1. トップページ
  2. 施術部位別の失敗談
  3. お目元
  4. 二重整形のメリットとデメリットを解説!
女性の目

二重まぶたの手術を検討されている方のなかには、埋没法にしようか切開法にしようかと悩まれている方もいらっしゃると思います。今回は、そんな二重埋没法と二重切開法の違いと、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。また、それぞれがどういった方におすすめなのかについても解説しておりますので、是非最後までご覧ください。

二重埋没法はまぶたを糸で留めるプチ整形!ダウンタイムが短く手軽な二重手術

二重埋没法は、二重にしたい位置に糸を掛けて二重の仕組みを作る手術です。メスでの切開を行わない“切らない”二重整形なので、二重手術のなかでは最もハードルが低く、たくさんの方に選ばれている術式です。

二重埋没法のなかでも、糸をかける位置によって、瞼板法や挙筋法などという方法がありますが、水の森美容クリニックでは「瞼板法」を採用しております。

メスを使わないため、基本的には施術日以降にご来院いただく必要はありません。

二重埋没法の仕組み

二重切開法はまぶたを切って永久的な二重を手に入れる手術

切開法は、埋没法のように糸で作りだす二重ではなく、皮膚を切開し繋ぎ合わせて二重の仕組みを作ります。下記の図の、二重にしたい位置BをCに癒着させることで、目を開いた際に皮膚が引き込まれ、二重になります。切開を伴う手術なので、ダウンタイムが埋没法に比べて長い反面、半永久的で戻らない二重瞼を作り出せるのが切開法の特徴です。

二重切開法にも、「二重全切開」と「部分切開」がありますが、当院では部分切開を推奨していないため、全切開のみ取り扱っております。

全切開と部分切開について詳しく知りたい方は、こちらの記事を併せてご確認ください。

また、切開後は創部を糸で縫合するため、基本的には数日後に抜糸が必要です。

二重切開法の仕組み

二重埋没法と二重切開法のメリット

二重埋没法と二重切開法の大まかな違いが分かったところで、それぞれのメリットついて解説していきます。

メリット

二重埋没法のメリット

二重埋没法のメリットは、何といっても「ダウンタイムが短いこと」ではないでしょうか。普段なかなか長期のお休みが取れない方でも、二重埋没法は2~3日のお休みで施術を受けられる方が多くいらっしゃいます。

埋没法のダウンタイムは、2~3日をピークに泣き腫らしたような腫れがあり、1週間で8割完成、2週間で完成です。

ご手術の翌々日からアイメイクができるので、ある程度の腫れや内出血は、メイクで隠していただけるかと思います。

続いて、二重埋没法のメリット2つ目は、「元に戻せること」です。

埋没法の手術をしたものの、やはり元の目元に戻したい!と思った場合には、抜糸をすることで元のお目元に戻すことができます。(埋没から長い年月が経っている場合は、抜糸ができない可能性もあります)

3つ目のメリットは、二重切開法に比べて「価格が安いこと」です。

どのクリニックでもそうなのかと聞かれると、そうとは言い切れませんが、切開を伴う二重切開法と、糸で留めるだけの埋没法、一般的には埋没法がお手頃に設定されていることが多いです。

そのため、二重埋没法は敷居が低く、初めて二重整形を受けられる方には大変人気の施術です。

埋没法は、手術時間も10分~15分程度ですので、あっという間に終わってしまいます。

二重切開法のメリット

二重切開法の最大のメリットは、「半永久的な二重」を手に入れられることです。

二重埋没法はどうしても取れてしまう可能性があるので、その時の心配をしていると落ち着かないですよね。二重切開法は、瞼の中で内部処理をおこない、しっかりと癒着させているため、基本的には取れる心配のない手術です。

丁寧に内部処理を行い、「希望の幅で二重を定着させられる」こともメリットだと言えます。

また、埋没法は3回までと言われておりますが、手術を繰り返すとお目元には負担がかかりますし、留め直す際にはまたダウンタイムが発生します。そういった面では、二重切開法は1回で済みますので、長期的に見るとお目元への負担が少なく、メリットだと言えるでしょう。

