1. 美容整形・美容外科(公式)「水の森美容外科」TOP
  2. 症例一覧
  3. ヒアルロン酸注入(鼻唇溝)

症例一覧

ヒアルロン酸注入(鼻唇溝)

ほうれい線にヒアルロン酸を注入した30代の患者様の症例です。 ほうれい線が目立たなくなった事で肌ツヤの印象も変わり、若さのあるハツラツとしたイメージになりました。ほうれい線は1?長く伸びただけでも老けの原因にもなってしまいタルミが目立ちやすい部位です。 老化によるタルミが気になりだす40~50代の方だけでなく、20代からもほうれい線のヒアルロン酸注入は大変人気のある施術でございます。

担当医 : 東京新宿院院長 津田智幸

施術前

施術直後

施術費用
製剤代+施術料金6000円(税抜)
リスク・副作用
【内出血】…1~2週間

スタッフコメント

こちらのお写真は、ほうれい線にヒアルロン酸を注入した30代の患者様の症例です。
ほうれい線が目立たなくなった事で肌ツヤの印象も変わり、若さのあるハツラツとしたイメージになりました。

年齢を重ねると共に、加齢によるタルミを気にされる方はたくさんいらっしゃいます。
アンチエイジングの治療はさまざまですが、お身体にメスを入れることなく、注射のみでお手軽に出来るのがヒアルロン酸注入です。

若返りの方法はフェイスリフトなど手術でないと効果が分かりにくいものもありますが、当院ではヒアルロン酸注入でもしっかり効果を出して満足して頂けるように、注入する層やドクターの手技を工夫しております。そのため、このお写真をみて頂ければお分かりになる様に、効果は一目瞭然です。

ほうれい線は1?長く伸びただけでも老けの原因にもなってしまいタルミが目立ちやすい部位です。
老化によるタルミが気になりだす40~50代の方だけでなく、20代からもほうれい線のヒアルロン酸注入は大変人気のある施術でございます。

ほうれい線へのヒアルロン酸注入は、シワを埋めようという感覚で注入されると、凸凹になったり、ミミズ腫れになってしまいます。当院では、そのようなトラブルが起こらないよう、ボリューム形成という概念のもと、硬さのある製剤を真皮深層に注入するため、なめらかに、長期的な持続を実現させます。

どのような方法でアンチエイジングの治療を行えばよいか悩まれている方も、 カウンセリングに来ていただければ、一番良い方法を提案させていただきます。

施術を担当した医師情報

医師

新宿院院長 津田智幸

経歴

  • 平成20年 杏林大学医学部卒業
  • 平成27年 水の森美容外科入職

加盟団体・資格

  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
  • 日本マイクロサーシャリー学会 正会員
  • 日本美容外科学会
  • 日本抗加齢医学会 正会員
  • 日本顔学会 正会員
  • BOTOX VISTA®認定医
  • ジュビダームビスタ®認定医
  • アメリカ心臓学会 ACLS プロバイダー
  • 日本美容外科医師会
津田智幸医師写真