1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 【豊胸術】脂肪注入

症例一覧

【豊胸術】脂肪注入

豊胸術(脂肪注入)による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

スタッフコメント

バストアップのご手術方法には当院では3タイプをご案内させていただいております。
1つめは、ご希望の大きさのシリコンを挿入する方法。
2つめは、バストにヒアルロン酸を注入して胸を大きくする方法。
そして、3つめの方法が、ご自身の脂肪をバストに注入する脂肪注入になります。

シリコンのメリットは大きさ・形が自由に選べること。
そして、そのサイズを永久に保てるところになります。
しかし、こちらの方法はご手術になるため、ダウンタイムが必要になります。

その点、ヒアルロン酸注入は、お時間に余裕のない方にもお手軽にお受け頂けるというメリットがあります。
逆にヒアルロン酸の場合、いずれは吸収され、もとの大きさに戻ってしまうということがデメリットといえるでしょう。

最後の脂肪注入法とは、ご自身の脂肪を注入する方法となります。
まず、気になる部分の脂肪吸引から行います。痩せたい部分があり、さらにバストも大きくしたい!というご希望の方には最適な方法かと思います。
脂肪注入法はある程度は吸収されてしまいますが、定着してくれる脂肪もあるので、その分は永久的に持続してくれるのです。

この脂肪注入法をご希望される患者様の多くは、シリコン(異物)を体に入れることに抵抗があるとおっしゃられます。
その点、脂肪注入法ですと、もともとご自身の体の中にあった脂肪を使いバストアップするので、抵抗感が少なく、とても人気のあるご手術方法なのです。
手術は、静脈麻酔で眠っている間に行いますので、ご手術中にお痛みを感じることはありません。
本来、捨ててしまうはずの脂肪をバストに返せたら…そんないいことはありませんよね。

お身体が細くなり、さらにバストが大きくなり、お受け頂いた患者様は大変ご満足されております。
ご自身のスタイルに自信がつき、ビキニにも挑戦してみたいといったお声も多く頂きます。
当院で受けられた手術をきっかけに、コンプレックスを解消していただければ幸いです。