無料カウンセリング予約はこちらから

二重埋没法と二重切開法のデメリット

デメリット

メリットで比較するだけではなく、それぞれにあるデメリットもしっかりと理解したうえで施術を決める必要があります。

二重埋没法のデメリット

埋没法は、まぶたの中に糸をかけているだけなので、糸が緩んでしまえば元の目元に戻ってしまう可能性があります。

埋没法はどのくらいで取れますか?と聞かれることもありますが、こればっかりは個人がありますので、何ともお答えができません。

無理な幅(広すぎる幅)は避けて、目元を大切に扱うことが、埋没を保つうえで大切です。

また、埋没法は、手術当初よりも幅が狭くなる可能性があります。

こちらも、糸で留めているだけなので、糸がゆるんでくると食い込みが浅くなり、幅が狭くなったように感じます。

二重切開法のデメリット

二重切開法デメリットは、「ダウンタイムが長いこと」「二重埋没法よりも料金が高いこと」です。

ダウンタイムにつきましては、腫れや内出血があるのと、術後5日目までは二重のラインに黒い糸が付いた状態ですので、最低でも手術日から5日間はお休みを取られた方が良いでしょう。

切開を伴いますので、施術時間は1時間~1.5時間程度必要です。

抜糸の翌々日(術後7日目以降)から、アイメイクが可能なので、それ以降はある程度メイクで誤魔化していただけるかと思います。

術後1ヶ月で8割完成、術後3ヶ月で完成とお伝えしています。

更に、二重切開を行うと、その後幅を広げることはできても、元のお目元に戻すことや、幅を狭くすることは簡単ではありません。ですので、幅選びは慎重に行う必要があります。

埋没法と切開法が向いている方の特徴

悩んでいる女性

埋没法と切開法、自分はどっちがいいのか分からない…という方のために、選ぶ際のポイントをお伝えします。

二重埋没法が向いている方

・ダウンタイムが取れない方

・なるべく費用を抑えたい方

・幅を変更する可能性がある方

・切開することに抵抗がある方

二重切開法が向いている方

・ダウンタイムが取れる方

・二重が取れたくない方

・希望の幅で安定させたい方

・瞼が厚い方や蒙古ヒダの張りが強い方

・何度も埋没が取れてしまった方

無料カウンセリング予約はこちらから

二重埋没法と二重切開法の症例写真

ここからは、二重埋没法と二重切開法の症例写真を並べました。

二重埋没法の症例写真

二重埋没法の症例写真
二重埋没法の症例写真

◆リスク・副作用◆ 【痛み・熱感・ゴロゴロ感・腫れ】1~2週間程度

◆対処法◆ 点眼薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

この方は、もともと二重ではありますが、目頭側の幅が狭いため、目尻の方しか二重のラインが見えていない状態でした。そこで、二重埋没法にて少し幅を広げ、目頭側からラインが見える末広二重に仕上がりました。

二重埋没法の症例写真
二重埋没法の症例写真

◆リスク・副作用◆ 【痛み・熱感・ゴロゴロ感・腫れ】1~2週間程度

◆対処法◆ 点眼薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

この方は、瞼にクセのようなラインがありますが、もともと一重の方です。蒙古ヒダの張りがない方なので、綺麗な平行二重に仕上がりました。

二重埋没法の症例写真

◆リスク・副作用◆ 【痛み・熱感・ゴロゴロ感・腫れ】1~2週間程度

◆対処法◆ 点眼薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

こちらの方も、もともと一重の方ですね。そこまで広い幅でなくても、目頭側からしっかりとラインが見えるように仕上がっています。二重になったことで、黒目がややはっきりと見えるようになり、優しい印象になりました。

二重切開法の症例写真

二重切開法の症例写真
二重切開法の症例写真

◆リスク・副作用◆ 【痛み・熱感】1週間程度 【腫れ・内出血】ピークは1~2週間程度 【傷口の赤味】3か月

◆対処法◆ 上記リスクは時間の経過と共に改善しますが、 施術直後は点眼薬や処方薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

