1. トップページ
  2. 全記事一覧

サイト内検索

【失敗された?】脂肪吸引をしたけど取り残しがあります

脂肪吸引は確実にサイズダウンができる効果的な施術ですが、施術後に不満を持たれる患者様がいらっしゃいます。その理由の一つに、「脂肪の取り残し」があります。なぜ、そのようなことが起こるのか?どうしたら満足できる施術になるのか?を水の森美容外科総院長 竹江渉が解説いたします。

2017.10.10

痩身・ボディ

> 詳細を見る

二重の手術をしたが食い込みが浅い。この失敗の原因は?

二重切開法や二重埋没法で「二重ラインの食い込みが弱い」「薄い」「悪い」「浅い」などのお声はカウンセリングでもよく相談を受けます。このようなお悩みは、その方のお目元の構造によって異なります。当記事では、どうして食い込みが弱い二重ができてしまったのか、お目元の構造や二重の仕組みを交えて解説していきます

2017.10.04

お目元

> 詳細を見る

鼻尖縮小を行ったけど効果ない。修正は可能ですか?

鼻先の丸み(だんご鼻)をすっきり細くすることの出来る“鼻尖縮小”。しかし、人気の裏に「手術を行ったが効果が無かった」と不満を抱える患者様も多く、修正手術を希望される方も増えてきています。今回は、効果が実感できない原因について、詳しく解説いたします。だんご鼻でお悩みの方は是非ご参考ください。

2017.10.03

お鼻

> 詳細を見る

鼻のヒアルロン酸注入で、鼻筋が太くなってしまった

手軽に受けられるプチ整形に「ヒアルロン酸注入」があります。手軽に受けられますが、永久的な効果はなく馴染んでくるのも特徴です。馴染んでくる→なくなったと感じる→また再度注入する→繰り返す・・・この後はどうなるのでしょう? 繰り返すことにより引き起こされる結果に警鐘をならすため、図解と共に解説致します。

2017.10.03

お鼻 プチ整形

> 詳細を見る

ヒアルロン酸・ボトックス注射後内出血が1週間続いている。これは失敗?

気軽に受けられる注入系のプチ整形。お手軽に受けて内出血が出てビックリしたなんてお話しは聞いたことはありませんか?でもその内出血、決して失敗ではないんです。事前に説明を受けていたならば失敗と受け取らない事も、知らないと失敗に感じてしまう。そんな内出血のリスクについてご説明いたします。

2017.10.02

アンチエイジング お目元 プチ整形 口元周辺

> 詳細を見る

ゴルゴ線(中顔面)の治療をしたが効果が無かった。

人気漫画「ゴルゴ13」の主人公に由来する名の“ゴルゴ線”別名、中顔面・ミッドチークライン。ゴルゴ線とは、目の下から頬にかけてのくぼみのことで、お顔全体を老けた印象にさせてしまう事から、老若男女問わずご相談いただくアンチエイジング治療部位となっております。今回は、ゴルゴ線ができてしまう原因や効果の出る治療方法まで、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が詳しくご説明させて頂きます。お悩みの方は治療される前に是非一度ご覧ください。

2017.10.02

アンチエイジング

> 詳細を見る

鼻のプロテーゼが飛び出してしまった 。︎鼻先に赤みが出た。

「鼻を高くしたい」「鼻筋を通したい」というような患者様の悩みは多く、美容医療では鼻骨部分から鼻尖部分にかけてプロテーゼを載せるように入れることで、低い鼻を高くすることができます。しかし、患者様のニーズには鼻先を細くしたり、鼻先を高くしたいというニーズも多いのです。正しい知識を付けていただく為、詳しく解説いたします。

2017.10.01

お鼻

> 詳細を見る

糸のリフトはやってはいけない手術

お手軽なアンチエイジング治療として、高い人気を誇る“糸のリフト” では、皆さんは糸のリフトがどのような施術なのかご存知でしょうか?今回は、急増する過度なキャッチフレーズのカラクリから、施術の効果、糸のリフトが市場に出回っている4つの原因を、水の森美容外科総院長の竹江渉が、図を解しながら詳しくご説明させて頂きます。 施術を検討している方には、カウンセリングに行かれる前に読んでいただきたい【糸リフトの実態】です。是非ご参考になさってください。

2017.09.13

アンチエイジング

> 詳細を見る

鼻のレディエッセが不自然なので修正したいのですが出来ないのですか?

「ヒアルロン酸のように無くならない」「長持ちする」という謳い文句に乗せられ、安易な考えで“レディエッセ”を注入される方はまだまだいらっしゃいます。今回は、その魅力的な広告の裏に隠された“本来のレディエッセのデメリット”について、詳しくご説明させて頂きます。

2017.09.12

お鼻 プチ整形

> 詳細を見る

最新の脂肪吸引機器《ベイザー脂肪吸引など》の裏事情

10年以上前から繰り返される「最新機械」の導入。ベイザーなどの最新機器により、脂肪吸引の精度が増している、という事実はありません。 1本の吸引カニューレを用いて、均一に脂肪を吸引していくところに、技術としての難しさがあります。決して、機械によって脂肪吸引の結果が左右されるものではないという事を知っておかなくてはいけません。脂肪吸引の施術で失敗しないための秘訣を解説いたします。

2017.05.08

痩身・ボディ

> 詳細を見る