輪郭・小顔の施術で失敗しないための秘訣一覧

お顔の完成度に差をつけるのが、美しく整ったフェイスラインです。
エラが張っていたり、アゴが引っ込んでいたり、輪郭が脂肪で埋もれていたりすると、
せっかくの美人が台無しになってしまいます。顔が小さいほど全身のバランスがよく見えるため、
プロポーションにまで大きく影響する大切なパーツ、「輪郭」や「小顔」の施術まつわる失敗例について
水の森美容外科の医師たちが専門的な見地から解説します。

サイト内検索

顎のヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入で顎が太くなる失敗を防ぐために

今回は、美人顔の象徴“Eライン”に憧れて治療をしたのにも関わらず、“顎が太くなってしまった”という失敗談を元に、ヒアルロン酸注入・プロテーゼの二通りの考えられる原因を、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しく解説させて頂きます。正面美人だけではなく【横顔も美人】を目指している方、是非ともご覧ください。

2022.05.13

プチ整形 口元周辺 輪郭・小顔

> 詳細を見る

エラのボトックス注射をしたが変化が無く、効果を実感できなかった。

エラのボトックス注射をしたが変化が無かった(効果を実感できなかった)理由について、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が詳しくご説明させて頂きます。効果を感じていないという方や、今後、小顔治療を検討されているという方は是非ご参考になさってください。

2022.05.13

プチ整形 輪郭・小顔

> 詳細を見る

エラのボトックス注射を打って笑顔が不自然になることはあるのでしょうか?

注射を打つだけで手軽に小顔が手に入ると、老若男女問わず大変高い人気を誇るプチ整形“ボトックス注入”。しかし、この人気の裏に「口角があがらなくなってしまった」「笑顔が不自然になってしまった」などのお悩みの声があるのも事実です。 今回はその理由について、水の森美容外科 総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。

2022.05.13

プチ整形 輪郭・小顔

> 詳細を見る

顎のプロテーゼの効果が物足りません。入れ替えは出来るのでしょうか?

一生ものの輪郭と横顔が手に入ると人気の顎プロテーゼ。しかし、せっかく施術をしたのに、小さすぎる・大きすぎる!!とそれぞれの不満を抱くケースがあります。そこには医師の技術不足・患者様の意思がしっかり伝わっていないなどクリニックや医師側に問題があることがほとんどです。そんな失敗をしないための秘策を説明致します。

2022.05.13

輪郭・小顔

> 詳細を見る