1. TOP
  2. 症例一覧
  3. フェイスリフト(SMAS法)、エラのボトックス

症例一覧

唇・顎・輪郭の症例一覧
しわ・たるみの症例一覧
ボトックス注射の症例一覧

フェイスリフト(SMAS法)、エラのボトックス

フェイスリフト(SMAS法)、ボトックス注入(咬筋)による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

院長のコメント

今回の患者様はフェイスラインのたるみを気にされてご来院された患者様です。
年々たるみが強くなり解消できる方法を探されていました。

皆様はたるみを解消したいときには、どのような治療をご想像されますか? 美容外科では大きく分けて4つの方法でたるみを解消していきます。

1つ目は今回の患者様が選択されたフェイスリフトという手術です。
フェイスリフトと聞くと抵抗が強い患者様もおられますが、 効果や持続期間を考えますと他の方法と比べて患者様の満足度がとても高い手術になります。

2つ目は糸で引き上げる治療です。
この治療は広告上では手軽な治療として紹介されているので魅力的に感じる患者様も多いようですが、 数ヶ月という短い期間で元に戻ってしまいます。
手軽であってもあまりにも短い期間の持続効果では、長い間たるみを解消するために何度も繰り返さないといけなくなります。
この理由から当院ではあまり推奨していない手術になります。

3つ目はボリュームをつける施術になります。法令線などにヒアルロン酸を注入する施術がこれにあたります。
こけた頬や法令線などにヒアルロン酸等でボリュームをつけてあげると自然で若々しくなります。
しかし、フェイスラインにボリュームをつけるとさらにシャープさがなくなってしまいます。

4つ目にあげるのがサーマクールといわれるレーザーになります。
物理的に皮膚と筋膜を引き上げるフェイスリフトと比べると、効果は劣りますが肌の引き締めに効果的な治療です。

この4つの方法を考えるとフェイスラインにはフェイスリフトかサーマクールを選択されるのが良いことが分かっていただけるかと思います。
アンチエイジングのページにはさらに詳しくお顔全体のお話も説明させていただいておりますのでご参考にされてください。