1. TOP
  2. 症例写真
  3. しわ・たるみの症例写真【ランキング順】
  4. ヒアルロン酸注入(鼻唇溝)の症例写真・費用・リスク・副作用

ヒアルロン酸注入(鼻唇溝)

当院ではシワを埋めるのではなく、皮膚の深い層になるべく持続期間の長い硬さのあるヒアルロン酸を注入する事で、 凸凹にならず自然な仕上がりで持続期間がなるべく長くなるようにしています。 「他院様でヒアルロン酸注入をしたけれど凸凹やミミズ腫れになってしまった」という方や、 「すぐに吸収されてしまった」という方も、当院独自のヒアルロン酸注入をぜひ一度お試しください。

担当医 : 総院長 竹江渉

鼻唇溝ヒアルロン酸注入前(正面)

施術前

鼻唇溝ヒアルロン酸注入後(正面)

術後1カ月目

鼻唇溝ヒアルロン酸注入前斜め

施術前

鼻唇溝ヒアルロン酸注入後斜め

術後1カ月目

施術費用
ヒアルロン酸1本 55,000円+注入料金(税込)
リスク・副作用
【内出血】…1~2週間

院長のコメント

今回の患者様は法令線(鼻唇溝)を気にされてご来院された患者様です。

法令線は20代から70代以上の方まで幅広い年齢の方が気にされてご来院されます。
この患者様のように男性の方も多いのも特徴のひとつといえます。

法令線のヒアルロン酸注入はかなり浸透しているのではないかと思います。
ただし、凸凹になった、ミミズ腫れのようになった、すぐに吸収されてなくなってしまったという話も耳にします。
その原因はヒアルロン酸の注入方法と使う製剤に原因があります。
ホームページのヒアルロン酸のページで図解を用いながら詳しく説明させていただいておりますので、そちらも参考にされてください。

一般的な考え方としてしわがある場合にはシワを埋めて消して欲しいという患者様が多いのですが、 このようにヒアルロン酸を使いシワを消そうとすると、かえって凸凹が目立ったり、ミミズ腫れのようになってしまいます。
そのようなヒアルロン酸の注入方法を採用しているクリニックでは、 凸凹にならないように柔らかいヒアルロン酸を使う事になり、持続時間が短くなります。

当院ではシワを埋めるのではなく、皮膚の深い層になるべく持続期間の長い硬さのあるヒアルロン酸を注入する事で、 凸凹にならず自然な仕上がりで持続期間がなるべく長くなるようにしています。

「他院様でヒアルロン酸注入をしたけれど凸凹やミミズ腫れになってしまった」という方や、 「すぐに吸収されてしまった」という方も、当院独自のヒアルロン酸注入をぜひ一度お試しください。

無料カウンセリング・来院予約

当院では無料カウンセリングを行っています。
初診料や診察料は不要ですのでお気軽にご予約くださいませ。

施術を担当した医師情報

医師

総院長 竹江渉

経歴

  • 平成10年 東京医科大学医学部卒業
  • 平成13年 麻酔科標榜医免許取得
  • 平成18年 水の森美容クリニック開院

加盟団体・資格

竹江渉医師写真

施術別 症例一覧