お悩み掲示板【水の森公式】

水の森美容外科では患者様への情報公開として、当院の患者様や当院での治療を考えている方々が気軽に参加出来る交流掲示板を設置しております。
インターネットが普及した現在においては、ネット上での口コミなども情報操作されており真の口コミ情報を見つけることも難しくなってしまいました。
交流掲示板の中で患者様同士が情報交換し合ったり、私も含め当院のスタッフ達と接点を持ったりしながら患者様との二人三脚の医療が出来れば幸いに思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠方からの場合、交通費はでますか?
また、ホテルに何泊するのがよいですか?
そして何回通うことになりますか?

1件のコメントがあります。 コメントする> コメントする

  • 1.銀座院 スタッフ
    コメント公開日時:2018/04/28 03:04

    銀座院 スタッフ

    1.銀座院 スタッフ コメント公開日時:2018/04/28 03:04
    この度は水の森美容外科へお問合せ頂きまして、誠にありがとうございます。
    担当させて頂きます受付カウンセラーの田口と申します。宜しくお願い致します。
    数ある美容外科の中から当院へお問い合わせ頂きましたことを大変嬉しく思います。

    脂肪吸引のご施術をお考えとの事でございますね。
    痩身のご手術で一番効果的な治療は、脂肪吸引かと思います。
    確実に細さを出すことができ、リバウンドの可能性も低い為、
    当院では大変人気のあるご施術なんですよ。

    それではご質問にお答え致します。

    ・交通費に関しましては、患者様ご自身でのご負担となっております。

    ・ホテルに関しましては、ご手術日当日にご宿泊頂きまして、
    翌日のドレナージの処置が終わりましてからご自宅へご帰宅されるのがよろしいかと思います。

    ・脂肪吸引からご手術の迄の流れと、およその通院回数は下記の通りとなります。

    (1)無料カウンセリング
    (2)お手続き・血液検査・圧迫物のサイズチェック
    ※無料カウンセリングの際に、お手続きをして頂くことも可能でございます。
    また、ご手術日前より1ヵ月以内の血液検査が有効でございますが、
    他院様にて、当院の指定する血液検査項目をお受け頂きFAXにて結果をお送り頂く事も可能でございます。
    (3)ご手術当日
    (4)ドレナージ…術後、脂肪吸引した箇所に浸出液が溜まる可能性を抑え、術後の腫れや浮腫みを最小限に抑える事が出来ます。
    基本的に、遠方にお住まいの患者様にもご来院頂いておりますが、
    ご事情がありお越し頂けない場合には、翌日処置は省く事も可能でございます。
    (5)抜糸…吸収糸【¥10,000(税抜)】への変更も可能でございます。
    吸収糸の場合ですと、抜糸にご来院頂く必要はございません。
    吸収糸の場合には術後10日目よりご入浴が可能となります。
    (6)1カ月・3カ月検診…こちらは強制ではございませんが、
    お仕上がりを確認する為、可能であればお越し頂いております。
    以上でございます。
    また、吸引部位にスペースが出来たり圧迫が不十分ですと、皮下に浸出液(お水)が溜まる可能性がございます。
    お水が溜まった場合は当院でお水を抜く処置を検診時に行います。
    お水抜きの処置はおおよそ1ヵ月検診まで3~7日に1回程のペースでご来院頂いております。

    上記をどうぞご参考くださいませ。

    ご施術に関して、何か気になることやご質問等がございましたら、
    些細な事でも結構でございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。
    是非一度、当院の無料カウンセリングにお越し下さいませ。

    水の森美容外科銀座院
    田口

    コメントする

    > コメントする

コメントを投稿する

  • ※以前にお受け頂きました施術・手術の経過などに関するご質問および、返事を急ぐご相談に関しては、お電話をいただくかこちらのフォームからお問い合わせください。
  • ※極端に他の患者様を不安にさせるような書き込みはご遠慮下さい。
  • ※必要に応じて当院の方で削除させて頂くこともあります。
  • ※個人が特定可能な情報は入力されないようお願いいたします。
 必須
 必須

例)みずのもりはなこ(※14文字以内 ニックネーム可)

 必須

例) info@mizunomori.com
メールアドレスを営業メールの配信等に使用することはございません。

※個人情報やヒアリングが必要なご相談、返事を急ぐご相談に関しましては、お電話にてお問い合わせをいただくか
「無料相談カウンセリング」からお問い合わせください。

この投稿を読んだ人は次の投稿も読んでいます