1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 目の下のたるみとり(ハムラ法)

症例一覧

目の下のたるみとり(ハムラ法)

目の下のたるみとり(ハムラ法)による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

院長のコメント

今回の患者様は目の下のたるみを気にされてカウンセリングに来られました。

患者様が手軽さよりも根治を望まれておられたので、ハムラ法のご手術を提案させていただきました。
目の下のたるみを気にされている患者様はとても多く、当院にご来院される前に様々な治療試されている患者様もおられます。
しかし、目の下のたるみに見える原因は眼窩脂肪と呼ばれる脂肪の突出が原因となりますので、 お肌の引き締め治療などは目の下のたるみには全く効果が出ないものもあります。
目の下のたるみのページには図解を用いて説明しておりますので、そちらも合わせてご参考にされてください。

今回は目の下のたるみを気にされている患者様が気をつけるべき効果の出ない治療の一部を紹介します。

1つ目はサーマクールなどのレーザーです。サーマクールはお肌の引き締めには効果がありますが、 脂肪の突出が原因である目の下のたるみには全く効果がありません。

2つ目は血小板治療です。この治療は、ご自身の血小板をシワやたるみが気になるところに注射をすると、 コラーゲンが増成されシワやたるみが改善されるという治療です。
先程のサーマクールと同じように肌にハリが出ても目の下のふくらみには全く効果がありません。
また、この治療は他の部位でもあまり効果が出ないというのが当院の見解です。
逆に、しこりが出来てしまったという患者様もおられますのでご注意ください。

3つ目は金の糸です。この治療も金を埋め込みお肌のコラーゲンを増成し、 たるみに効果があるといわれていますが、上記2つの治療と同じで目の下のふくらみは良くなりません。
また、その他の部位も肌質が良くなるくらいの効果で、リフトアップ効果までは望めないでしょう。

以上3つの治療は目の下のふくらみには効果の出ない治療になりますので、ご注意ください。