1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 脂肪吸引(大腿全周・臀部)

症例一覧

痩身・脂肪吸引の症例一覧

脂肪吸引(大腿全周・臀部)

脂肪吸引による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

スタッフコメント

一般的に「脂肪吸引」というフレーズを聞くと、「楽して痩せる」や「簡単にすぐ細くなれる」というイメージや、「努力せずに 細くなる」「病院に頼って痩せる」といったマイナスのイメージをお持ちの方もまだまだいらっしゃるようです。

脂肪吸引は、決して「楽」ではありません。

こちらの方のように、これだけのスタイルを手に入れるには、もちろん苦労することもあるのです。
術後は、一瞬にしてこのような細さになるわけではありません。
術後1週間から2週間は、筋肉痛のようなお痛みがあり、腫れやむくみの状態があるかと思います。
1カ月間はしっかりと細さを出すため、圧迫をしていただきます。
1カ月かけて、腫れている状態から少しずつ細くなっていきます。

この期間を「ダウンタイム」と呼びます。
決してお仕事に行けないといったことはありません。
当院で受けられている方も2日目や3日目からがんばってお仕事に行かれている方がほとんどかと思います。

しかし、いつも通りとはなかなかいかないようですので、短い期間ではありますが、「楽」して「すぐ」に痩せるのではなく、脂肪吸引にも「努力」は必要なのです。
1カ月間というのは、振り返ってみれば短い期間ですが、その時間を過ごしているときは、長く感じてしまう方もいるかもしれません。

それでも、ご手術を受けたいと連日、お問い合わせを頂くのは、「ダウンタイム」の先にある「細くきれいになった自分」を思い描いていらっしゃる方が多いからではないでしょうか。

この方も1カ月間努力をされて、こちらのスタイルを手に入れられました。