1. トップページ
  2. 施術部位別の失敗談
  3. お目元
  4. 眉毛のアートメイクでの失敗例や後悔しないためのポイント

サイト内検索

医療アートメイクは、専用の針を用いて皮膚の浅い部分に色素を入れ、眉やアイラインなどを描いていく施術です。色素の永久的な定着が無いため、その時の流行や加齢によるお顔の変化に対応した自然な仕上がりに修正することも可能です。

昨今、マスク生活が続き、より目元・眉毛の印象が重要視されていることもあり、アートメイクの需要も高まってきています。

そこで、せっかくのアートメイクで失敗や後悔をしないためにも、今回の記事では施術内容やリスクなどをご理解いただけるよう詳しく解説していきます。

医療アートメイクに関する患者様からのお悩み相談

患者様

毎日のメイクが楽になったらいいなと思い、先日アートメイクを受けてきました。

術後すぐは、しっかり眉を作ってもらえて満足していたのですが、家に帰り仕上がりをよく見てみると左右差が出ていました。

術前に確認してもらっていたはずだったのですが、左右差が出てしまった以上やはり失敗だったのでしょうか?

また、ずっとこのままにしておきたくないので修正をしたいのですが、眉へのダメージやリスクはあるのでしょうか?

美容皮膚科スタッフ 鈴木 福栄

今回は、アートメイクの施術で左右差が出てしまったというお悩みですね。

眉はお顔の印象の8割を決めるとも言われており、元々女性からの人気が高かったアートメイクですが、最近では男性からの人気も高まっています。

身近になってきたアートメイクですが、今回の患者様のように左右差の他にも失敗や予め注意しなければならないリスクがあります。

この記事では、医療アートメイクについて解説すると共に、せっかくの施術で失敗や後悔をしないためのポイントについてご紹介いたします。

医療アートメイクとは?

まず初めに「アートメイク」とは何か?についてお話したいと思います。

アートメイクとは、専用のニードル(針)を使用して直接皮膚の表皮深層から真皮上層に色素を入れる施術になります。

対応部位は、眉やアイラインなどが主に知られています。

その他にも、リップ・ほくろ・髪の生え際・薄毛部分・傷跡カモフラージュ・乳輪乳頭(乳房再検後)など、さまざまな部分に対応することができ、今後さらに注目される医療施術です。

入れ墨やタトゥーは真皮深層(約2mm)に色素を定着させますが、医療アートメイクは、皮膚の浅い部分に定着させていきます。永久的な色素の定着は無く、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)を繰り返すことで徐々に薄くなったり、退色して色味が変化したりしていきます。

そのため、1~2年おきのメンテナンスが必要となりますが、その時の流行やお顔の変化に合わせた形や色に修正ができるのもアートメイクのメリットと言えます。

アートメイクはもともと資格を保有しなくても施術が行われていましたが、施術後の皮膚の瘢痕や感染などのトラブル、無資格者による麻酔薬や針の使用などが問題となり、現在日本では医師・看護師にしか施術をすることが出来ない医療施術として定められてします。その為クリニックでの施術しか許されていません。

アートメイクの効果・メリット

アートメイクは、皮膚に傷をつけ色素を定着させる技術です。そのため、ノーメイクの時にも常に自然な眉やアイラインをキープでき、水や汗でアートメイクが消えたり崩れたりすることはありません。

お化粧をした時に完璧な状態になる眉やアイラインをアートメイクで作ってしまうと、お化粧をしていない時に濃すぎる、長すぎるなど不自然な仕上がりになってしまうので「ノーメイクの時にちょうどいい」を目指して、アートメイクを入れることが大切です。

その為メイクをした際には濃さや長さを少し調整する必要がありますが、アートメイクがベースとしてある為メイクが簡単になり、毎日のメイク時間の短縮に繋がります。

医療アートメイクの失敗例とそれぞれの対処法について

ここからは、医療アートメイクのよくある失敗例とその対処法についてご紹介いたします。

左右差のある仕上がりになってしまった

元々の眉の位置や目の大きさ、お顔の表情を作る筋肉の使い方、加齢によるお顔の変化など、様々な要因によってお顔に左右差が元々ある方がほとんどなので、アートメイクでも100%左右差の無い仕上がりは困難です。

もちろん極力左右差が生じないようにデザインを行いますが、どうしても左右差が出来てしまうときは、左右差が生じる原因やリスクをご説明し患者様にご納得を頂いた上で施術を行ってまいります。

眉を持ち上げる額の筋肉の動きが強すぎる場合や、目を開く為に眉を持ち上げている方にはアートメイク施術の前にボトックス注入や眼瞼下垂のお手術をご提案する場合もございます。

また1回目の施術後に左右差が気になった時は2回目の施術で調整し修正することが出来ます。1回目の施術後は皮膚のバリア機能が働き色素を体外に排出しようとするため、濃淡のムラが目立ったり、左右差が生じたりしても通常の経過と思って頂いて大丈夫です。

