1. TOP
  2. 症例一覧
  3. 【豊胸術】乳腺下法(コヒーシブシリコン220cc)

症例一覧

バスト・豊胸の症例一覧

【豊胸術】乳腺下法(コヒーシブシリコン220cc)

豊胸術による施術写真です。

施術前

術後1カ月目

施術前

術後1カ月目

スタッフコメント

豊胸術(シリコン)をお考えの患者様からよくいただくお問い合わせには
「シリコンが入ってるってバレませんか?」
「不自然にならないか心配しています」
「感触が変にならないかこわいです」
などといったご内容が大変多いかと思います。

やはり、手術を受けるからには、ホンモノのバストと同じような仕上がりにしてほしい!
と思うのは当然ですよね。
当院では、あくまでも、「自然なバスト」「生まれながらのバスト」に近い仕上がりになるように患者様にはご提案をさせていただいております。
それは、長年、シリコンを入れて過ごされる患者様のことを親身に思ってのことなのです。
体型、骨格、乳腺の発達具合など患者様ひとりひとりその状態は異なっています。
その患者様の状態に合わせてご提案をさせていただくのが当院のカウンセリングの特徴でもあります。
ですので、無理に大きすぎるシリコンを挿入することは、あまりおすすめはしておりません。
それは、皮膚の状態のこと、感触のこと、そして、患者様の将来のことを想ってのことなのです。

こちらの症例写真をご覧ください。
こちらの方は当院にて220ccのコヒーシブシリコンを挿入された患者様のお写真になります。
患者様のお身体の大きさや乳腺の状態も考えてのサイズの提案になりますので、
とっても自然で、形もキレイに仕上がっていますね。
どなたが見ても「きれいなバストだな」と感じられるかと思います。
そして、とてもシリコンが入っているとは思えないナチュラルさですよね。

実際にシリコンでのご手術を受けられた方のお話しをお伺いしますと、
周りの方に手術を受けたことはほとんどの方がバレなかったとおっしゃいます。
さわり心地もとても自然なものですので、きっとまさかシリコンが入っているとは思わない方が多いようです。
切開傷も脇の下のシワに添っての線になりますので、目立たなくなる方が多いですよ。