1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 鼻プロテーゼ・鼻中隔延長

症例一覧

鼻プロテーゼ・鼻中隔延長

鼻プロテーゼ・鼻中隔延長による症例写真です。プロテーゼの高さと移植軟骨を組み合わせて、綺麗な鼻の形を作り上げることができます。微妙な延長方向のバランスが手術中のポイントです。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

医師のコメント

今回の患者様は鼻の付け根が低く、鼻先が上に向いているのを気にされている患者様でした。その為、鼻の付け根をプロテーゼで高くして、鼻先をご自分の鼻中隔軟骨を移植して鼻先を伸ばす手術を行いました。
HPでも解説しておりますが、鼻中隔延長では、鼻先をどの方向に伸ばすかを調節することが出来ます。
ご自身で鼻を下に引っ張って頂くと分かるかと思いますが、鼻を下方向に伸ばすと鼻先が低くなるかと思います。逆に上方向に鼻を引っ張れば、下には延長できません。
上記の微妙な延長方向のバランスが手術中のポイントにもなります。
今回のケースでは下方向に延長したため、若干鼻先の高さが出にくくなった分、耳の軟骨を採取して、不足した鼻先部分に細くしました。
このように、プロテーゼの高さと移植軟骨を組み合わせて、綺麗な鼻の形を作り上げることができます。

又、鼻中隔延長術では移植軟骨に使う軟骨が議論にもなっております。使用する軟骨には耳の軟骨、鼻中隔軟骨、肋骨軟骨がありますが、当院では一番効果が良く、安全な鼻中隔軟骨を使用することが殆どです。耳の軟骨は採取が容易ですが柔らかいため延長に耐えられず、術後変形のリスクが高いですし、肋軟骨も一定の確率で変形を起こすリスクがあります。鼻中隔軟骨を綺麗に採取するためには高い技術が要するため十分な採取が出来ず効果が低いと言われる医師もおりますが、これは正しく鼻中隔軟骨を採取できないのが理由に挙げられます。
又、軟骨の採取が上手く出来ないため、最近では人工物を利用したり、豚の軟骨を使用したり、死体の軟骨を利用したりなど、様々な試みがなされているようですが、まだまだ問題は多くトラブルの原因にもなっております。移植というのは基本ご自身のものを使う以外に勝るものはございません。