1. トップページ
  2. 全記事一覧

サイト内検索

手術後の脇の黒ずみが気になります。これは治るんですか。

「わきがの手術をして、においも多汗症も無くなって嬉しい!けど、脇の黒ずみが消えない」と悩んでいる患者様は大変多くいらっしゃいます。今回は、脇の黒ずみの原因や黒ずみを少なくするための工夫について、詳しくご説明させて頂きます。施術を検討している方、施術後の方は是非ご参考になさってください。

2022.05.13

わきが・多汗症

> 詳細を見る

レーザーでワキガの治療をしたのですが、効果がありません。

「ワキガの手術がレーザーで手軽に出来る」「傷口が残らない永久的な効果」などの、魅力的な広告をご覧になったことはございませんか?今回は、ワキガの原因からレーザー治療の本当の効果やカラクリまで、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。ワキガ治療を検討中の方は是非ともご覧ください。

2022.05.13

わきが・多汗症

> 詳細を見る

胸に入れたシリコンバッグの位置がだんだん上に上がってきた。

「しっかり胸を大きくしたい」「授乳後のしぼんでしまった胸にハリを出したい」という方にお勧めのシリコンバッグによる豊胸術。しかし、術後のトラブルや失敗も多く耳にします。その中でも今回は“シリコンがだんだん上がってきてしまう原因”について、詳しく解説させて頂きます。ぜひご参考になさってください。

2022.05.13

バスト

> 詳細を見る

エラのボトックス注射をしたが変化がなかった。効果を実感できなかった。

エラのボトックス注射をしたが変化が無かった(効果を実感できなかった)理由について、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が詳しくご説明させて頂きます。効果を感じていないという方や、今後、小顔治療を検討されているという方は是非ご参考になさってください。

2022.05.13

プチ整形 輪郭・小顔

> 詳細を見る

エラのボトックスを打って笑顔が不自然になることはあるのでしょうか?

注射を打つだけで手軽に小顔が手に入ると、老若男女問わず大変高い人気を誇るプチ整形“ボトックス注入”。しかし、この人気の裏に「口角があがらなくなってしまった」「笑顔が不自然になってしまった」などのお悩みの声があるのも事実です。 今回はその理由について、水の森美容外科 総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。

2022.05.13

プチ整形 輪郭・小顔

> 詳細を見る

顎のプロテーゼの手術を受けたが物足りない。入れ替えは出来る?

一生ものの輪郭と横顔が手に入ると人気の顎プロテーゼ。しかし、せっかく施術をしたのに、小さすぎる・大きすぎる!!とそれぞれの不満を抱くケースがあります。そこには医師の技術不足・患者様の意思がしっかり伝わっていないなどクリニックや医師側に問題があることがほとんどです。そんな失敗をしないための秘策を説明致します。

2022.05.13

輪郭・小顔

> 詳細を見る

唇にヒアルロン酸を入れたら大きくなりすぎてしまった。

女性を色っぽく魅せる“唇” たった5分で憧れのぷっくり唇を手に入れられると、ヒアルロン酸でのプチ整形は年齢問わず高い人気を誇っております。しかし、正しい注入量を守らないと不自然な仕上がりになる可能性も。今回は、このような不自然になってしまった失敗の原因について、水の森美容外科総院長の竹江渉が詳しくご説明させて頂きます。

2022.05.13

プチ整形 口元周辺

> 詳細を見る

二重整形の「埋没法」の2点どめ、3点どめの違いは本当にあるの?

手軽に二重が手に入れられると大人気の「二重埋没法」。しかしながら、クリニックによって色々なネーミングや術式があり、どうれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、埋没法の留め方やその違い、糸の本数を増やしたことによる術後の結果などについて見ていきます。無駄に高額な支払いをしないためにも、是非ご覧ください。

2022.04.25

お目元

> 詳細を見る

二重切開法を受けたが元に戻ってしまった

二重切開をしたら二重のラインは半永久的に定着するものだと思っている方が大多数だと思います。正確に言うと、正しい施術を行えばそれは正解となりますが、実際に二重切開を元に戻ってしまったという方がいらっしゃるのです。その原因を図解とともに、水の森美容外科総院長竹江医師が詳しく解説いたします。ぜひご覧下さい。

2022.04.25

お目元

> 詳細を見る

二重切開の失敗と傷口が汚くなる理由

二重切開をして切開部分がガタガタになる。それは縫合が下手な事によるものではないのです。手術方法の違いにより生まれる可能性がとても高く、もしかすると簡略的な手術によりガタガタな傷口になっているのかもしれません。そんな失敗に繋がらないために、二重切開にはどんな術式が存在するのか、患者様自身の知識を増やしましょう。

2022.04.23

お目元

> 詳細を見る