口元周辺の施術で失敗しないための秘訣一覧

女性らしさを演出する際に、目元の次に注目度が高い部位は“唇”といわれています。
魅力たっぷりの肉感的でセクシーな厚い唇や、キリっとした印象の薄い唇も、
それぞれがお顔の重要なチャームポイントとなり、魅力を引き出す鍵となっています。
そんな口元周辺の施術にまつわる失敗例について水の森美容外科の医師たちが専門的な見地から解説します。

サイト内検索

顎にヒアルロン酸(又はプロテーゼ)を入れたら顎が太くなってしまった。

今回は、美人顔の象徴“Eライン”に憧れて治療をしたのにも関わらず、“顎が太くなってしまった”という失敗談を元に、ヒアルロン酸注入・プロテーゼの二通りの考えられる原因を、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しく解説させて頂きます。正面美人だけではなく【横顔も美人】を目指している方、是非ともご覧ください。

2022.05.13

プチ整形 口元周辺 輪郭・小顔

> 詳細を見る

唇にヒアルロン酸を入れたら大きくなりすぎてしまった。

女性を色っぽく魅せる“唇” たった5分で憧れのぷっくり唇を手に入れられると、ヒアルロン酸でのプチ整形は年齢問わず高い人気を誇っております。しかし、正しい注入量を守らないと不自然な仕上がりになる可能性も。今回は、このような不自然になってしまった失敗の原因について、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。

2022.05.13

プチ整形 口元周辺

> 詳細を見る

ヒアルロン酸・ボトックス注射後内出血が1週間続いている。これは失敗?

気軽に受けられる注入系のプチ整形。お手軽に受けて内出血が出てビックリしたなんてお話しは聞いたことはありませんか?でもその内出血、決して失敗ではないんです。事前に説明を受けていたならば失敗と受け取らない事も、知らないと失敗に感じてしまう。そんな内出血のリスクについてご説明いたします。

2017.10.02

アンチエイジング お目元 プチ整形 口元周辺

> 詳細を見る