鼻の構造

「理想のお鼻にしたい」という願望はあっても、どこをどのように治したら理想に近づくかを自分で判断するのは難しいかと思われます。そこでまずは鼻の構造を知る事が大切です。
鼻を解剖して構造で見ると、ご自身の気にされている部分がどこで、どのような治療が適切かが分かりやすくなるかと思います。それぞれの詳しい施術については各施術ページで詳しく解説しておりますのでご参考下さい。

鼻骨骨切り

鼻骨を切って内側に入れることによって鼻骨部分の幅を細くすることが出来ます。

太い鼻筋は男性的な印象を与えてしまいます。鼻の骨を切って内側に入れ込むことにより、女性らしいスッキリとしたお鼻にすることが出来ます。

鼻中隔延長術

鼻中隔の部分に採取した移植軟骨を挟みこみ鼻中隔を延長します。鼻中隔を延長することにより鼻を下方向に伸ばすことが出来ます。

鼻中隔を延長することにより、正面から鼻の穴を見えにくくしたり、下向きの鼻にすることが出来ます。

わし鼻修正(ハンプ修正)

鼻骨部分と鼻中隔軟骨の部分を削りとることで、出っ張った部分を落としてストレートなラインを作り上げることが出来ます。

顔を横から見て、鼻の真ん中辺りが出っ張っていたり、真ん中から鼻先にかけて出っ張っている鼻を「わし鼻」といいます。わし鼻はいかつい印象を与えやすいので、修正してストレートなラインを作ることでスマートなお鼻にすることが出来ます。

鼻プロテーゼ(鼻を高くする)

鼻骨部分から鼻尖部分にかけてプロテーゼをのせてあげることで、低い鼻を高くすることが出来ます。

一般的に日本人はお鼻の付け根が低い方が多く、シリコンプロテーゼによる隆鼻術は日本人にとっては最もポピュラーな手術と言えます。鼻の付け根から鼻先部分にかけての鼻筋を作る事が出来て、お顔の印象もスッキリします。

鼻尖縮小(だんご鼻修正)

鼻骨部分と中央に寄せて余分な脂肪組織を除去することで鼻先を細くします。又、鼻先に軟骨を移植することで鼻先も細く、高く作り上げることが出来ます。

鼻先の丸みを気にされている方に向いている手術です。プロテーゼの手術では鼻先の形まで変えることは出来ませんので、プロテーゼに鼻尖縮小を併用することで、鼻の付け根から鼻先にかけてスッキリとしたお鼻を作り上げる事が出来ます。

軟骨移植

一般的には、鼻尖縮小の際に併用し行なわれることが多いのですが、単独でも鼻先や鼻橋部などに移植することにより、鼻先や鼻橋部の形を形成することもあります。

鼻翼縮小(小鼻を小さくする)

鼻翼部分を切除することで、小鼻の張り出しを治したり、横幅を小さくすることが出来ます。

お鼻の横幅が大きくて気にされている方や、笑ったときに広がる小鼻を気にされている方に向いている手術です。同時に、鼻の穴も小さくすることが出来ます。目と目の間に小鼻が収まる位の大きさが理想の大きさと言われております。