水の森美容外科

  1. TOP
  2. 症例一覧
  3. エラのボトックス

症例一覧

唇・顎・輪郭の症例一覧
ボトックス注射の症例一覧

エラのボトックス

エラのボトックスによる症例写真です。

施術前

術後1カ月目

スタッフコメント

こちらはエラ(咬筋)のボトックス注射の症例写真です。
こちらの患者様は咬筋の張りで、顔が丸く大きく見えている事を気にされておりました。

咬筋にボトックスを注入することで、咬筋を縮小させ、小顔にするというご施術です。
治療も注射を打つだけで5分程度で終わりますし、腫れ等も出ませんので、とても手軽な治療となります。

咬筋の発達度合によりますが、発達している方の場合ですと劇的な小顔効果があります。
当院では顔全体のバランスを医師が確認してボトックスの量を提案させていただきます。

こちらの患者様の場合・・・
本来60単位ほどの量を注入できる咬筋の大きさでしたが、頬骨が張ってらっしゃるため、
エラが目立たなくなると頬骨下あたりがこけた印象になる事をご説明し、50単位のボトックスを打つ事にされました。
2週間程でお顔周りがスッキリした実感が持て始め、3週間目には周囲の方々から「痩せた?」と聞かれるようになりました。と、とてもお喜びいただけました。
実際横に張り出していた咬筋がなくなり、お顔も丸顔というよりも、卵型のスッキリとした輪郭に変わられました。

ボトックスの効果は約1ヶ月程で効果を実感出来ますが永久に続くわけではなく、持続性は約半年となります。
しかし、半年おきに数回繰り返して注入する事で、効果期間も長くなりますし、注入量も少なくて済むようになってきます。

こちらの患者様からは効果をしっかりと実感できたので、次回も是非ボトックス注射を打ちたいとおっしゃっていただけました。
お顔の大きさや、エラの張りが気になる方、ぜひ一度カウンセリングにお越しくださいませ。