1. TOP
  2. 症例写真
  3. しわ・たるみの症例写真【ランキング順】
  4. 目の下のたるみとり(ハムラ法)の症例写真・費用・リスク・副作用

目の下のたるみとり(ハムラ法)

目の下のたるみやクマを気にされてご来院されました。施術前のお写真では、目の下のふくらみがはっきり確認ができ、目立っておりました。施術後では、肌のふくらみがすっきりされお顔の印象がガラっと変わりました。目の下のふくらみがあるかないかでここまで印象が変わるものなのですね。

担当医 : 総院長 竹江渉

ハムラ法 術前

施術前

ハムラ法 術前

術後1カ月目

ハムラ法 術前

施術前

ハムラ法 術前

術後1カ月目

施術費用
394,900円(税込)
リスク・副作用
【目の下の圧迫固定】…3日間
【痛み・熱感】…1週間程度
【傷口の赤味】…3か月程度

院長のコメント

今回の患者様は目の下のタルミを気にされてご来院されました。
目の下のたるみやクマを気にされてご来院される患者様はとても多く、治療法がいくつかあり、 その中から患者様に選択していただいております。
その治療法を簡単に紹介させていただきます。
目の下のたるみのページには図解を用いて説明してありますので、合わせてご参考にしてください。

まず、患者様がタルミ・クマといわれている根本的な原因の一つは眼窩脂肪と呼ばれる脂肪で、 年齢を重ねるごとに目の下に突出したるみのように見えます。この状態は骨格にも影響されますので20代でも起こりえます。
この脂肪が突出した状態をふらっとに見せていくのが目の下のたるみの治療となります。

一番手軽な施術がヒアルロン酸注入です。突出した脂肪の下にはもともと窪みがあり、 その窪みを埋めることで脂肪の突出を目立たなくします。この治療は突出と窪みの程度によって効果が異なりますので、 カウンセリングにて効果の確認をさせていただいております。

脂肪の突出のみを改善する手術が目の下の脱脂と言われる手術です。
ハムラ法より手軽ですが、脂肪の突出のみを改善させるので、窪みが残ってしまうこと・再発しやすい事がデメリットになります。

脂肪の突出も窪みも改善できる治療が、今回の患者様が選択されたハムラ法という手術になります。
突出した脂肪を窪みに移動させ縫いつけてしまうことで、フラットな状態をつくり再発も防げます。

カウンセリングでは図解を用いて丁寧に説明させていただいておりますので、 しっかりと施術の仕組みを理解された上で治療に望む事が出来ると思いますので、お気軽にご連絡ください。

無料カウンセリング・来院予約

当院では無料カウンセリングを行っています。
初診料や診察料は不要ですのでお気軽にご予約くださいませ。

施術を担当した医師情報

医師

総院長 竹江渉

経歴

  • 平成10年 東京医科大学医学部卒業
  • 平成13年 麻酔科標榜医免許取得
  • 平成18年 水の森美容クリニック開院

加盟団体・資格

竹江渉医師写真

施術別 症例一覧