アートメイクは1度では完成せず2~3回の施術を必要とします。左右差が出てしまったからと1回で施術を辞めてしまわずに、2回目の施術の際に施術者に気になることを遠慮なくお伝えください。2回目以降の施術で気になる箇所をしっかり修正し、左右差や色むらを解消することが可能です。

2回終了し定着後に修正したい場合は一度行ったアートメイクをレーザーや除去剤を用いて消し、新たにアートメイクを入れるという方法があります。

しかし、どちらも回数や時間を必要とし費用もかかります。簡単にアートメイクを消すことはできないという事をご理解いただき、アートメイクを行う際には施術者任せにせず、患者様もしっかりデザインをチェックし、ご要望を伝えて頂く事がとても大切になります。またしっかりと意思疎通ができ、信頼できる施術者を選択することも必要です。

時間が経ちアートメイクの色が変わってしまった・薄くなってしまった

アートメイクは基本的に定着後から徐々に色が薄くなり、それと同時進行でゆっくりと色味も変化していきます。

アートメイクで使用する色素は、数多くの色を混ぜ合わせてできています。色素ごとに色の配分が異なり、また皮膚内にとどまりやすい色や抜けやすい色もある為、ターンオーバーを繰り返すことで古い角質と共に色素がはがれ落ち、徐々にアートメイクはオレンジや紫・緑・赤い色味になどに変化していきます。

このように退色や変色したことで不便を感じた場合には、抜けてしまった色素を追加しアートメイクの色味や濃さを修正していく必要があります。

水の森美容クリニックの場合、当院でアートメイクを受けていただいた方は、術後2年以内のリタッチをお安く受けていただけるメニューをご用意しております。

※リタッチ・・・アートメイクのデザイン変更やカラー修正

施術後、強い痛みや腫れが続く

アートメイク施術当日は、若干の痛みや傷にしみるような刺激を感じる場合があります。また、アイラインやリップは皮膚が薄く腫れやすいので、施術後2~3日は腫れが続くケースもあります。

当日は気持ちが良い程度に施術部分を冷やしていただき、就寝時には枕やクッションで調整し、いつもより高い位置を保つようにしましょう。

万が一、数日経っても痛みが引かない、どんどん痛みや腫れがひどくなる場合には感染症の可能性があるため、必ずクリニックへ連絡してください。

感染を防ぐ為に大切なことは術後にご自身で行って頂く清潔なアフターケアです。当院では、このような感染症のリスクを抑えるために、術後のアフターケアの方法についてもしっかりご案内しておりますので、ご安心ください。

仕上がりの色が濃すぎる・薄すぎる

アートメイクは仕上がりの色が薄い場合には濃くすることはできます。しかし一度色を入れてしまうと、薄くすることは簡単ではありません。

当院では、「ノーメイクの時にちょうどいい」を目指して施術を行っています。少し薄い部分は、ご自分でメイクを調整して頂きメイクを完成して頂く必要があります。アートメイクはあくまでベースメイクととらえて頂けると良いと思います。

医療アートメイクとMRIの関係について

まず、アートメイクの色素には鉄成分が入っているため、MRIを受ける際には磁気に反応して火傷を負ってしまうリスクがあります。

ただ、先述の通りアートメイクは皮膚の浅い部分にのみ色素を入れるので、深い火傷に至る可能性は低いでしょう。

当院のアートメイクで使う色素は、MRIに対する試験を行い、火傷や温度上昇などが認められていないものを使用しています。ですが、今後MRIの機器の仕様が変わったりした際には火傷を起こすリスクはございます。

医療アートメイクのダウンタイムや経過事例

医療アートメイクの施術前から、術後にかけての様子です。

医療アートメイクの経過の様子
医療アートメイクの経過の様子

【施術・術後について】

  • 施術時間:1時間~2時間半
  • 洗顔:施術部位以外当日から可能
  • シャワー:当日より可能(入浴は翌日から)

【副作用・リスク】

  • 赤みや痛み、かゆみ、腫れ
  • 一時的に濃く見える可能性
  • 傷口の感染リスク

【その他の注意事項】

  • 術後1週間、施術部位のメイクはお控えください(眉、リップ、黒子はワセリンを施術部位に塗る)
  • アイライン施術の際には、アイラッシュはお控えください
  • 術後1週間、汗をかくような代謝の上がる行為(運動、サウナ、長湯)、不衛生な環境(海水浴、大衆浴場)などはお控えください
  • 施術後1週間は大事なご予定は入れないようにお願いいたします。

医療アートメイクの修正・やり直しについて

1度入れてしまったアートメイクは、簡単に修正・やり直しはできません。

ですが、カウンセリング・デザインもチェックも行なったうえで施術を受けた場合でも、修正をしたくなるケースもあります。

その際には、レーザー除去や除去剤を用いてアートメイクを除去してから追加や修正を行うか、経年劣化(薄くなるのを待ってから)してから新たに追加や修正をする方法があります。