もともと一重で、少し重たいような印象がありましたが、広めの末広二重にすることで、とても柔らかく可愛らしいお目元になられました。こちらは術後1ヶ月のお写真なので、実際の完成はもう少しすっきりしているかと思います。

二重切開法の症例写真
二重切開法の症例写真

◆リスク・副作用◆ 【痛み・熱感】1週間程度 【腫れ・内出血】ピークは1~2週間程度 【傷口の赤味】3か月

◆対処法◆ 上記リスクは時間の経過と共に改善しますが、 施術直後は点眼薬や処方薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

この方は、もともといくつかのクセのラインがありましたが、二重切開法をおこなうことで、綺麗な二重ラインができました。平行希望とのことで、幅は広めになっていますが、綺麗に仕上がっています。

二重切開法の症例写真
二重切開法の症例写真

◆対処法◆ 上記リスクは時間の経過と共に改善しますが、 施術直後は点眼薬や処方薬の使用や保冷剤で冷やしてください。

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

こちらの方は、もともと広いところにクセがありましたが、二重切開法を行うことで、ナチュラルで綺麗な二重ラインになりました。もともとのクセが広いところにある場合、それがきちんと消えてくれるのかどうかは、シミュレーションをしてみての判断となります。

無料カウンセリング予約はこちらから

二重埋没法と二重切開法についてよくある質問

Q. 埋没法を受けたことがないのですが、いきなり切開法を受けるのはやめておいたほうがいいですか?

A. 全く問題ありません。最初から切開を希望される方も多くいらっしゃいます。しかし、もしかしたら公開するかもしれない…幅を変えたくなるかもしれない…というご不安があれば、まずは埋没法からでもよろしいかと思います。

Q. 埋没が既に3回取れてしまっています。次は切開をした方が良いでしょうか?

A. 当院では、二重埋没法は3回までとさせていただいております。それ以上繰り返すと、まぶたの中が糸だらけになってしまうためです。更に、3回取れているということは、次に埋没法をしても、やはり取れてしまう可能性が高いと思われます。そのため、二重切開法を一度ご検討ください。

Q. 埋没法と切開法では、麻酔に違いはありますか?

A. どちらも局所麻酔ですが、当院では二重埋没法の場合は表瞼と裏瞼、二重切開法の場合は表瞼のみに注射の麻酔を行います。尚、注射がご不安であれば笑気麻酔をお付けすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

Q. 埋没法と同じ幅で、次は切開を考えています。抜糸は必要ですか?

A. 抜糸は不要です。埋没よりも幅を狭くする際は、抜糸が必要となります。尚、当院では、二重切開中の見つかった埋没の糸に関しては、無料で抜糸させていただいております。

最後に

いかがでしたでしょうか。

二重埋没法と二重切開法にはそれぞれのメリットとデメリットがありますので、ご自身に合った方法をご検討ください。

また、クリニックによっては、部分切開を推奨しているところもありますが、当院では部分切開はおすすめしておりません。

二重埋没法と二重切開法、それぞれの解説動画がありますので、こちらも是非ご覧ください。

二重埋没法の詳細はこちら

二重切開法の詳細はこちら

医師による無料のカウンセリング

診察は全て医師が丁寧に行い、必要な治療法のみをご提案いたします。
美容医療が初めての方でも、まずはお気軽にご相談へお越しください。

美容皮膚科のご予約はこちら

2023.08.22

2023.11.09

お目元

監修医情報

医師

水の森美容クリニック 総院長 竹江 渉

経歴

平成10年 東京医科大学医学部卒業

平成18年2月 水の森美容クリニック開院

所属学会

日本美容外科学会 正会員

日本美容外科医師会 正会員

麻酔科標榜医

BOTOX VISTA®認定医

ジュビダームビスタ®認定医

竹江渉医師写真

当院の医療広告ガイドラインについて

水の森美容クリニックの
カウンセリング予約はこちら

手術に関する不安やお悩みは、
当院の無料カウンセリングにて医師にご相談ください。
あなたのお悩みに合わせたプランをご提案いたします。