1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 二重切開法

症例一覧

二重切開法

こちらは、二重切開法をされた後の傷跡のお写真です。通常の二重でも皆さん目を閉じれば、二重の線があるかと思われます。 二重切開の傷は非常に奇麗に治るため、元来の二重の線と区別はつかなくなります。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

院長のコメント

今回のモニター写真は二重切開の傷跡の写真を載せさせて頂きました。
切開法の傷を気にされる方は以外と多いと思いますが、瞼の傷はとても治りが良い部分で傷跡はほとんど気にならなくなる部分です。
通常の二重でも皆さん目を閉じれば、二重の線があるかと思われます。
二重切開の傷は非常に奇麗に治るため、元来の二重の線と区別はつかなくなるはずです。

又、インターネット等や他院様の術後で、傷が汚い症例を見かけます。
そういったことから、患者様からも傷に関して御質問を受ける事が多いのですが、傷が汚くなる原因縫い方ではありません。
瞼の傷は通常に縫えば、まず奇麗に治る部分です。

汚くなる理由は瞼の中で切開の仕組みを作る際の内部の処理の仕方によります。
内部処理が適格に行われなければ、皮膚の表面が中に食い込んだりします。

縫合の基本はしっかり段差が出ないように縫合するということですが、内部処理が下手で皮膚が中側に巻き込まれていたりすると、縫合の際に段差ができるため、切開線がガタガタになったりします。

適格な内部処理と正しい縫合が行われれば、切開法の傷はほとんどわからないものになるかと思われます。
ただし、傷ですので回復するまでの期間は当然あります。
3ヶ月位までは赤味がありますので、メイクでごまかされて下さい。

又、傷というのは半年から1年位までは硬さがありますので、3ヶ月で赤味は引いても、若干の傷の硬さはありますが、これも半年から1年でやわらかくなるため、最終的には二重のラインと同化してほぼわからなくなるはずです。

基本3ヶ月の時点でほとんどの方が気にならない状態かと思われます。