンセラーによるお手続き

施術当日

04

洗顔

まずは洗顔にご案内いたします。
メイクをされている場合は、こちらでメイクオフしていただきます。
また、コンタクトレンズとアクセサリーも全てお外しください。
(やむを得ない理由で外せない場合はご相談ください)

洗顔

05

デザイン

事前に行なったカウンセリングの内容を元に施術を行います。
局所麻酔を使用しますが、注射の痛みに弱い方はオプションとして笑気麻酔をおつけいただけます。
高い技術を持つ医師のみが施術を担当しますのでご安心ください。施術にかかる時間は約120分程度です。

施術

06

施術

事前に行なったカウンセリングの内容を元に施術を行います。
局所麻酔を使用しますが、注射の痛みに弱い方はオプションとして笑気麻酔をおつけいただけます。
高い技術を持つ医師のみが施術を担当しますのでご安心ください。施術にかかる時間は約120分程度です。

施術

07

終了・ご帰宅

術後、パウダールームへご案内しますので、準備ができましたらご帰宅いただきます。
施術当日にメイクはできませんので、ご注意ください。

終了・ご帰宅

08

術後の圧迫固定

腫れや内出血を最小限に抑えるため、目の下をガーゼとテープで圧迫固定します。
また、目の下の傷に黒い糸がつきます。
サングラスや深めの帽子をご持参いただくことをおすすめします。

術後の圧迫固定

圧迫固定は、マスクを着用することでカバーすることができます。

術後の圧迫固定

ダウンタイム・
アフターケア

ダウンタイム・アフターケアについて

ハムラ法(目の下のたるみ取り)術後の経過

ハムラ法の術後は、腫れや内出血を抑えダウンタイムを最小限にするため術後3日目まで圧迫固定を行います。
外出時などマスクでカバーすることができます。
術後5日目に抜糸を行い、以降腫れや傷跡、赤みは徐々に落ち着き1ヶ月ほどでほとんど気にならない程度になります。個人差もありますが、3ヶ月が完成目安となります。

術後の経過

術後の経過 術後3日目

術後3日目

術後の経過 術後5日目

術後5日目

術後の経過 術後7日目

術後7日目

術後の経過 術後14日目

術後14日目

術後の経過 術後1ヶ月

術後1ヶ月

術後の経過 術後3ヶ月

術後3ヶ月

施術当日<ご来院>

術後の圧迫固定
患部の状態
症状
腫れや内出血を最小限に抑えるため、目の下にガーゼとテープで圧迫固定します。
目の下の傷に黒色の糸がつきます。
アフターケア 痛みに対しては、痛み止めでコントロールしてください。
処方箋 抗生剤・痛み止め・点眼薬・軟膏
清潔 シャワーを浴びることができますが、圧迫の固定を濡らさないようにしてください。
洗顔はできませんので、濡れタオルなどで清拭してください。
アイメイク以外のメイクが可能となります。
(ふき取りメイク落としを使用してください)
日常生活 入眠時は頭を高くして寝て頂く方が腫れの軽減になります。
注意点 痛みや熱感が強い場合には、アイスノンで冷やしてください。
飲酒は1週間は控えめにしましょう。

術後3日目(ご来院・圧迫除去・検診)

術後の経過 術後3日目

目の下の圧迫除去と、血腫ができていないか確認をさせていただきます

清潔 ガーゼ圧迫を外してからは水洗いの洗顔が可能となります。

術後5日目(ご来院・抜糸)

術後の経過 術後5日目
患部の状態
症状
傷の状態も落ち着いてきます。
清潔 抜糸後翌日から石鹸を用いた洗顔、コンタクトの装着、浴槽入浴が可能となります。

術後1ヶ月(ご来院・検診)

術後の経過 術後1ヶ月
患部の状態
症状
より自然な感じになります。
傷口の赤味も時間の経過と共に目立たなくなり、3ヶ月でほぼ落ち着きます。

術後3ヶ月(ご来院・検診)

