お目元の施術で失敗しないための秘訣一覧

人は第一に“目”を見て会話をする事から、初対面の方が感じる“目元”の印象は、
かなり大きく左右する重要なパーツといわれています。
日本人に多いといわれている一重や奥二重の目は、暗くきつめな印象をもたれる事があるため、
パッチリとした明るい印象の二重に憧れる方も多いのではないでしょうか。
そんなお目元の施術にまつわる失敗例について水の森美容外科の医師たちが専門的な見地から解説します。

サイト内検索

二重切開法を受けたが元に戻ってしまった

二重切開をしたら二重のラインは半永久的に定着するものだと思っている方が大多数だと思います。正確に言うと、正しい施術を行えばそれは正解となりますが、実際に二重切開を元に戻ってしまったという方がいらっしゃるのです。その原因を図解とともに、水の森美容外科総院長竹江医師が詳しく解説いたします。ぜひご覧下さい。

2022.04.25

お目元

> 詳細を見る

二重切開の失敗と傷口が汚くなる理由

二重切開をして切開部分がガタガタになる。それは縫合が下手な事によるものではないのです。手術方法の違いにより生まれる可能性がとても高く、もしかすると簡略的な手術によりガタガタな傷口になっているのかもしれません。そんな失敗に繋がらないために、二重切開にはどんな術式が存在するのか、患者様自身の知識を増やしましょう。

2022.04.23

お目元

> 詳細を見る

二重術後、目の開きが悪く、眠そうな目になってしまいました。

二重整形後のお悩みとして、“目の開きが悪い”“眠たそうに見える”などのお声を耳にします。今回はその原因と注意点、当院の工夫を総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。 二重手術は幅選びが成功・失敗の分かれ道です。信頼のおけるクリニック・医師を探して納得の行く手術を行ってください。

2022.04.15

お目元

> 詳細を見る

涙袋のヒアルロン酸注入における失敗事例と原因

可愛らしい印象になれると若い女性を筆頭に人気の“涙袋のヒアルロン酸注入”。しかし、正しい知識を持っていない医師による注入で「効果がない」「目の下が腫れて見える」などといった失敗の声が後を絶たません。今回は、このような失敗事例について考えられる原因を、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しく解説させて頂きます。

2022.02.16

お目元 プチ整形

> 詳細を見る

知っておきたい!二重の手術後にできる左右差の原因

二重の手術後、左右差が出来やすい方の特徴や左右差を極力なくすための医師の技術について、水の森美容外科総院長の竹江渉が、図を解しながら詳しくご説明させて頂きます。 簡易的なプチ整形でも、安易に手術を決めるのではなく、是非信頼のおけるクリニック・医師を探して納得のいく手術を行ってください。

2022.02.16

お目元

> 詳細を見る

希望していた二重と違います。何が原因ですか。

二重手術を受けたけれど「理想と違う」「希望していた二重と違う」などの声を聞くことも少なくありません。なぜ理想の二重にならなかったのでしょうか。それは、元々患者様の希望の形を再現する事自体不可能だった可能性があります。今回は、そんな不満を残さないために大切なことをご説明させていただきます。

2022.02.15

お目元

> 詳細を見る

二重埋没法で失敗した

二重埋没法のリスクや失敗例。術後に瞼から糸が出てきたときの原因と解決策

「二重埋没法の糸が瞼から出てきた。」について、施術の際に使用する糸の種類・術後の様々な症状や糸が出てきたときの対処法などを解説します。簡易的なプチ整形でも、医師の技術力の高さはクリニックを選ぶ重要なポイントです。是非信頼のおけるクリニック・医師を探して納得のいく手術を行ってください。

2021.12.04

お目元

> 詳細を見る

腫れぼったい二重まぶたの原因と改善策は?二重術後の失敗はやり直せる?

二重にしたのに目が腫れぼったく見える原因は?一重から二重になることで、瞼の厚みが増すって本当?そんな、気になるお悩みを詳しくご説明させて頂きます。 “ご自身の希望通り”が美しい二重とは限りません。美容整形は、正しい判断やアドバイスの出来る、信頼のおけるクリニック・医師を探して納得の行く手術を行ってください。

2021.11.30

お目元

> 詳細を見る

二重の手術をしたら整形顔になってしまった。その原因と改善策は?

プチ整形の代表として人気の二重手術ですが、中には「術後、明らかに整形顔になってしまった」という声があるのも事実です。普段のアイプチでの二重幅を、そのまま二重手術で再現してしまい、整形顔になってしまったという事例が最も多いように感じます。幅選びで失敗しないように、是非こちらの記事をご参考になさってください。

2017.10.16

お目元

> 詳細を見る