ダウンタイム
Q&A

脂肪吸引に関する疑問や不安を、患者様からのよくあるご質問をもとに施術部位別に解説いたします。

また、ドクターへ直接相談が可能なメールフォームもございます。

施術部位を選択してください

太もも・お尻

術後のダウンタイムはどれくらいですか?

術後の経過は個々で大きく差がありますが、ご自身での歩行は術直後から可能です。
1週間程は強めの筋肉痛のような痛みがあり、2週間程で表面上の内出血が治ってきます。

施術の翌日より着用していただく圧迫着は術後の仕上がりを左右しますので、1ヶ月間しっかりと着用していただき、圧迫着を外す頃には日常生活は問題なくお過ごしいただけるほどに回復されている事がほとんどです。

ご自身のお体と相談しながら、痛みが引いたら運動などにも取り組まれると良いでしょう。
当院では、ご施術をお受けいただく前に圧迫着の着用方法やダウンタイムの内出血の様子などが記載されたガイドブックもお渡ししております。

合併症や服作用はありませんか?

一般的に、脂肪吸引の合併症と呼ばれるものには、凸凹感や色素沈着などが挙げられますが、正常の範囲内ですのでご安心ください。

また、痛みや内出血、腫れなども正常の経過の中で現れる症状です。

術後のかゆみはどれくらい続きますか?かゆみが出ないようにできますか?

圧迫物による乾燥が原因の場合は、1か月後の圧迫物を外すことができれば治まります。
術後は、創部の保湿が大切ですので、お持ちのボディクリームなどを使用して保湿してください。

また、傷ついた神経が治る過程で生じるかゆみについては、3ヶ月ほどで収まります。

かゆみが出ている際は、保冷剤などで冷やしていただくと良いかと思います。

脂肪吸引後のボコボコは治りますか?治らない場合の解決策はありますか?

脂肪吸引の術後は、2~3週間ほどで拘縮のピークとなるため、表面がボコボコした感じが強くなります。
拘縮によるボコボコは、3ヶ月ほどで改善していきます。

当院では脂肪の取り残しによる凹凸が出ないよう最大限配慮しておりますが、万が一凹凸になってしまった場合は、再手術で改善する場合もございます。

膝のお肉が気になるのですが、範囲にはふくまれるのでしょうか?

膝関節自体の丸みは吸引することはできません。
しかし、膝関節に乗ってくるような膨らみはギリギリの部位まで吸引できますので、しっかりとした変化が出ます。

腹部・ウエスト・腰

術後のダウンタイムはどれくらいですか?

ダウンタイムは、ほかの部位と大差があるわけではなく基本的に内出血は2週間程度でおさまります。
1週間程度、強めの筋肉痛のような痛みがあります。
腫れのある期間がおよそ2週間程度でその後、徐々におさまってきます。

しかし、腹部の脂肪吸引で最も重要なことは術後の圧迫です。こちらは最重要事項となりますので、術後の1ヶ月間はしっかり圧迫をがんばっていただかなければなりません。
とても大切なことなので、手術の際はしっかりと圧迫指導を行わせて頂きます。

術後は何か注意した方が良い事はありますか?

腹部の脂肪吸引で最も重要なことは術後の圧迫です。
こちらは最重要事項となりますので、術後の1ヶ月間はしっかり圧迫をおこなっていただかなければなりません。

圧迫することで食い込み、たるみをケアする必要があります。手術の際はきちんと、圧迫指導を行わせて頂きます。

傷口はどこにできますか?

腹部・ウエスト・腰の場合、お腹の傷はおへその横辺りに2つ、陰部の毛の生え際に2つ、後ろ側は、腰の辺りに2つずつの計6ヶ所、傷ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

割れたお腹になりますか?

当院の脂肪吸引は、できる限りしっかり取ることを信条としていますが、割れたお腹というのは脂肪が少ない状態で、かつ肥大した腹筋があってできる物です。
そのため、脂肪吸引のみで割れるわけではありません。

妊娠線が目立つのですが、脂肪吸引で変わりますか?

妊娠線は、妊娠に伴い皮膚が伸びたもので、皮膚自体に刻み込まれてしまっている状態です。

脂肪吸引で腹部のボリュームがダウンしたとしても、変わることはございません。

二の腕

術後のダウンタイムはどれくらいですか?

二の腕の脂肪吸引後に、1番難しい動作は「腕を上に挙げる」ことですので、手術2~3週間ほどは、腕を上げる動作はしにくくなります。
1週間程は強めの筋肉痛のような痛みがあり、2週間程で表面上の内出血が治ってきます。

施術の翌日より着用していただく上腕バンテージは術後の仕上がりを左右しますので、しっかりと着用していただき、圧迫着を外す頃には日常生活は問題なくお過ごしいただけるほどに回復されている事がほとんどです。

ご自身のお体と相談しながら、痛みが引いたら運動などにも取り組まれると良いでしょう。

当院では、ご施術をお受けいただく前に圧迫着の着用方法やダウンタイムの内出血の様子などが記載されたガイドブックもお渡ししております。

ダウンタイム中、デスクワークなどに支障はありませんか?

術後しばらくは、腕を肩より上に上げることは困難になります。
無理のない範囲での作業でしたら差し支えありません。

術後は重い荷物を持てますか?

術後1週間程度は強い筋肉痛のような痛みが伴いますので、重い荷物を持つことは難しいと考えられます。

痛みや突っ張り感が強いうちは、無理をせずにおさまってからが良いでしょう。
また、動きによる圧迫物の食い込みには充分注意してください。

傷口はどこにできますか?

肘関節の少し上側と腕の付け根に左右2ヶ所ずつ、計4ヶ所にできます。

頬・あご

術後のダウンタイムはどれくらいですか?

腫れや内出血は2週間程度で落ち着いてきます。
痛みは1週間程度をピークに徐々に改善していき、その後の突っ張り感は1ヶ月~3ヶ月程度でなじんできます。

傷口はどこにできますか?

両頬とあごの吸引のため、耳たぶのすぐ下に左右2ヶ所、あご下(二重アゴの部分)の吸引のためにあごの下に1ヶ所、計3ヶ所にできます。

術後の腫れが目立ってしまいませんか?周囲にバレますか?

施術の場所がお顔ですので、腫れや内出血が出ている期間は目立ってしまう可能性があります。
ですが、腫れや内出血は2週間程度で落ち着いてきますのでマスクなどで隠すことも可能です。

ふくらはぎ

術後のダウンタイムはどれくらいですか?

ふくらはぎの脂肪吸引後に、術後の腫れやむくみが強く出る部分です。

術後1週間を過ぎると徐々に痛みは落ち着いていき、2週間程で表面上の内出血や腫れ、浮腫みが治ってきます。

ご自身のお体と相談しながら、痛みが引いたら運動などにも取り組まれると良いでしょう。

当院では、ご施術をお受けいただく前に圧迫着の着用方法やダウンタイムの内出血の様子などが記載されたガイドブックもお渡ししております。

傷口はどこにできますか?

左右のヒザ付近に2カ所ずつ、計4ヶ所にできます。

周囲にバレたりしませんか?

傷口は、3カ月~半年ほどで消えていきます。
場所も目立ちにくい部分ですので、長ズボンやストッキングなどで隠すことができます。