ボトックスとはボツリヌス菌から抽出された毒素を滅菌生理食塩水で10倍に薄められたものです。毒素と聞くと危険な感じがしますが、身体に害はありませんので、ご安心ください。

当院ではすべての治療に厚労省許可「ボトックスビスタ(BOTOX VISTA)」を使用しています。
詳細はこちら

エラのボトックスとは

咬筋といわれるエラの部分にボトックスを注入することで、咬筋を縮小させます。 咬筋の発達度合によりますが、発達している方の場合ですと劇的な小顔効果があります。治療も注射を打つだけで5分程度で終わりますし、腫れ等も出ませんので、非常に満足度の高い治療であります。

【施術例:頬の脂肪吸引、咬筋ボトックス注入】

【施術例:フェイスリフト、咬筋ボトックス注入】

エラのボトックスの手術方法

注射を打つだけですので5分程度で終了します。

エラのボトックスの効果

効果の持続は6ヶ月位となります。(持続期間には個人差もあります)

エラのボトックスの手術時間

5分

エラのボトックスの処置期間・アフターケア

手術当日
【ご来院】

患部の状態
腫れ・赤みが気になる事はほとんどありません。
部位によっては内出血が出やすい部分もございます。内出血が出た場合、1~2週間で消失します。
(極力内出血が出ないように、細心の注意を払って注入しております)
1週間後くらいから効果があらわれ、約1か月後には実感が出てきます。
注入後一時的に噛むときにだるさを感じる方もいらっしゃいますが、数日で改善しますので問題はございません。
日常生活
ボトックス治療の当日より3日間は熱いお風呂・サウナなどはお控えください。
ボトックスは熱に弱いため、身体を温めすぎてしまうと効果が弱くなる可能性がございます。
注入後、3か月は妊娠を控えてください。

エラのボトックスのアドバイス

作用原理は咬筋にボトックスを打つ事で、咬筋を使えない状態にします。
使っていない筋肉は徐々に小さくなりますので、1ヶ月後には咬筋が小さくなり小顔となります。(咬筋は咬む際の補足的な筋肉であり、機能等に障害が出ることはございませんのでご安心下さい)
又、ボトックスの持続期間は6ヶ月位となりますので、6ヶ月後には又戻ってきますが、半年おきに数回繰り返して注入する事で、効果期間も長くなりますし、注入量も少なくて済むようになってきます。 ポイントは筋肉の大きさに合わせて、しっかり十分量を注入してあげる事です。