術後の経過 術後3ヶ月
患部の状態 ほぼ完成となります。

ハムラ法(目の下のたるみ取り)のダウンタイムについて
こちらでも詳しく解説しています

詳しくはこちら

ハムラ法の傷跡について

目の下の傷跡はとてもキレイに治る部分ですので傷はほとんどわからなくなります。
ただし、切開部は1ヶ月から3ヶ月程、軽い赤みがあります。
7日目よりメイクが可能ですので、1週間程度の休みがあるとよいでしょう。

ハムラ法の症例写真

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真②

名古屋院

西川陽平

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の下の膨らみが二段になっており、お顔全体の印象としては疲れているように感じられます。術後のはぷっくりとした涙袋の下はフラットな状態となり、お顔の印象も明るく、優しい印象へ変わられました。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真③

総院長

竹江渉

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の下に大きなふくらみがありますが、術後は自然でフラットな状態となり、お顔の印象も疲れ顔から明るく変わられました。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真④

大阪院

里輝幸

医師の詳細はこちら

医師のコメント

脂肪の突出による目の下のクマがなくなり、明るい印象の目元になりました。男性にもおすすめの施術です。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真⑤

東京銀座院

竹村和紀

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の下の膨らみ・黒クマが気になる男性の患者様です。膨らみが無くなり、若々しく明るい印象になりました。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真⑥

新宿院

鈴木凛

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の下のたるみ・膨らみの解消と余分な皮膚の切除によって、若々しい印象に変化しています。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真⑦

新宿院

鈴木凛

医師の詳細はこちら

医師のコメント

お若い方でも目の下の膨らみが黒クマのように見えてしまうケースがあり、明るくフラットな目元に改善する方法としてハムラ法が適しているケースもあります。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真⑧

東京銀座院

竹村和紀

医師の詳細はこちら

医師のコメント

目の下の膨らみが二段になっており、お顔全体の印象としては疲れているように感じられます。術後のはぷっくりとした涙袋の下はフラットな状態となり、お顔の印象も明るく、優しい印象へ変わられました。

目の下のたるみ取り(ハムラ法)の症例写真⑨

大阪院

里輝幸

医師の詳細はこちら

医師のコメント

こちらの患者様も膨らみが目立っていましたが、傷跡など気にならない自然な仕上がりで改善されています。

ハムラ法施術の料金・リスク・副作用

施術費用
¥394,900(税込)
リスク・副作用
【目の下の圧迫固定】・・・3日間
【痛み・熱感】・・・1週間程度
【傷口の赤み】・・・3ヶ月程度

その他の当院の
ハムラ法の症例写真をご覧いただけます。

東京・名古屋・大阪でハムラ法(目の下のたるみ取り)をお考えの方に
おすすめドクターをご紹介しております!

東京おすすめドクターはこちら

名古屋
おすすめドクターはこちら

大阪おすすめドクターはこちら

RESERVEこの症例を担当した医師に無料で相談ができます!

・当院ではカウンセリングは医師が行います。
・営業行為は一切行いませんのでご安心ください

料金

・施術メニュー・価格は、予告なく変更する場合や取り扱いを中止する場合がございますので、予めご了承ください。

施術部位 回数 料金(税込)
ハムラ法(目の下のたるみ取り) ¥394,900

オプション料金

オプション内容 料金(税込)
笑気麻酔 ¥8,250
クリア糸 ¥16,500

【コラム】ハムラ法(目の下のたるみ取り)で失敗しないための秘訣

ハムラ法(目の下のたるみ・クマ治療)の
よくある質問

監修医情報

医師

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

経歴

平成10年 東京医科大学医学部卒業

平成18年2月 水の森美容クリニック開院

所属学会

日本美容外科学会 正会員

日本美容外科医師会 正会員

麻酔科標榜医

BOTOX VISTA®認定医

ジュビダームビスタ®認定医

ドクターコメント

目の下のたるみとりには、ハムラ法がおすすめです。ハムラ法では、皮膚や筋肉、脂肪を処理することができ、凹みがフラットになるよう脂肪を移動させて自然で若々しい目元を取り戻します。ハムラ法は高い技術を要するため、水の森美容外科では正しい技術を修得した医師がカウンセリングや施術にあたっております。是非一度カウンセリングにお越し下さい。

RESERVE無料カウンセリング・
来院予約

当院ではカウンセリングは医師が行います。
初診料・診察料などは一切不要ですので、お気軽にご相談ください。