1. TOP
  2. 症例写真
  3. シリコン挿入の症例写真【ランキング順】
  4. 【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)の症例写真・費用・リスク・副作用

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)

豊胸術による施術写真です。

担当医 : 名古屋院院長 西川陽平

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術前

施術前

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術後

術後1カ月目

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術前

施術前

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術後

術後1カ月目

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術前

施術前

【豊胸術】乳腺下法(シリコン200cc)術後

術後1カ月目

施術費用
658,900円(税込)
リスク・副作用
【ドレーン装着】…翌日まで
【腫れ・痛み】…1ヶ月程度
【傷口の赤み】…3~6ヶ月程度
【しびれ】…3か月程度

院長のコメント

今回の症例は胸に豊胸バッグを挿入された患者様になります。
この患者様は、元々胸は大きかったのですが、年齢と共に胸が痩せてきて下垂した胸が気になる、上胸部の痩せた部分にボリュームが欲しいというご希望でした。
豊胸を希望する患者様の中には、胸が小さいことがコンプレックスで手術を希望する患者様もいれば、年齢と共に胸が痩せてきて、胸の下垂や上胸部のボリュームがないことを気にして手術を希望される患者様も少なくありません。
胸の下垂の程度にもよりますが、乳頭の位置が乳房下溝よりも下がっているようなケースでは吊上げ術の適応となりますが、そこまで下垂していないケースでは豊胸のバッグを挿入することで、胸の上部にボリュームがついて下垂した胸も改善されます。

又、豊胸術はバッグの挿入する位置によって2つの方法がございます。
乳腺の下にバッグを挿入する乳腺下法、大胸筋の下にバッグを挿入する大胸筋下法に分かれます。
下垂した胸に対しては乳腺下法の手術適応となります。
今回の患者様のように、ある程度胸のボリュームがあって下垂しているようなケースでは、外から触ってもほとんどバッグが触れる事はなく、本物の胸と区別はつかないかと思います。
同じような悩みの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談頂けると幸いです。

無料カウンセリング・来院予約

当院では無料カウンセリングを行っています。
初診料や診察料は不要ですのでお気軽にご予約くださいませ。

施術を担当した医師情報

医師

名古屋院院長 西川 陽平

経歴

  • 平成18年 弘前大学医学部卒業
  • 平成24年 医学博士号取得
  • 平成24年 水の森美容クリニック入職

加盟団体・資格

西川陽平医師写真

施術別 症例一覧