1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 目の下のたるみ取り(経結膜下ハムラー法)

症例一覧

しわ・たるみの症例一覧

目の下のたるみ取り(経結膜下ハムラー法)

目の下のたるみ取り(経結膜下ハムラ法)による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

院長のコメント

今回紹介する患者様は目の下のふくらみが気になるとおっしゃられてご来院されました。

目の下のたるみを改善するためにはハムラ法というとても患者様の満足度が高いご手術があります。
傷口も気にならない程度までかなり綺麗になりますが、中にはどうしても傷口に抵抗があるとおっしゃる患者様もおられます。
そのような患者様には、手術をまつげの下からではなく、下まぶたの裏側から行う経結膜下ハムラ法という方法がございます。

今回の患者様はどうしても傷口に抵抗が強いとの事で経結膜下ハムラ法を選択されました。
術前のお写真で気になる目の下のふくらみも、術後のお写真では気にならないかと思います。
まぶたの裏からの手術ですので、表からは全く分かりません。

通常のハムラ法と経結膜下ハムラ法を比べるとどちらも良いところと悪いところがあります。
経結膜下ハムラ法の良いところは、目に見えるところに傷がつかないというところです。
しかし、デメリットもあります。
まぶたの裏から手術をするので通常のハムラ法と比べ視野が悪いため、 精度が若干劣ります。また、余った皮膚を切り取る事ができないのもデメリットの一つといえます。

当院では、ほとんど気にならなくなる傷口を気にして精度を少しでも下げるより、 術後の完成度を少しでも良くした方がいいとの考えております。
そのため、通常のハムラ法をお勧めさせていただいておりますが、 患者さまのご希望がございましたら経結膜下ハムラ法でのご手術も承っておりますので、 カウンセリングにてご相談ください。