1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 二重切開法

症例一覧

二重切開法

他院にて埋没法で行った二重が取れかけてラインが薄くなって、 ほぼ一重の状態に戻り、元気がなく目つきが悪い印象がありました。術後は、くっきりと皮膚がくい込むことによって、黒目がパッチリとしたナチュラルで明るい目に仕上がりました。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

医師のコメント

今回の患者様は、キレイな二重のラインを作りたい、ということで来院されました。診察させていただくと、以前に他院にて埋没法で行った二重が取れかけてラインが薄くなって、ほぼ一重の状態に戻っていました(糸が取れてしまうのは埋没法の欠点の一つです)。そのため、なんとなく元気がなく目つきが悪い印象をうけます。
今回は切開法という手術で二重を作成しました。切開法の特徴は何と言っても、一度の手術で確実な二重が手に入るということです。当院では手術目的で来院された患者様全員に対して、術前のカウンセリング及びシミュレーションを行っています。この時に患者様の要望をうかがっておりますが、解剖学的に無理のある幅に関しては、場合によってはお断りをさせて頂く場合もございます(後々、すぐに糸が取れたりラインがうすくなったりしてしまうからです)。今回の場合は、シミュレーションで前回の埋没法で作った幅よりも広い幅で二重を作ると少し眠そうな、やや不自然な印象を受けました。仮にこの広い幅で切開法で手術を行った場合、時間とともに二重の食い込みが浅くなり、客観的に見て不自然な二重瞼となることが予想されます。したがって、今回は埋没法で薄くなったラインと同じ幅で二重を作成しました。結果はこのように、くっきりと皮膚がくい込むことによって、黒目がパッチリとしたナチュラルで明るい目に仕上がりました。
前述の通り、埋没法は簡単にできる反面、糸が取れたり幅が狭くなったりすることがあります。その都度糸を止め直すというのも一つの選択肢ですが、これら埋没法の欠点を補っているのが切開法です。

ご自身の目元にコンプレックスがある方は、是非当院の無料カウンセリングにお越し下さい。患者様一人一人に合ったご提案が出来るかと思いますので、お待ちしております。