1. 美容整形・美容外科TOP
  2. 症例一覧
  3. 眼瞼下垂

症例一覧

眼瞼下垂

今回の症例は眼瞼下垂の手術です。 瞼を開く筋肉の力が弱いかったりするために目がぱっちりと開かないため、筋肉(眼瞼挙筋)縫い縮める事により瞼をしっかりと開き、目をぱっちりと大きく見せる手術です。 術前は何となくぼんやりとした印象のお目元が、自然できれいなお目元になります。

施術前

術後3ヵ月目

施術費用
389,000円(税抜・会員価格)
リスク・副作用
【痛み・熱感】…1週間程度
【腫れ・内出血】…ピークは1週間程度
【傷口の赤味】…3か月

スタッフコメント

今回は眼瞼下垂の症例です。
人はどのような状態の瞼でも、一重であれば手術で簡単に二重が作成できると思われている方もいるかもしれません。
しかし、実際、通常の埋没法や切開法では二重が作成できない方もいらっしゃいます。
この患者様も、そのような方のお一人です。

術前のお写真では、眠たそうな印象で少し目が窪んでいるように見えます。
黒目がはっきりと見えていないことも目が重たそうに見える原因の一つです。
このような状態を医学的には眼瞼下垂と言います。
眼瞼下垂の方には、通常の二重術では、うまく二重を作る事ができません。

眼瞼下垂とは、この開瞼力が弱い状態にあるため、通常通りに二重を作ろうとすると、すぐに取れてしまったり、幅が広く見えて不自然な二重になってしまいます。
そのようなことの無いように、当院ではカウンセリングから、しっかりと瞼の状態を判断して眼瞼下垂の場合にも、この症例の様に自然な仕上がりの二重を作成することが可能です。