先述の通り、レーザー除去や除去剤で修正となれば、時間や費用だけでなく皮膚へのダメージもあります。レーザー除去や除去剤は、回数が掛かること、肌に対するリスクがあることをご理解ください。

医療アートメイクに適さない方・おすすめできない方

  • 奇抜な眉をご要望の方
  • 深く濃く入れたい方
  • 持病をお持ちの方(糖尿病、免疫不全、心臓病、感染症等)
  • 肌状態が良くない方(傷がある、アトピーがある、ターンオーバーを促す肌治療をしている等)
  • アレルギー体質の方
  • その他の理由で施術が困難と医師が判断した方

水の森美容クリニックの医療アートメイクの特徴

患者様との信頼関係を作る

丁寧なカウンセリングとデザインを行います

当院のアートメイクは、カウンセリングをしっかり丁寧に行い患者様のご希望や不安を出来る限り理解したうえで施術に臨みます。

そのため、カウンセリング当日の施術ご予約は承っておりません。

簡単には消えないアートメイクだからこそ、患者様ご自身にもアートメイクをご理解いただき、後悔をすることが無いようにサポートしたいと考えております。

アートメイクを心から満足できる仕上がりにするためには、患者様と施術者で信頼関係を築くことが最も重要と考えています。

豊富な知識と経験を持ったスタッフが施術を担当

確かな技術と経験を持ったスタッフが対応

Biotouch Japan・日本メディカルタトゥー協会でアートメイクのディプロマ(認定証)を取得したスタッフがアートメイクを行います。

さまざまな技術や知識、経験を持ったスタッフが、患者様の理想を伺ったうえでプロ目線のアドバイス、最適な眉・アイライン・リップをご提案し、施術いたします。

アフターフォローも充実

術後、ご希望があればご来院いただきスタッフが仕上がりをチェックさせていただきます。

施術をして終わりではなく、術後も自眉の整え方やメイク方法など、日々の生活の中で気になる点についてもしっかりご説明いたします。

水の森美容クリニックの医療アートメイクの症例写真

医療アートメイクの症例写真
医療アートメイクの症例写真

【施術費用】

3Dグラデーション(パウダー)
2回コース  110,000円(税込)

【リスク・副作用】

・赤みや痛み、かゆみ、腫れ
・一時的に濃く見える可能性
・傷口の感染リスク

医療アートメイクの症例写真
医療アートメイクの症例写真

【施術費用】

3Dグラデーション(パウダー)
2回コース  110,000円(税込)

【リスク・副作用】

・赤みや痛み、かゆみ、腫れ
・一時的に濃く見える可能性
・傷口の感染リスク

医療アートメイクの症例写真
医療アートメイクの症例写真

【施術費用】

マイクロブレーディング(毛並みのみ)
2回セット 110,000円(税込)

【リスク・副作用】

・赤みや痛み、かゆみ、腫れ
・一時的に濃く見える可能性
・傷口の感染リスク

水の森美容クリニック 美容皮膚科 医療アートメイク

▼詳しくはこちら▼

無料カウンセリングフォーム(名古屋院)

▼こちらから▼

本記事の監修スタッフ

水の森美容クリニック 名古屋院

美容皮膚科 アートメイクスタッフ 鈴木 福栄

プロフィール・経歴

総合病院で5年間勤務したのち、美容外科、皮膚科共に経験しアートメイクと出会う。現在は美容皮膚科施術と共にアートメイクナースとして水の森美容クリニックに勤務。

美容皮膚科・アートメイクナースとしてのモットーは「患者様に自分自身を好きになっていただくこと。美容を心から楽しんでいただくこと。」

美容医療の素晴らしさ、美しくなることの大切さをお伝えし、患者様の人生を豊かにするお手伝いが出来たらとても幸せです。

保有資格

正看護師

保健師

日本メディカルタトゥー協会 認定中級者

Biotouch Japan基礎講習ディプロマ取得

日本メディカルタトゥー協会 W19ニードル講習ディプロマ取得

医師による無料のカウンセリング

施術に関して不安なことはありませんか?
水の森美容クリニックが、あなたに最適な手術方法をご提案いたします。

美容皮膚科はこちら

2023.01.16

お目元

この記事の監修医情報

竹江総院長

水の森美容クリニック
総院長 竹江渉

<経歴>

  • ・平成10年 東京医科大学医学部卒業
  • ・平成18年2月 水の森美容クリニック開院

<所属学会>

  • ・日本美容外科学会正会員
  • ・日本美容外科医師会正会員
  • ・麻酔科標榜医
  • ・BOTOX VISTA®認定医
  • ・ジュビダームビスタ®認定医

当院の医療広告ガイドラインについて