1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 眼瞼下垂

症例一覧

目・二重の症例一覧

眼瞼下垂

眼瞼下垂による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

院長のコメント

今回のモニター様は眼瞼下垂の手術を行った患者様です。
他にも、目の下のたるみ取り(ハムラー法)、鼻プロテーゼ、鼻先修正、フェイスリフトの手術を行っております。
これだけ、組み合わせて行うと劇的に若返りますね。
今回のモニター様は性格もとても優しい方で、若返ることにより、とっても魅力的になったかと思います。
実際にお会いしたほうが、御写真よりも何倍も良く見えます。

さて、このページは目の項目ですので、眼瞼下垂について御説明させて頂きます。
眼瞼下垂というのは目の開きを強くしてあげる手術です。
よく、目力アップの手術として宣伝しているクリニックもありますね。
御写真を見ても、二重の幅自体はさほど変わっていないかと思います。
これでも、めいいっぱい幅を広げているのです。
しかし、広げた以上に目の開きをよくしているため、実際の二重の幅は広く見えていないのです。
鏡を上目づかいで見ると、二重の幅は狭く見えるはずです。
これは目がしっかり開くため幅が狭く見えているわけです。
こう考えると、目の開きと二重の幅の関係が理解しやすいかと思います。

皆様、二重の幅ばかり広くすることに目がいきがちですが、広くしすぎると今度は黒眼があまり見えなくなり眠たそうになったりします。
鏡を下目で見ると、二重の幅は広く見えますが、目が開いていないかと思われます。

やはり、基本は黒眼をしっかり見せるということが大事です。
今回のモニターさまも二重幅は目いっぱい広くしておりますが、年齢的にタルミもあるため、実際の幅はそれほど広くみえておりません。
今くらいがナチュラルで良いかと思いますが、好みによりもう少し幅を広く見せたい場合は、皮膚も切除することで、もっと広い幅に見せる事も可能です。

カウンセリングでは、黒眼の見え具合と、二重の幅の関係などについてわかり易く御説明したうえで、二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂の手術を御提案しております。

患者様も正しい智識を持って、御手術を選択できるかと思います。