診療項目:美肌

フォトRFリファームについて

●シワ・毛穴・タルミを軽減

フォトRFリファームでは、波長700~2000nmの赤外線と高周波RFを組み合わせることで真皮層を加熱し、線維芽細胞を刺激することでコラーゲンの生成を促しお肌を引き締めます。

フォトRFリファームは従来の治療に比べて痛みも少なく、照射直後からお肌のハリやリフトアップ感を実感できます。
複数回の治療を繰り返していくことで、コラーゲンが増加し、中~長期的なタイトニング効果が期待できます。

フォトRFリファームの効果と作用機序

●従来の光治療によるシワ・タイトニング治療の限界

従来の非浸襲的なシワ・タイトニング治療の作用機序としては、表皮を冷却し、同時に照射される光エネルギーによって真皮層以下を加熱し、創傷治癒反応を利用して線維芽細胞を刺激することで、コラーゲンの産生を促し、シワ・タルミを軽減させるといったものです。

この時、真皮層以下の組織にいかに安全で、なおかつ充分な熱を与えられるかが、シワ・タルミ治療において重要なポイントとなると考えています。

●従来の治療

従来のレーザー(主に赤外線レーザー)は、上記メカニズムを用いて真皮乳頭層付近のコラーゲンの再構築によって、極めて浅いレベルのシワやスキンテクスチュアーの改善を行ってきました。

しかしながら光はクロモファー(色素や水等)に吸収されて、その後減衰してしまうため、光エネルギー単独でのタルミや小ジワといった真皮中層~深層へのアプローチには限界があったといえます。

●フォトRFリファームのメカニズム

波長700~2000nmの赤外線(IR)と高周波(RF)を組み合わせたフォトRFリファームは、はじめに皮膚を赤外線で加熱、その後RFによって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えます。この際、表皮は冷却によって 守られています。

加熱された真皮全層の創傷治癒過程における コラーゲンの増生・リモデリングにより、肌の引き締めやハリ感のアップが期待できるスキンタイトニング治療です。