1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 二重切開法、目頭切開法

症例一覧

目・二重の症例一覧

二重切開法、目頭切開法

二重切開法、目頭切開法による施術写真です。

施術前(メイクなし)

術後1カ月目(メイクなし)

施術前(メイクなし)

術後1カ月目(メイクなし)

施術前(メイクあり)

術後1カ月目(メイクあり)

院長のコメント

今回のモニター様は二重切開法、目頭切開の手術を受けられた患者様です。
わかりやすくお見せするために、あえてノーメイクでのアフター写真を掲載してみました。

この方は奥二重で、瞼の厚みがあり、蒙古ヒダも強く張っている方でしたので、埋没法よりは切開法の手術の方が良いと思い切開法で二重を作り、更には蒙古ヒダが強かったので目頭切開法を加えました。

瞼の厚みがあるため、あまり幅の広い二重にすると厚みが強く出てしまうので、二重の幅としてはこれくらいがちょうど良い幅だと思われます。
二重とは元来縦に目を大きく見せる事が出来ますが、あまり欲張りすぎると逆に不自然にも見えてしまします。
ある程度、その方に合った幅で二重を作り、それ以上に目を大きく見せたい場合は目頭切開を併用されると良いかと思います。

目頭切開というのは、かぶっている蒙古ヒダを切除する事で、横方向に目を大きく見せる事が出来ます。

二重で目を縦に大きく、目頭切開で横方向に目を大きく見せる事で、最大限にその方の目を大きく見せる事が出来ます。

手術時間は二重切開で50分、目頭切開で40分と合わせて90分程度の手術時間です。
二重切開、目頭切開共に5日目の抜糸になり7日目よりメイクが可能となります。
同時に行えばダウンタイムも一度で済みますので、1週間のお休みで可能であるかと思われます。
勿論、わけて行う事も可能ですので、慎重な方は二重のみ作って、後で目頭切開をする事も可能です。