脂肪吸引のダウンタイム

脂肪吸引のダウンタイム-長期の休みは必要?不要?

この水の森では脂肪吸引にとても力を入れて取り組んでいます。当院の医師の技術水準、そして手術を受けられた患者様の満足度、ともにトップクラスだと思っています。私自身もライフワークのごとく毎日のように脂肪吸引をしていますが、全ての患者様を自分の大切な人に手術しているつもりで、「丁寧に確実に」をモットーにコツコツ脂肪を吸っています。
脂肪吸引は全てのあらゆる痩身の施術の中で、短期間に確実かつ最も高い効果が得られるため、自信を持ってオススメできます。
また、患者様にとても喜んで頂くことが多く、術者としてはすごくやりがいがあります。

女性は特に太ももやお腹、そして二の腕は、体の中でも脂肪が付きやすくて落ちにくく、食事や運動だけではなかなか細くなりませんね。
きついダイエットは長続きせず、挫折してしまった経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。
「でもやっぱり、モデルさんのように細い足になりたい。」、「今まで体型を気にして躊躇してしまっていたファッションを着こなせるようになりたい。」
そんな時に、「脂肪吸引ってどうなんだろう?」と興味を持たれる方も多いと思います。

しかし、いざ手術となると心配なことがたくさん出てきて、なかなか決心がつかないものですよね。
術前カウンセリングでは、特に多くの患者様が、「術後はしばらく動いちゃいけないんですか?」、「何日くらいの仕事のお休みが必要ですか?」、「痛みや腫れはどのくらいですか?」といったご質問をされます。

そこで今回は、脂肪吸引を受けた後の痛みや腫れなどのダウンタイムのことついて、皆さんに知って頂ければと思いました。

ちなみに一口に脂肪と言っても、内臓脂肪や皮下脂肪など部位によって色々な種類の脂肪があります。脂肪吸引で取るのは皮膚の下にある脂肪、つまり皮下脂肪のことです。この皮下脂肪の層には細かい血管や神経などの組織が網の目の様に入り組んでおり、どんな最新の機械を使っても、これらを避けて都合よく脂肪だけを取ることは現実的には不可能です。
つまり、脂肪だけではなく周りの組織にもダメージを受けるわけです。
これが、痛み、腫れ、内出血、皮膚感覚の違和感などの症状として現れます。

ここで、私の考える脂肪吸引のわかりやすい原則です。

「脂肪吸引は、脂肪をたくさん取れば取るほどダウンタイムは長くなる。しかし、脂肪をたくさん取れば取るほど細くなる。」です。

実にシンプルですね。
(※ただし、当然ですがキレイに取るための形のデザインや安全性のことも考えなければいけません。何でもかんでもどんどん取れば良いわけではもちろんありませんよ。)

つまり、逆に言えば少量しか脂肪を取らなければ、術後は楽だがほとんど効果がないわけです。これでは患者様にご満足頂けません。
術後は少し頑張って頂きますが、しっかり細くなって全ての患者様に「やって良かった」と喜んで頂く為に、当院ではキレイに、かつ安全に取れるギリギリまで吸引します。

ちょっと話が横道にそれましたが、それでは症状ごとのダウンタイムについてご説明します。

まずは腫れですが、1週間から10日くらいが最も強く、そこから徐々に引けていき1ヶ月ほどで9割方腫れは無くなります。この頃になると細さの実感がはっきりわかります。

痛みは最初の1週間がピークです。2週間で最初と比べて半分以下くらいに軽減します。痛みの性状は分かりやすく言うと強めの筋肉痛といった感じです。なので、普段通り軽快にとはいきませんが、翌日でも歩行や患部を動かすことは可能です。

最初は内出血が強く出ますが、日に日に薄くなり2週間ほどで改善します。

皮膚の感覚の鈍さや、反対にピリピリ過敏な感覚が出現しますが、3カ月ほどでほぼ消失します。

以上が脂肪吸引後の主なダウンタイムです。

仕事のお休み期間は、当院で施術を受けられた患者様の場合、手術の当日と翌日にお休みをとって、3日目から仕事復帰される方が非常に多いです。もちろん1週間位お休みがあれば患者様は楽だと思いますが、皆さんなかなか長期休みを取ることは難しいですよね。
最初は行動も制限されて、日常生活が不便なこともあるとは思いますが、術後の症状が少しでも緩和する為に当院では様々な工夫をしております。
手術を受けられる際には色々アドバイスさせて頂きますね。

いかがでしたか?
「思っていたほど休みは取らなくて良さそう。」と感じられた方も少なくないと思います。
今回は脂肪吸引のダウンタイムについて書かせて頂きましたが、手術をご検討中の方に少しでも参考になれば嬉しいです。


名古屋院 西川副院長へのメール相談・お問い合わせはこちら